無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タグ:ランチ ( 13 ) タグの人気記事   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 伝統的なベトナム料理店。移転してますます素敵:「Mr.Red Cafe」   

Hastings@Nanaimoの近くにあるベトナム料理店「Mr.Red Cafeリンク先はfacebook)が、去年同じ通りの向かい側に移転した。
移転先は赤煉瓦の外装に加え、内装はますます緑の草木(?)や伝統工芸の飾り物が増えていい雰囲気。


メニュー上の名前は失念。カニの春巻き。

e0224424_08431934.jpg


あまりカニの味がわからなかったけど、みっしりと色んな具材が詰まっていてすごくおいしい。しかも大きい。


#17 Bun Cha Ha Noi / 肉団子と米粉の麺、お野菜など

e0224424_08454604.jpg


カリッと焼いた(日本で言うところの)豚バラと、豚の肉団子、大根とにんじんのピクルスが、スープのようなたれに浸かっている。
さて、どうやって食べるのが正解なのかよくわからない。麺にのせるのか、麺をつけるのか……。結局ごはんのように麺と具を別々に食べた。
もちゃもちゃとある香草は、ミントなんか口に入れたが最後とんでもないことになると思ったけれど、全くそんなことはなく。こんなに香りが控えめなミントもあるんだなー。

両隣の白人女性も同じものを頼んでいたけれど、口に合わないのかふたりとも最後までほとんど箸をつけず。伝統的な料理を出すお店だと知らなかったのかな。


このお店は他のよくあるベトナム料理屋と違って提供する品数が比較的少ない、扱う料理もほかとは少し違う。
お気に入り。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-05-05 09:10 | 【Van】East Hastings | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 初めて食べるチミチャンガと、3種の牛乳ケーキ:La Casita   

久しぶりにガスタウンにお出かけ。お昼にメキシコ料理を食べてきた。前にも何度か行ったことがあるGastownの「La Casita」Abbott@Cordova)。以前の記事はここ。 
ここのお豆は塩がきいているせいか、あんまり豆臭くなくて(?)難なく完食できるのです。


Chimichanga w/ chorizo / チョリソーのチミチャンガ

e0224424_07055092.jpg


上の写真の左側、ごろんとしたやつが人生で初めて食べるチミチャンガ。まったく知らない食べ物だったけれど、テレビで観て発音しやすいので覚えていたのだ(でもそれが一体何なのかはメニューを読むまで忘れていた)。
お店のサイトによると、アメリカ南西部、メキシコではシナロアやソノラで食べられている揚げたブリトーとのこと。

中身はチョリソーというソーセージ。
北米では「ソーセージ」と言っても、日本みたいにぴっちり腸詰めになっていないものもあって、腸詰になっていたとしても皮から中身を出して料理したりする。このチミチャンガの中身も炒めたひき肉に近い。ソーセージなだけあって、しっかり香辛料で味付けされているので、私は好きだ。
小麦粉のトルティーヤを使っているせいかな。北米のパイ生地に近いざくざくの衣。ぱっと見はころんと小さいけれど、お腹いっぱいになる。


Quesadilla w/shicken / 鶏のケーサディア

e0224424_07055066.jpg


細かく裂かれた香ばしい鶏がみっしり。
北米系のファミリーレストランでケーサディアを頼むと、チーズがたーっぷりこれでもかと入っている。一方、メキシコ料理屋さんで頼むとチーズは控えめでお肉がみっしり詰まっている。やっぱこっちの人はチーズが好きなのねーと思う。チーズまみれのピザとか。


デザートにケーキ。
Pastel de Tres Leches / トレスレチェケーキ

ケーキ撮るのって難しいなあ……。下手くそ。
e0224424_07054944.jpg


メキシコ料理にもお菓子にも疎いわたしは、トレスレチェケーキなんて聞いたこともない。スペイン語で「3種の牛乳のケーキ」とのこと。

これもお店のサイトによると、無糖練乳(日本ではエバミルクとも言うのかな?)、加糖練乳(コンデンスミルクと言った方が通じる?)、生クリームの3種に浸したスポンジケーキ。
牛乳を浸み込ませるため、生地にはバターを使わない。サイトには「だからすごく軽いし、空気の穴がたくさん入っていて牛乳に浸してもべちゃべちゃにならない」と書いてある。

味は普通に砂糖の甘さで、よく言えばおいしい。悪く言えば単調。
味はともかく、わたしはこの結構ぼそぼそで若干ねちゃっとした食感がどうも……、苦手とまでは言わないけれど、1個丸まる食べたいとは思わない、かな。
ティラミスみたいなすごーく染み染みした食感とはまた少し違う、崩れないべちゃべちゃ???とでもいうか。
これで7ドルはちょっと割高なように思う、けどバンクーバーのお高いレストランデザートを考えると普通なんだな、これで。


ところで、ここのお店ではチップスとワカモレとサルサが無料で供される。
このワカモレが妙にとろとろクリーミーになっていて、マヨネーズの味がしたのは気のせいだろうか。こんな味だっけ? ここのワカモレ。そもそもワカモレにマヨネーズって入れるの?


いつもありがとうございます。今日からまたカナダ情報。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-04-28 08:12 | 【Van】Gastown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 新規開店、マレーシア料理:Green&Oak   

バーナビーの入口、Hastings@Boundaryに新しいマレーシア料理店「Green&Oak」ができた。
ここは元々「Mr.Chili」といういまいち何料理なのかよくわからないお店があって、1年くらいでつぶれてしまった。その前はずーっと寂れた日本料理屋で、建物もあまり美しくなく、気の毒なほど閑古鳥が鳴いていた。立地のせいかな、よほど美味しいとか安いとか珍しいとかじゃない限り、生き残るのが難しい場所なのかも。
余談だけれど、そういう意味ではあの何もない一帯の角っこで毎日行列をつくっていた「Yolks」はすごいと思う(ちょっと前に近くにできたコンドの下に移転したけれど)。


e0224424_08120104.jpg



オープンして間もない(その上10%オフ)ので、まずまずのお客さんの入り。
温かみのある木のテーブルと椅子、床もきれいにしてあって、若くてモダンなアジア料理屋(たぶん、内装は「Mr.Chili」から変わっていないのでは)。日本語でいうところの「まったり」とか「ほっこり」が合うんじゃないかな。カフェみたいな。


メニューはそこまで大きくない(つまり100種類くらいある中華料理がないということ)。
Signature Dishes(お店のイチオシ)から、Hainanese Chicken / 海南鶏。

e0224424_08120274.jpg


シンガポールチキンライスと言われるあれ。
実は、生まれて初めて食べる。
ずっと「ぶよぶよな鶏皮」が苦手で敬遠していた。

全然ぶよぶよじゃなかった!
というか、あまり感触がない。とろとろというわけでもなく、なにこれ。タレはチリソースとしょうが。この塩と油が混じったしょうがのタレがすごくおいしい。

写真はないけれど、Maraysian Beef Curry / マレーシアビーフカレーも、辛過ぎず、五香粉?シナモン??がふわりと香っておいしい。
ランチメニューというものはないけれど、お昼だけちょこっと食べられる前菜メニューが別にある。

これはSatay Skewers / マレーシアの串焼き。
e0224424_08120208.jpg


料理は大絶賛! 毎日通いたい!というほどでもなかったけれど、この居心地のよさはまた来てもいいかも。
どうか、つぶれませんように。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-02-02 07:44 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 パンに具をはさむだけ、という:Chez Mémé Baguette Bistro   

North Burnaby(Hastings@MacDonald)にあるすごく小さなフランス系のレストラン(カフェ?)「Chez Mémé Baguette Bistro」。
ひそかに人気のお店でずっと気になっていたのだけど、土日はお休み、平日も15時までなので長い間行くことができずにいた。最近、オーナーが変わって土曜日も営業するようになったみたい。
テーブルは10席にも満たない小さなお店で、でもそのわりにすごく活気があって、向かい合わせに座ると相手の声が聞こえないくらい。
メニューは、サンドイッチやオムレツ、スープとサラダなんかの朝食/昼食のみ。にもかかわらず、ワインがずらりと揃っているあたり。


別にわたしは菜食主義でもなんでもないんだけど、迷って迷って肉なしのサンドイッチ。From'ton w/daily soup。

e0224424_07531077.jpg


ぽってりとした洋梨+厚み1cmはあろうかというブリー(Brie)チーズ+炙ったくるみのサンドイッチ。
なんと、サンドイッチに洋梨とは。一体誰が考えたのか。びっくりするくらいおいしい。このチーズは、フランスの白カビチーズなんだって。ぶにゅっとした食感が、どことなくカマンベールチーズに似ている。梨の甘みとチーズの塩味がすごくよく合う。これなら昼間からとか関係なくワインといけるなー(笑)。

つけあわせの「本日のスープ」は、きのことオーブンで焼いたにんにく、バジルのスープ。乳製品は使っておらず、完全にビーガンとのこと。少し、いやかなり塩がきつい。


これは肉系。マクドナルドのような細切りポテトがついた、Cordon Bleu w/french fries。

e0224424_07531052.jpg



ブラックフォレスト・ハムと鶏、エメンタール(Emmenthal)というチーズとディジョンマスタードのサンドイッチ。
これも塩がきついけど、やっぱりおいしい。肉にチーズにパン。チポレだのなんだの余計なソースは一切ない。そういえば、緑の野菜すら入っていない。
ちなみに、サンドイッチのお値段は、大きなスープか山盛りフレンチフライかサラダつきで$13前後(2018年現在)。


フランスに行ったときに、サンドイッチってこんなにおいしい食べ物なのか、とものすごい衝撃を受けた。それまでサンドイッチと思っていたものとまるで違って。
「MEAT & BREAD」とか「Finch's」とかバンクーバーにもおいしいサンドイッチ屋さんがいろいろある。いつだって自国びいきなわたくしですが、サンドイッチだけは、今でも海外で食べるものが本当にいちばんおいしいと思う。
(日本に帰ったらコンビニのぺったんこのサンドイッチを必ず1度は食べるんだけど。あれはあれで好きだ)


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2018-01-19 08:44 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 まち一番のメキシコ料理を発見か(否か):LA MEZCALERIA   

久しぶりにコマーシャルドライブにお昼を食べに行き。
どこにしよーかなーとぶらぶら歩いていて見つけたのが「LA MEZCALERIA」。
おお? あれはもしや「You Gotta Eat Here!」で紹介していたお店ではありませんか。またまたfood network。
E 1stとGraveley St.の間にある。

e0224424_09003187.jpg


入口のメニューを見てもよくわからなくて、なんかまあ、とりあえずテレビに出てたしここでいいやと入り、座ってメニューを見てもやっぱりよくわからないという。

席についてすぐに供されたのは、トルティーヤチップス。この真ん中の自家製ソースがめちゃくちゃ辛い。口がひりひりするほど辛いのに癖になってしまって、スプーンでちびちびなめるように食べ続けてしまう恐ろしい一品。

e0224424_09003068.jpg


すごく寒い日で、あったかいスープでもと思ったけどそんなものはなく、よくわからないまま頼んだのが、Flautas de Pescado / 魚の……、フラウタス。なんのこっちゃ。

e0224424_09003139.jpg


む。
おいしい!!

トルティーヤでくるくるっと巻かれた魚を丸ごと揚げてある。すなわちそれが「Flautas / フラウタス」。具は(このお店では)羊か、じゃがいも、魚の3種類。下には紫キャベツのスローがたっぷりと。上からかかっているのはサワークリームと辛くないトマトソース。

魚が魚臭くないし(レベルの低い褒め言葉)、揚げたトルティーヤというのがなんともいい具合の噛み応え。サクサクじゃなくバリバリっていう。
どうやって食べるのか迷った末、手で食べたけれどそれでよかったのだろうか。ナイフで切ろうとしたらバリバリに砕け散って見るも無残な姿になりました。
おいしかったけど、何の魚だったのか不明。


Taco:De Carne Asada, Tinga de Pollo / 牛と鶏のタコ

e0224424_09003084.jpg



むむ。
おいしい……!!

タコってもっとシンプルなものだと思っていた。生野菜と、お肉か魚(またはお豆とか)と、お好みでソースをっていう。
ここのは、なんていうか、どの具材も手間隙かけてぎっしりのせられたような。ひと口ですごーく風味豊か。牛の方には炙った青ねぎと、青唐辛子、アボガドムースがのっかっている。鶏にはチーズとアボガド。
とってもおいしいけど、ひとつ$7という価格はちょっと強気なように思う。


お酒を呑む場所、バーなので、料理の種類は比較的少なめ。基本的にどれもお酒を片手に分け分けする料理かなと感じた。
バーとつながった狭いオープンキッチンでは女性ふたりがせっせと調理をしている。音楽は結構にぎやかだけど、わりとまったりとした雰囲気。

e0224424_09003123.jpg


家に帰りサイトを見て初めて知った。ガスタウンにも支店があるみたい。それに、週末のブランチも始めたみたい。
名物(?)のチーズフォンデュとか、デザートとか、なんだか他にも色々食べてみたい。次は夜だなー。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2018-01-09 04:33 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 レバノン料理のランチビュッフェ:tibisti middle eastern grill   

テレビを観ていて中東の料理が食べたいなーとふと思い。テレビっ子。
レストランレビューサイト「zomato」で調べてみたら、「tibisti middle eastern grill(リンク先はfacebook)が上位に出てきた。
中東料理(レバノン料理)で有名どころは「Nuba」で、まあ間違いがないのはわかるのだけど、家族経営の名も無き小さなお店(失礼)を試してみるのも悪くないかもと思い。

場所は、Victoria@54thの角っこにある。

e0224424_07233340.jpg


絶賛、改装中(12月上旬に行ったので、今は終わって綺麗になっているかも)。
ひとが食べてるすぐそこでペンキ塗ったり、ガガガガガと。
なんでも、家族経営だったところをオーナーが代わるのだとか。
お店の隅で何やら書類と格闘しているのはお父さんで、厨房には女性と男性。たったひとりでお店を仕切るお兄さんは、改装業者相手に忙しそうだけど、ぱたぱたとよく働くし、話してみるととっても愛想がいい。

肝心のお料理は......。

e0224424_07233345.jpg


ネットで調べたわりに、ろくにメニューもレビューも読まず来てしまい、お店に到着して気がついた。buffet(ビュッフェ)レストランだということに。
普通のメニューもあるのだけど、わりと皆buffet目当てにくるそうで。
種類はそれほど多くない。少しずつ全部試せるくらい。
ピタ的なパンはなく、厚めの春巻きの皮を揚げたようなものが添えてある(上の写真の右上の方にあるサクサクしてそうなやつ)。これ、好き。

サモサもある(下の写真の左端)。
e0224424_07233229.jpg


見た目はショボいし、お客さんが少ないため料理が減っても追加されない。
でも、味はどれもおいしかった。
$14払って普通にひと皿食べるのと何が違うかというと、鶏、牛、羊、なす(ベジタリアン向け)を一度に食べられる点だろうか。

デザートやくだものの類はなし。
(1個$2のバクラヴァを別で注文はできるけど、おすすめはしない。すごーーく小さな包みで、バクラヴァをバクラヴァたらしめるシロップが全然しみしみしてない)

ちなみに、lunch buffetは月曜から木曜で、ひとり$13.99。dinner buffetは金曜から日曜でひとり$17.99。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-12-13 07:50 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大人気の手羽先を求めて:Phnom Penh   

チャイナタウンの有名なカンボジア/ベトナム料理店、行列必至のPhnom Penh」についに行ってきた。
平日の12時半すぎでほぼ満席。でもちょうど空いた席にすべりこみ。

もやしとスープはくっついてくる。
もやしはともかくスープに感激。ごろんと骨! ちょっとだけこびりついているお肉はお箸やフォークでするりとはがれる。ほとんどのお店がこうしてダシを取った骨は捨てちゃうんじゃないかな。食材を無駄にしないアジア魂がすき。

e0224424_06231730.jpg


Phnom Pen Dry Egg Noodles / カンボジアの汁なしたまご麺。

e0224424_06231843.jpg


最近ハマってるこの料理。
Hastings@Willingdonにある「Pho Tan」で初めて食べて以来、気に入ってちょくちょく食べている(「Pho Tan」もおいしい。いつかここに書こうと思いつつ、書きそびれ......)。
たまご麺だけど平たく縮れていて、結構ぱさぱさもそもそしていて、おまけに麺同士がくっついて食べにくいし、そこまでおいしい麺ではないのだけど、何故か妙に癖になる。あと2回くらい食べたら飽きる気がする。
具材は色んなお肉が少しずつ、エビと、揚げたにんにくとか。タレが底に隠れているのでかき混ぜて食べる。


豚とハムと......何かのごはんのせ。
香ばしくて醤油と香辛料で味がしっかりついた豚がおいしい。ソースがいらない。

e0224424_06231893.jpg


そしてそして。
このお店でいちばん有名なメニューが、the butter beefという薄切り牛肉の料理と......、Phnom Pen Deep Fried Chicken Wings (S) / 手羽先を揚げたやつ(小)。

e0224424_06231636.jpg


これ。これを皆食べているのね。何度も話には聞いていたし、実際周りをみればどのテーブルもこれを食べている。
納得。おいしすぎる。
にんにくと揚げ物の香ばしいにおい。外はカリカリで中はしっとり。しっかりした塩味に少しだけ甘さがある。レモンと胡椒のソースにつけてもやっぱりおいしい。
が!!
MSG(化学調味料)を使ってるのかなーという味であることはいなめず。ほんとのところはわからないけど。

ところで、北米でチキンウイングと言えば、とりあえず赤い。
あのべったりしたバーベキューソースにこってりからめられた赤いあれ。
あのべったべたのソースまみれに慣れているひとからするとこの手羽はもの足りないらしいけど、わたしはこっちの方が断然、間違いなく、絶対においしいと思う。だってそもそもタレまみれじゃないからこそこのカリカリが味わえるわけだし。ソースだらけ、ソースが多過ぎるんだよ、こっちの人が好むものって。


チャイナタウンど真ん中だけど、なまりのない英語を話す若いサーバーはてきぱきよく働く。
が、たまご麺が最初にきて、豚のごはんと手羽先がくるまで10分以上空いたのが玉にキズ。注文が通っていないのかと思った。カナダでは同席の相手と全く同じタイミングで料理がくるのが日本よりずっと普通で、だからこれほど差があるのは珍しい(やっぱり忘れられてたのかしら)。

とはいえ、また行きます。手羽先を求めて。
あとできれば人気の牛料理も食べてみたいし、Spicy Basil Clams / 貝のピリ辛バジル炒め とかパパイヤのサラダとかなんかもう色々と。Moo Moo Shake / ムームーシェイク というシェイクもたくさん種類があって気になるのです。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-12-09 07:15 | 【Van】Chinatown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ダウンタウンで$10.5のタイランチ:Patsara Thai Restaurant   

近年行くお店がどんどん偏ってきて、タイ料理といえばもはや近所の家族経営のところしか行っていないのだけど、珍しくダウンタウンで行ったことのない、でも昔からあるお店をのぞいてみた。Robson@SeymourのPatsara Thai Restaurant」。

あら?
なんだか名前が違う……。
Kで始まる覚えにくい名前だったはず……、と思い調べてみたら、「Krung Thep Thai Cuisine」。ちょっぴりお高いタイ料理と思って、ずっと敬遠していたお店。
内装はそのままに、名前だけ変えたのか? オーナーが変わったのか? バンクーバーあるある。 ニューウエストミンスターに本店があるみたい。
意外にもランチメニューはどれも$10.50ととってもお手頃価格。


ランチについてくるサラダと揚げワンタン(の皮)。
濃いマンゴードレッシングがおいしい。

e0224424_08130434.jpg


前菜からCalamari / 揚げたイカ。
いつも同じものばかり食べて、嫌になっちゃう。ぶつぶつ。

e0224424_08130419.jpg


イカが噛み切れないよ!
でもちゃんと下味がついていて、衣もさくさくでおいしい。
カニが食べたかったなー。


Chicken Cashew Nuts / 鶏とカシューナッツの炒めもの
写真でみるよりすごいボリューム!

e0224424_08130398.jpg


Kuay tiew khua gai / タイ風 鶏のやきそば

e0224424_08130581.jpg


めちゃくちゃ油まみれの割りに、もたれることなくぱくぱく食べられる。
メニューには何のソースなのか書いておらず、よくわからないけど、Pad Thaiがあの甘酸っぱい赤いソースで、Pad See Ewが濃い醤油ベース、これはしいて言うなら塩系??? 


バーもあって、ごついひとり掛けのカウチもあって、やっぱりちょっとハイエンドな(だった)部類なのだろう。ただ、家具はどれもすごく古びている。テーブルは剥げ剥げ。壁際の椅子は擦り切れてシミだらけ。革製の椅子も同様。落ちぶれ感がすごい。Webサイトのメニュー写真(明るくて清潔できらきらした感じ)と実際のギャップが激しいので注意。

ただ、気取ったところが削れて妙な居心地のよさがあるような気がしなくもない(お値段的にも)。
料理がおいしかったので、再訪決定。


e0224424_08130168.jpg


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-11-09 09:00 | 【Van】Downtown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カレーに期待しすぎた結果:Ryuu Japanese Kitchen   

だいぶ前に噂を耳にして以来、ちょっぴり気になっていたダウンタウン(Robson@Seymour)の日本料理店「Ryuu Japanese Kitchen」。たまたま平日昼間にダウンタウンに用事があったので、行ってみた。

何年か前は「Toyama」というジャパニーズレストランがあったんじゃなかったっけ? 当時1度行ったことがあるような。
この「Ryuu」は日本人シェフの洋食、とあって浮き浮き。
(なんで「u」が2コあるのでしょう……。「りゅうう」と発音するの?)

e0224424_10175607.jpg


定食あり、うどんと丼もののセット(←日本ぽい!)あり、オムライスあり、とひじょーに迷う。
でも元々洋食をやっていたというシェフの料理ならやっぱり洋食が間違いないはず、とはちきれんばかりの期待をこめてビーフカレー。

e0224424_10175544.jpg



うーん。


うーん。


ごめんなさい。私はグルメでもなんでもないただのひとですが、家で食べるカレーと同じだった……。
お店で食べるあの黒に近い濃いこげ茶色の美しいビーフカレー、じっくり煮込んだ角切り肉のみが浮かぶビーフカレーを想像(と期待)していたので。ごろごろ野菜とたっぷり薄切り牛肉入りのうちのカレー、だなあ。
「あら、これはいける」と思ったのはじゃがいも。多分、一度フライパンかオーブンで焼いている。だから食感がもそもそせず存在感があって食べやすい。


これは、ランチ弁当B。

e0224424_10175778.jpg


とっても残念なことにどれひとつ味見をしなかったので、味は不明。
でもみてこれ。エビマヨに揚げ物に胡麻和えにたまごやきに、なんと押し寿司!! 
テリヤキチキン、もとい鶏の照り焼きには中国系で必ずついてくる大量のもやしや、韓国系でついてくる謎の麺がない!
すばらしい。わたしも次はこのお弁当か定食にしよう。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-10-18 10:32 | 【Van】Downtown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タコスあれこれ:Maizal   

無料新聞「metro」にちょっと前に紹介されていたMain@12th のメキシコ料理店「Maizal」。
オンラインでも記事が読めるみたいですよ)
この春にオープンしたばかり。早速大人気なようで、はるばる足を伸ばしてみた。

すごく小さなお店で、カウンターで注文して番号札で待つ。水やソースの類は自分で。さっと食べてさっと出て行く、といったタイプのお店。記事にある通り、内装は清潔だけどとっても……簡易。壁は真っ白で絵も何もないし、お店の奥は倉庫、というか従業員通路、というかが丸見え(綺麗にしてあるけど)。


タコはお肉系だと、ひとつ$3.75。

e0224424_07383090.jpg


手前はCARNITAS(豚のタコ)で、奥がPESCADO(魚のタコ)。

e0224424_07383340.jpg


魚は揚げたてさくさく。マヨベースのソースもおいしかった。
野菜はシンプルにトマトのみ(pico de galloとあるので、サルサ??)。
豚(braised pork。オーブンで煮込んだ豚)と豚皮の揚げたもの(pork rinds)+ワカモレ。
こちらは……、まあまあ。
豚にあまり味がないし、豚皮の食感も期待していたほどカリカリサクサクでもない。というか、大ボリュームの豚とアボガドに負けてしまい存在感がゼロに近い。


e0224424_07383239.jpg


手前がSTEAK。
牛のタコで、お豆とごはん、ワカモレがのっている。
奥はPASTOR。
オーブン焼きの豚と、こちらもトマト(サルサ? pico de gallo)、パイナップル。
味見しなかったので、お味は不明。


このお店のウリは自家製トルティーヤ、らしく皆そのことを話している。
レジの隣でせっせと作っているところが見られる。
ソフトタコだからこういうものかもしれないけど、個人的にはもう少し炙った方が好み。ナマとは言わないけれど、生焼けの一歩手前、くらいまでしか焼かないのがここのやり方みたい。好みの問題だと思う。

QUESADILLA(ケーサディア)

e0224424_07383358.jpg


中身はピリ辛のほぐした鶏肉とチーズ。
結構チーズがもったりどっしりしている。


HORCHATA(お米の飲み物)

e0224424_07382952.jpg


見た目はカルピス! 飲みたいなー。
どこかで覚えのある風味……、と思ったら、甘酒だ。
濃さがあれに似ている。
これはとってもシナモンがきいていて、ものすごーく甘くて、一杯飲み干すことはできないけど甘酒よりおいしい。


全体的に何もかもシンプル、な印象。
色々のせないし、色々かけない。
だからというわけではないけれど、大絶賛、というほどでもないなあ。
1回試したら満足。

e0224424_07383123.jpg


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-08-16 08:04 | 【Van】Main St. | Comments(2)