無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タグ:ランチ ( 19 ) タグの人気記事   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 とろとろ卵と魚のあんかけランチ:James on Hastings   

タイトルを日本のカフェ風にしてみたところ、実際に食べたものとのギャップがすごいことに。

現実は、洒落たカフェメニューでもなんでもなく。
コーヒー屋さん「Laughing Bean」の並び(Hastings@Slocan)にある中国料理店、「James on Hastings」。
シェフのジェームズさんはHastings St沿いのあちこちの中国料理店で20年以上働き、ついに自分のお店を構えたそう。それを聞くと、どこにでもある何の特徴もないごくふつーのお店でも積み重なったものがあるんだな、と思う。

看板料理は、どこぞの賞をとった「Dry-Fried Dungeness Crab」と、2コースの北京ダック。
でも、お昼に行ったので……、Scramble Egg w/ Sliced Fish on Rice Noodle / ライスヌードル、卵と白身魚かけ変な日本語。

e0224424_06272637.jpg


ほんとにライスヌードルの上に魚と卵のソースがのっかってる!
メニューの英語表記は時々省略されていたり勘違いしそうな表現があるので、炒めてあるか混ぜてあるかしてると思っていたのだ。日本ではあまりないけど、中国や他の国では、こんな風に茹でただけの麺をごはん代わりに食べると本で読んだ。
だいぶ塩がきついけど、とろとろの卵ソースがおいしい。魚は、たぶんバサかなー。なまず科の白身魚。衣をつけて揚げてあると一層おいしそうな気がする。


Curry Beef Brisket on Rice / 牛の肩ばら肉のカレー

e0224424_06272571.jpg


中国のカレーって、日本の昭和の家庭カレー(たぶん???)を彷彿とさせるような。茶色というか黄色っぽくて、味が単調なの。インドみたいに複雑な香辛料が入っているわけでもなく、東南アジアのように複数の香草の風味があるわけでもない。それにしても巨大。


Deep Fried Chicken Wings w/ spicy garlic sauce / 鶏手羽のピリ辛にんにくソース

e0224424_06272680.jpg


外はガリガリ。中はジューシーでおいしー。
このピリ辛にんにくの部分が茶碗に山盛り一杯くらい大量に余ってしまったので、なんとこれまで持ち帰りに詰めてもらった。白菜も入っていてキムチみたいなものなのだ。キムチ苦手だけど。


革張りの椅子はボロボロだし、サービスもこういうお店では全く期待できない(というか、ヒドイ)。だからそれはまあ、仕方ない。
その代わり、安くてひと皿が大量。
ランチスペシャルはコーヒーか紅茶つき。冷たい飲み物にしてもらうと1ドル追加。ご近所の「IPOH」は50セント追加なんだけどな。香港式のコーヒー、紅茶は日本で飲む甘い缶コーヒーとかペットボトルのそれとそっくりなので、懐かしい。


おまけ。
こんな本を見つけた。

e0224424_06274085.jpg


このブログをよく読むバンクーバー在住の人がもしいるとすればおわかりかと思いますが、私がしょっちゅう行くHastings Sunriseエリアの飲食店を集めたレシピ&地域紹介本。
この「James on Hastings」も載っているし、今はなき「BASHO」(現「YAMA」)も。よく行くお店だらけ。そして絶対行かない「Red Wagon」や「Yolks」なども。

e0224424_06274070.jpg


各お店のレシピが1品ずつ掲載されていて、わー、家でも作れるの? と読んでみると……。
家に常備しないような特殊な調味料とかナニソレっていう材料がさりげなく入っていたり、できあがりが「10人前」だったり、クッキー「48個」だったり。なにげに「家庭(素人)向き」には調整されていないところが、コ憎たらしいのです(笑)。作れるものなら作ってみろ的な。
そんなわけで、「家で再現」は早々に諦めて次はどこへ食べに行こうかなーと本を眺める日々。

私の大好きな「Mr. Red Cafe」もー。パパイヤサラダとビーフジャーキー。
e0224424_06274091.jpg


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-08-02 16:22 | 【Van】East Hastings | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 キューバ風バーガー、キューバ風ごはんサラダ:HAVANA   

あらー? お店変わったの??
と思ったら、そうではなかった。
コマーシャルドライブ(Commercial@William)の西海岸風(?)キューバ料理店「HAVANA」である。

ずーっとここにあったお店のはずが(聞けば20年くらい)、なんだかすごーく新しい。この春、オーナーが変わって大改装をしたのだそう。


Little Havana Rice Bowl / ハヴァナのごはんサラダ

e0224424_08314124.jpg


どのテーブルでもひとりはこれを食べていたので、つい。
rice bowlはよく「どんぶり(丼)」と訳される。だからてっきりサラダ的なものがごはんの上にのっかってるのかと思ったけれど、違った。お米がサラダに混じっていた。

ほお! おいしい!
カリカリというかむしろガリガリの「ユカ」という南米のおいもといい、アボカドといい、キャベツといい、食感が色々。個人的にはもう少しドレッシングが少ない方が好きだけど、文句は言うまい。

お肉やお魚、卵の類が入っていないので、これで14ドル(ブランチメニューで同じものを頼むと、半熟卵がのっかって、16ドル。隣の人がこれを食べていて、こっちにすればよかったと思った……)。


Hamburguesa Latina / ラテン系バーガー?

e0224424_08314281.jpg


パテは牛とチョリゾー。
ちょっとパンが焦げてる?とはいえ、これもなかなかおいしい。
じゃがいもの代わりにプランテインという料理用のバナナを揚げたものも、ガリガリしておいしい。


穴も傷もない椅子(穴も傷もある椅子のお店が多いのだ、バンクーバーは)、中に入ってすぐ左手には、今風のオープンキッチン。その手前にどーんとサーバーの作業台(いわゆるアイランド的に)があって、究極の「見せる収納」。
往年の積もり積もった?壁の落書きはそのままに、天井の仕上げは若干荒が目立ち、あー……、カナダ、こういうところが残念……と思うものの、とってもいい空間なのだ。
お客さんがたくさん入っていたので写真は自粛。たぶん、インスタグラムとかで皆がたくさんのせているはずなので、そちらをどうぞー。ヒトマカセ。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-07-17 03:58 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 バンクーバーっぽい?ベジバーガー:MeeT   

天邪鬼なわたくしだってたまには流行で人気のバンクーバーっぽい(?)お店に行ったりもするのです。ごくたまには。
Gastownの菜食ごはん(ヴィーガン)のお店「MeeT」。


シェアフードを除けば、豊富なバーガーメニューと、バターチキン(風)やタイヌードルといったどんぶりみたいな大きなボールがメイン。ものすごく迷って迷って、The Double-Double-AKA Double Bacon, Double Cheez (←seじゃなくz) Burger / ダブルベーコン・ダブルチーバーガー。
「肉なし」な気がしない堂々の迫力。っていうか、普通のバーガーそのもの。

e0224424_06490860.jpg


食感はお肉そっくり。「お豆とかナッツとかをぎゅぎゅっとくっつけました」という感じがしない。まったく新しい種類の食べ物、というか。お肉の「味」がしない部分をたっぷり濃厚なソースでカバーしているかんじ。そしてこの黄色いぽってりしたソースがマスタードにも見え、何より「溶けたチーズ」に見える。味はカレー。小麦粉的なものでといてるのかな。最後の方はちょっともったり重くなる。

ベーコン的なものは……、結局なんだかよくわからなかった。ベーコン特有の脂の風味や食感がないので、ベーコンというよりはハム?みたいな。チーズも同じく、よくわからなかった。

これは、Crispy BBQ Burger w /satay sauce & spicy mayo fries (+$4.75) / クリスピーバーベキューバーガーと、サテ(東南アジアの)ソースとピリ辛マヨをかけたおいも、玉ねぎのピクルスつき。

e0224424_06490897.jpg


ウイスキーバーベキューソースで手も口もべったべたになるバーガー。

ベジバーガーを食べると、お肉の風味ってあるものなんだな、とよくわかる。食感と味と何より脂。それがないゆえに、ベジバーガーを食べたあとは胃が重たくならない。
畜産(とりわけ牛)が環境破壊にものすごく影響しているのだそう。全人類がお肉を食べることをやめたら、別に車の排気ガスとか躍起になって抑える必要はないんだって。
だから明日からみなさんお肉はやめましょうって言われたら、(右へ倣えの日本人ゆえに)まあしょうがないかーと思うけど……。環境云々はさておき、お肉よりも魚をもっと食べたいなあ。


ところでこのお店。
ごはんが出てくるのが遅いなー、空いてるのになー、とひたすら待っていたらサーバーがニヤニヤしながらやってきた。
「いやー、実は注文を通すのを忘れちゃって」
しかも、「急いでる? 先に作ってもらうようにしようか?」
えっ、それ、お客に聞くところ? あなたが忘れていたんだから、普通言われなくてもそうするのではないの? なんで私たちの注文をさも「いま注文受けました」的に一番後ろに出すの? それはあなたがシェフに「僕ちゃん間違えました。これ今すぐ作ってください」と言いたくないだけなのでは?

さらに、「それで、何を注文したんだっけ」
イチからメモしてるし。呆れるわ。
挙句「いやー、君たち、黙って静かに待ってるからさー、気づかなかったよ」って。
すごいな。外国の「わたしのせいじゃなく、あなたのせいでもあるのよ」な理屈にだいぶ慣れているつもりだけど、久しぶりに爆弾を落とされた気分。「私たちのごはん、まだ?」って聞かない私たちのせいですか。そうでしたか。


で・も。
デザートをおまけしてもらった。

Cookies & Cream / クッキー&クリーム
チョコレートムースに生クリーム……のように見えて、もっとふわふわで軽いココナッツのクリーム。ムースも当然動物性のクリームは使っていないので、舌の上にのしっとくる濃厚さはないけれど、軽くて食べやすい。

e0224424_07094352.jpg


チップの標準が20%になって久しい。大体あらかじめ機械に20、18、15で設定されている。が、このお店は15ではなく「16」。16なんて初めて見た。セコイなあ。
入店しても、店員は1メートル先で立ち話をして延々こちらを待たせるし、サーバーはアジア人のわたしとは終始目も合わせない。ごはんはおいしいけどなんだかな……。

e0224424_06490983.jpg


おまけ。
この「MeeT」の近くにあるイタリアのカフェ兼レストラン「DiBEPPE」(Cordova@Carrall)でアメリカーノ。小さいので2ドルくらい(小さいといっても日本ではこのサイズが普通な気がする)。
カーテンで仕切られたお隣はバーもあるお食事処。
コーヒーは結構おいしく、店員さんもすごくいい人でお昼ごはんのもやもやがしゅるると消えた。終わりよければすべてよしなのです。

e0224424_07375481.jpg


e0224424_07375420.jpg


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-07-13 07:58 | 【Van】Gastown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 懐かしの冷凍エビシュウマイ:Osaka Sushi   

久しぶりにBurnabyの「Osaka Sushi」です。

好きなものを3品選ぶランチスペシャル、ずいぶん値上がりしたなあ。
前は10ドルでお釣りがきたのに、いまでは11ドル。
巻き寿司も大体そんな感じ。
メニューも少し変わったみたい。


Dynamite Dragon Roll / ダイナマイト・ドラゴンロール

e0224424_09053202.jpg


ここの酢飯と巻き具合が結構好みなのだ。
巻かれているのは、海老の天ぷら。上にはアボカドとうなぎ。


Lunch Set C / ちょっと名前は違うかも。うろ覚え……。

e0224424_09053313.jpg


このお店、揚げ物は結構うまいと思う。
でもこのテリヤキソース。ここは中国系にしては「みたらし」感が少ないはずだったんだけどな。すっかり「みたらし」ソースになってる。シェフが替わったのか、シェフによって作り方が違うのか……。


Shumai / 揚げシュウマイ

e0224424_09053259.jpg


シュウマイって珍しいなーと思い頼んでみたら、なんと、「味の素」のエビシュウマイの味がするー!! 懐かしいではないか。昔、お弁当によく入れていた。
たぶん、日本で「シュウマイです」ってこれが出てきたら「えー、市販の冷凍シュウマイと一緒じゃないか。これにお金払うの?」って思うはずだけど、カナダだし。中国系だし。しょうがないか、みたいになる。でもやっぱりちょっとがっかりする。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-06-12 09:22 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 海外の日本食は、副菜がものを言うと思う:Guu Garden   

ある日、またまた「酢めし恋しい病」が発症して、今回は酢めしを通りこして「ニッポン恋しい病」になり(こないだ帰ったばっかりなのに)、わざわざダウンタウンまで行ってきた。
Nelson@Hornbyの「Guu Garden」。
「Guu(ぎゅう)」は幾つも店舗がある有名な日本の居酒屋で、結構いい評判を耳にしていたけど、そういえば1度も行ったことがないのだった。このお店は店舗によってメニューが違うらしい。


写真入りのメニューには、すき焼きにチキン南蛮にちらし寿司に茶碗蒸しに焼魚定食ー! 
日本人経営か。素晴らしい。チキンテリヤキベントーボックス、とか、なんとかボルケーノロールとかがない。
もうこれが人生最後の食事というくらい迷って迷って、いちばんお高い「彩々よくばり定食」$16.8。
(いちばん高いと言っても、カナダではこれが普通。というか比較的お手頃価格に見えてしまう……。卵とベーコンとトーストでこの値段をとるお店もあるからなー)

間違えてフラッシュを焚いたので色が……。
e0224424_06285437.jpg



じゃーん。
鶏とカリフラワーの唐揚げ、いんげんの天ぷらにエビマヨ。枝豆。バンバンジーは鶏のサラダというよりはきくらげのサラダ? 薄く切った山芋にはわさびのたれ。これ、おいしいなー。

e0224424_06285433.jpg


さらにまぐろ(?)のたたき。きゅうりとワカメの酢の物、なすびの煮もの。
そして、押し寿司! 分厚い鯖がどっしりと。押し寿司にするなら、ぱらぱらまとまりにくい麦飯よりも寿司飯の方が個人的には好きだけど、それでもおいしい。
お味噌汁の具はわかめに豆腐に大根。

e0224424_06285307.jpg


唐揚げとか天ぷらとか揚げ物は、いいのだ、別に普通でもなんでも。とりわけ唐揚げはわりとどこでも(すなわち中華系や韓国系のお店でも)おいしく食べられるし。
日系の何に期待するかって、副菜。
酢の物のお酢加減とか、たぶん日本人が作ったんだろうなってなんとなくわかるものだったり、無条件に懐かしく思える味だったり、食材の組み合わせだったり。そういうのが、嬉しい。「見よう見真似」じゃなく、知ってるものを知ってるように作っているところが、嬉しい。
同じ日系の「酒楽」の小鉢もおいしかったな。


和牛ソーセージベネディクト、野菜の天ぷら添え $12(安い)

e0224424_06285432.jpg


エッグズベネディクト風な食べ物。
イングリッシュマフィンの代わりに、ごはん。牛のハンバーグ的なものがのっている。このソースがおいしー。洋食屋さんのハンバーグみたい。


お昼時を過ぎたころに行ったので、お店はがらがら。使用済みのお皿が各テーブルに山積みのまま。忙しかったんだろうなー。お客がほとんどいないから、きちっと目が行き届くかと思いきや、不思議なことにサービスはいまいち(でも人当たりはいい)。新人さんだったのかもしれない。

食べ終わるころにはすっかり気分(機嫌)もよくなり、充電完了。
明日はまたサンドイッチにおいも、というお昼を食べに行かねばなのです。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-06-01 06:04 | 【Van】Downtown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 驚きのランチスペシャル、$5.95:X-site Grill & Bistro   

お高いバンクーバーの外食産業に真っ向から立ち向かうお店がある。
ノースバーナビーはHastings@Alphaにある「X-Site Grill & Bistro」。

ランチスペシャルがなんと$5.95(昔は$4.95だった)。
ただし、飲み物をひとつ頼むことが条件。ソフトドリンクは一杯$2.75なので、合わせて$8.7。


Chicken Souvlaki / 鶏の串焼き

e0224424_05392371.jpg



どーんと。
Souvlakiはギリシャの串焼き料理。たいていひと皿でごはんとおいも、サラダにピタ、tzatziki(カタカナ化できない……)というヨーグルトのソースがついてくる。
これで$5.95! 
いまどきフードコートでもこの値段では食べられない。

この胸肉、あんまりパサパサしていない。味つけもいいし、結構おいしい。
これでレモンがあれば言うことないんだけど、$5.95なので黙っておく(レモン高いしね)。tzatzikiも、個人的にはレモンかお酢のような酸味がある方が好みなんだけど、入ってないみたい(レモン高いしね)。


Havarti Burger / ハヴァティバーガー(?) $8.25

e0224424_05392319.jpg


Havarti とはチーズの名前。デンマークのチーズだそうで。
すごくこっくりと濃厚な味。
つけ合わせはフレンチフライではなく、ギリシャ風のおいもにサラダがてんこ盛り。
添加物とお砂糖てんこ盛りのもっとやっすいパンを使ってるかと思ったけど、意外とそうではなく。パテもおいしい。


提供している料理はバーガー、サンドイッチ、パスタ、カナダ系のお肉料理+何故かギリシャ料理。でもオーナーは中華系っぽい。オープンキッチンで働く料理人も、わりと年配のアジア系3人。
それにしても、一体どうやってお商売が成り立っているのだろう。飲食店は飲み物(とりわけお酒)で利益を得るというのは聞いたことがあるけれど、それにしたって。

正直、安かろう悪かろうだと決めつけて長年避けてきたけれど、お馬鹿さんでした。
ちなみに2号店は、Hastings@Nanaimoの近く。ここではメキシコ料理も出しているのだそう。

月曜日から木曜日のディナースペシャルは、驚きの$6.95。
e0224424_05392496.jpg


ところで、すごーく気のいいサーバーだったけど、最後の最後で放ったらかし。
お会計をいつまで経っても持ってこず、やっと持ってきたと思いカードをテーブルに置いても、今度は機械を延々持ってこず、空いた店内で何をするでもなくふらふらと。

いつも思うのだけど、こっちのサーバーの人たちってどうしてこうも「閉め」を気にしないのだろう。
食事の間はほんとにもう勘弁してっていうくらい「どう?」「どう?」「どう?」と聞いてくるのに、「お会計お願いします」と言った途端に(サービスの)期限が切れたみたいにぷつんと放置。
お支払いの直前にそれをすると、それまでの好印象がざーっと流されてしまうことに気がつかないのかな。「このお店いいね。チップは20%くらい置いてもいいかも」と思っていても、「うーん、やっぱ18で」「15で充分だな」「……もうキリのいい数字で」と私はなる。いやいや、チップはそういうもんじゃないんだよ日本のお方、って言われても、そうなっちゃう。

「終わり良ければすべて良し」はあながち間違ってないと思うのであります。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-05-27 06:17 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 伝統的なベトナム料理店。移転してますます素敵:「Mr.Red Cafe」   

Hastings@Nanaimoの近くにあるベトナム料理店「Mr.Red Cafeリンク先はfacebook)が、去年同じ通りの向かい側に移転した。
移転先は赤煉瓦の外装に加え、内装はますます緑の草木(?)や伝統工芸の飾り物が増えていい雰囲気。


メニュー上の名前は失念。カニの春巻き。

e0224424_08431934.jpg


あまりカニの味がわからなかったけど、みっしりと色んな具材が詰まっていてすごくおいしい。しかも大きい。


#17 Bun Cha Ha Noi / 肉団子と米粉の麺、お野菜など

e0224424_08454604.jpg


カリッと焼いた(日本で言うところの)豚バラと、豚の肉団子、大根とにんじんのピクルスが、スープのようなたれに浸かっている。
さて、どうやって食べるのが正解なのかよくわからない。麺にのせるのか、麺をつけるのか……。結局ごはんのように麺と具を別々に食べた。
もちゃもちゃとある香草は、ミントなんか口に入れたが最後とんでもないことになると思ったけれど、全くそんなことはなく。こんなに香りが控えめなミントもあるんだなー。

両隣の白人女性も同じものを頼んでいたけれど、口に合わないのかふたりとも最後までほとんど箸をつけず。伝統的な料理を出すお店だと知らなかったのかな。


このお店は他のよくあるベトナム料理屋と違って提供する品数が比較的少ない、扱う料理もほかとは少し違う。
お気に入り。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-05-05 09:10 | 【Van】East Hastings | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 初めて食べるチミチャンガと、3種の牛乳ケーキ:La Casita   

久しぶりにガスタウンにお出かけ。お昼にメキシコ料理を食べてきた。前にも何度か行ったことがあるGastownの「La Casita」Abbott@Cordova)。以前の記事はここ。 
ここのお豆は塩がきいているせいか、あんまり豆臭くなくて(?)難なく完食できるのです。


Chimichanga w/ chorizo / チョリソーのチミチャンガ

e0224424_07055092.jpg


上の写真の左側、ごろんとしたやつが人生で初めて食べるチミチャンガ。まったく知らない食べ物だったけれど、テレビで観て発音しやすいので覚えていたのだ(でもそれが一体何なのかはメニューを読むまで忘れていた)。
お店のサイトによると、アメリカ南西部、メキシコではシナロアやソノラで食べられている揚げたブリトーとのこと。

中身はチョリソーというソーセージ。
北米では「ソーセージ」と言っても、日本みたいにぴっちり腸詰めになっていないものもあって、腸詰になっていたとしても皮から中身を出して料理したりする。このチミチャンガの中身も炒めたひき肉に近い。ソーセージなだけあって、しっかり香辛料で味付けされているので、私は好きだ。
小麦粉のトルティーヤを使っているせいかな。北米のパイ生地に近いざくざくの衣。ぱっと見はころんと小さいけれど、お腹いっぱいになる。


Quesadilla w/shicken / 鶏のケーサディア

e0224424_07055066.jpg


細かく裂かれた香ばしい鶏がみっしり。
北米系のファミリーレストランでケーサディアを頼むと、チーズがたーっぷりこれでもかと入っている。一方、メキシコ料理屋さんで頼むとチーズは控えめでお肉がみっしり詰まっている。やっぱこっちの人はチーズが好きなのねーと思う。チーズまみれのピザとか。


デザートにケーキ。
Pastel de Tres Leches / トレスレチェケーキ

ケーキ撮るのって難しいなあ……。下手くそ。
e0224424_07054944.jpg


メキシコ料理にもお菓子にも疎いわたしは、トレスレチェケーキなんて聞いたこともない。スペイン語で「3種の牛乳のケーキ」とのこと。

これもお店のサイトによると、無糖練乳(日本ではエバミルクとも言うのかな?)、加糖練乳(コンデンスミルクと言った方が通じる?)、生クリームの3種に浸したスポンジケーキ。
牛乳を浸み込ませるため、生地にはバターを使わない。サイトには「だからすごく軽いし、空気の穴がたくさん入っていて牛乳に浸してもべちゃべちゃにならない」と書いてある。

味は普通に砂糖の甘さで、よく言えばおいしい。悪く言えば単調。
味はともかく、わたしはこの結構ぼそぼそで若干ねちゃっとした食感がどうも……、苦手とまでは言わないけれど、1個丸まる食べたいとは思わない、かな。
ティラミスみたいなすごーく染み染みした食感とはまた少し違う、崩れないべちゃべちゃ???とでもいうか。
これで7ドルはちょっと割高なように思う、けどバンクーバーのお高いレストランデザートを考えると普通なんだな、これで。


ところで、ここのお店ではチップスとワカモレとサルサが無料で供される。
このワカモレが妙にとろとろクリーミーになっていて、マヨネーズの味がしたのは気のせいだろうか。こんな味だっけ? ここのワカモレ。そもそもワカモレにマヨネーズって入れるの?


いつもありがとうございます。今日からまたカナダ情報。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-04-28 08:12 | 【Van】Gastown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 新規開店、マレーシア料理:Green&Oak   

バーナビーの入口、Hastings@Boundaryに新しいマレーシア料理店「Green&Oak」ができた。
ここは元々「Mr.Chili」といういまいち何料理なのかよくわからないお店があって、1年くらいでつぶれてしまった。その前はずーっと寂れた日本料理屋で、建物もあまり美しくなく、気の毒なほど閑古鳥が鳴いていた。立地のせいかな、よほど美味しいとか安いとか珍しいとかじゃない限り、生き残るのが難しい場所なのかも。
余談だけれど、そういう意味ではあの何もない一帯の角っこで毎日行列をつくっていた「Yolks」はすごいと思う(ちょっと前に近くにできたコンドの下に移転したけれど)。


e0224424_08120104.jpg



オープンして間もない(その上10%オフ)ので、まずまずのお客さんの入り。
温かみのある木のテーブルと椅子、床もきれいにしてあって、若くてモダンなアジア料理屋(たぶん、内装は「Mr.Chili」から変わっていないのでは)。日本語でいうところの「まったり」とか「ほっこり」が合うんじゃないかな。カフェみたいな。


メニューはそこまで大きくない(つまり100種類くらいある中華料理がないということ)。
Signature Dishes(お店のイチオシ)から、Hainanese Chicken / 海南鶏。

e0224424_08120274.jpg


シンガポールチキンライスと言われるあれ。
実は、生まれて初めて食べる。
ずっと「ぶよぶよな鶏皮」が苦手で敬遠していた。

全然ぶよぶよじゃなかった!
というか、あまり感触がない。とろとろというわけでもなく、なにこれ。タレはチリソースとしょうが。この塩と油が混じったしょうがのタレがすごくおいしい。

写真はないけれど、Maraysian Beef Curry / マレーシアビーフカレーも、辛過ぎず、五香粉?シナモン??がふわりと香っておいしい。
ランチメニューというものはないけれど、お昼だけちょこっと食べられる前菜メニューが別にある。

これはSatay Skewers / マレーシアの串焼き。
e0224424_08120208.jpg


料理は大絶賛! 毎日通いたい!というほどでもなかったけれど、この居心地のよさはまた来てもいいかも。
どうか、つぶれませんように。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-02-02 07:44 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 パンに具をはさむだけ、という:Chez Mémé Baguette Bistro   

North Burnaby(Hastings@MacDonald)にあるすごく小さなフランス系のレストラン(カフェ?)「Chez Mémé Baguette Bistro」。
ひそかに人気のお店でずっと気になっていたのだけど、土日はお休み、平日も15時までなので長い間行くことができずにいた。最近、オーナーが変わって土曜日も営業するようになったみたい。
テーブルは10席にも満たない小さなお店で、でもそのわりにすごく活気があって、向かい合わせに座ると相手の声が聞こえないくらい。
メニューは、サンドイッチやオムレツ、スープとサラダなんかの朝食/昼食のみ。にもかかわらず、ワインがずらりと揃っているあたり。


別にわたしは菜食主義でもなんでもないんだけど、迷って迷って肉なしのサンドイッチ。From'ton w/daily soup。

e0224424_07531077.jpg


ぽってりとした洋梨+厚み1cmはあろうかというブリー(Brie)チーズ+炙ったくるみのサンドイッチ。
なんと、サンドイッチに洋梨とは。一体誰が考えたのか。びっくりするくらいおいしい。このチーズは、フランスの白カビチーズなんだって。ぶにゅっとした食感が、どことなくカマンベールチーズに似ている。梨の甘みとチーズの塩味がすごくよく合う。これなら昼間からとか関係なくワインといけるなー(笑)。

つけあわせの「本日のスープ」は、きのことオーブンで焼いたにんにく、バジルのスープ。乳製品は使っておらず、完全にビーガンとのこと。少し、いやかなり塩がきつい。


これは肉系。マクドナルドのような細切りポテトがついた、Cordon Bleu w/french fries。

e0224424_07531052.jpg



ブラックフォレスト・ハムと鶏、エメンタール(Emmenthal)というチーズとディジョンマスタードのサンドイッチ。
これも塩がきついけど、やっぱりおいしい。肉にチーズにパン。チポレだのなんだの余計なソースは一切ない。そういえば、緑の野菜すら入っていない。
ちなみに、サンドイッチのお値段は、大きなスープか山盛りフレンチフライかサラダつきで$13前後(2018年現在)。


フランスに行ったときに、サンドイッチってこんなにおいしい食べ物なのか、とものすごい衝撃を受けた。それまでサンドイッチと思っていたものとまるで違って。
「MEAT & BREAD」とか「Finch's」とかバンクーバーにもおいしいサンドイッチ屋さんがいろいろある。いつだって自国びいきなわたくしですが、サンドイッチだけは、今でも海外で食べるものが本当にいちばんおいしいと思う。
(日本に帰ったらコンビニのぺったんこのサンドイッチを必ず1度は食べるんだけど。あれはあれで好きだ)


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2018-01-19 08:44 | 【Van】Burnaby | Comments(0)