無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カクテルアワーと鮭:Glowbal(+Cirque du Soleil)   

Cirque du Soleil (シルクドソレイユ)のショーを観に行くべく、早めの夕食をとりに向かった先は、Georgia@Seymourの「Glowbal」。テラスガーデンのあの立派な屋根のあるあそこ。
お目当ては18時まであるハッピーアワーならぬ、カクテルアワー。
シャンパンもワインも5ドル。

e0224424_08512073.jpg


結構しっかり音楽がかかっていて、活気あるレストラン。
平日だけど17時すぎでお客さんがかなり入っている。
案内されたカウチは椅子が沈み込み過ぎて、足が短くて背の低いニホン人としては食事が大変だった。
それと、テーブルクロスの上に白い紙が敷かれていて、これにはがっかり。このクラスのレストランにしては安っぽすぎる。

それはそうと、カクテルアワーのメニューからButtermilk Parmesan Fried Chicken / バターミルク・パルメザンチーズ・フライドチキン。そのまんま。

e0224424_08512300.jpg


いわゆるKFC的な「フライドチキン」、と思いきや、ひと口大の「から揚げ」だった。
ひとつ$2で1個ずつ注文できる。
これが$2かと思うとうーんと思うけど、よく考えたらたいていのお店で普通に6個くらい盛られているひと皿が$10くらいするので、まあ、こんなものなのかもしれない。
「カラアゲ」は浸透しているのだから「Japanese Karaage style」とか書けばいいのにね。バターミルクまで記載されたら、たいていの人が普通の「フライドチキン」を想像するのでは。


Spinach & Cream Cheese Arancini / ほうれん草とクリームチーズのライスコロッケ。

e0224424_08511881.jpg


Arancini が何なのかわからないまま注文。
ライスコロッケだった。これは結構おいしかった。


メインは、Prime Beef Sirloin / サーロインステーキ。

e0224424_08512169.jpg


外側が香ばしく炙られていて、中は脂肪がほとんどないのでとっても肉々しい。
KEGの方がおいしい気がする。


Salmon / 鮭。

この写真、下手くそだなー……。
e0224424_08512144.jpg


こういってはなんだけど、塩加減と身の感じ(?)が朝ごはんによく食べる紅鮭を彷彿とさせる……。
野菜は小さなじゃがいもとかカリフラワー、さつまいもみたいに甘いヤム(お芋)。歯ごたえがそれぞれ違っているところがいい。
Squash というウリ科の野菜のピュレがちょこっと敷いてあるのだけど、これはあってもなくても。あまりよくわからなかった。


デザートに Chocolate Purses / 名前がかわいい。「チョコレートのかばん(とかお財布とか入れ物)」。

この写真も下っ手くそだなー……。でもこの盛り付けはどうなのでしょう。
e0224424_08511904.jpg


トルコ菓子のバクラヴァに使われる「フィロ」という薄ーーーーい生地を重ねてワンタンみたいに(?)包んであるのは、バニラチョコレートのムース。
フィロは、表面はともかく生地自体あまりパリパリサクサクにはならないので、内側はナイフで切りにくいし、なんだかふにゃふにゃ、しがしが(?)している。
もういっそワンタンの皮を使ってカリっとさせた方が良かったのでは……なんて思ってしまっては駄目だろうか。
黒いのはシロップ漬けのさくらんぼ。四角いのはマシュマロ。
マシュマロって1年に1回も食べないようなお菓子だけれど、意外とおいしい。表面が炙られているところが特に。


入店からお会計まで、何の問題もなく過ごせたけど、どの店員さんも親切でてきぱきと動くのに、どこか目だけ笑っていないような、奇妙にピリピリした空気がうすーーーーーーく漂っていて、「???」という印象。


*おまけ*

e0224424_08512273.jpg


Cirque du Soleil 「Kurios」は、これまでいくつか観た中でいちばん楽しめた(funという意味で)かも。
大道芸とか古典的なサーカスの演目を取り入れていて、ちょっと長過ぎるなあ、ダレるなあ、という箇所もあったんだけど、全体的にわかりやすいし、観ていて楽しい。
ただ、身体的な演技(アクロバット)の「開いた口がふさがらない」度、「驚愕」度は他の作品の方が高いかな。それゆえ、男性の満足度はもしかすると女性に比べたら低いかもしれない。
わたしは音楽と衣装と世界観において、この作品がいちばん好きかも。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2017-11-01 10:46 | 【Van】Downtown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カレーに期待しすぎた結果:Ryuu Japanese Kitchen   

だいぶ前に噂を耳にして以来、ちょっぴり気になっていたダウンタウン(Robson@Seymour)の日本料理店「Ryuu Japanese Kitchen」。たまたま平日昼間にダウンタウンに用事があったので、行ってみた。

何年か前は「Toyama」というジャパニーズレストランがあったんじゃなかったっけ? 当時1度行ったことがあるような。
この「Ryuu」は日本人シェフの洋食、とあって浮き浮き。
(なんで「u」が2コあるのでしょう……。「りゅうう」と発音するの?)

e0224424_10175607.jpg


定食あり、うどんと丼もののセット(←日本ぽい!)あり、オムライスあり、とひじょーに迷う。
でも元々洋食をやっていたというシェフの料理ならやっぱり洋食が間違いないはず、とはちきれんばかりの期待をこめてビーフカレー。

e0224424_10175544.jpg



うーん。


うーん。


ごめんなさい。私はグルメでもなんでもないただのひとですが、家で食べるカレーと同じだった……。
お店で食べるあの黒に近い濃いこげ茶色の美しいビーフカレー、じっくり煮込んだ角切り肉のみが浮かぶビーフカレーを想像(と期待)していたので。ごろごろ野菜とたっぷり薄切り牛肉入りのうちのカレー、だなあ。
「あら、これはいける」と思ったのはじゃがいも。多分、一度フライパンかオーブンで焼いている。だから食感がもそもそせず存在感があって食べやすい。


これは、ランチ弁当B。

e0224424_10175778.jpg


とっても残念なことにどれひとつ味見をしなかったので、味は不明。
でもみてこれ。エビマヨに揚げ物に胡麻和えにたまごやきに、なんと押し寿司!! 
テリヤキチキン、もとい鶏の照り焼きには中国系で必ずついてくる大量のもやしや、韓国系でついてくる謎の麺がない!
すばらしい。わたしも次はこのお弁当か定食にしよう。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2017-10-18 10:32 | 【Van】Downtown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【サンディエゴ8】やっぱり何か忘れてくる   

はみ出した写真色々。

e0224424_16545832.jpg

どの標識も、英語とスペイン語が併記。
e0224424_16545706.jpg




バンクーバーもトロリー(路面電車)があればいいのになと時々思う。
でもスカイトレインやバスの運行状況を見ていると(故障しすぎ)、結局宝のもちぐされになるかしら。

e0224424_16545596.jpg

e0224424_16552856.jpg



以前行ったロサンゼルスより色々楽しかった。
飛行機で2時間半だし、また行ってもいいかも。
冬でも10度くらいはあるらしく、電車で話したメキシコ人のおっちゃん曰く、「ここは雪なんか降らないよ!」
温暖な冬って素敵。冬に逃避したい。
もう雨はいや。うんざり。雪もいや。ぶつぶつ。って、バンクーバー在住でこんなこと言ってたら東海岸の人に怒られる。

e0224424_16545642.jpg

e0224424_16545868.jpg


e0224424_16545930.jpg



ところで、近年、どこかに行くと必ず何か忘れてくるか、なくしてきちゃう。
こんなに注意深いのに(自称)。
だから今回も「指差し確認」をする勢いでくまなく忘れ物がないか点検したのに。のに。カナダの自宅に戻って以来、日焼け止めが見当たらないのは何故でしょう。あんなでかいボトルが。←カナダの日焼け止めは日本の2~3倍くらい大きい。

e0224424_16552723.jpg


実は最後の夜、夕食を食いっぱぐれたり(もったいない)、行き当たりばったりすぎて行きたかった場所に行けなかったり、ちょいちょい色々あったけど、なかなか良い休暇でした。何より夏の旅っていうのがいい。

色々なサボテンがそこかしこに。
e0224424_16552541.jpg


おまけ。
空港でこんな本を見つけた。

e0224424_10185798.jpg


「ポケットに入る便利なタウンガイド」とあるけれど、大きさも分厚さも重さも「歩き方」並み!
日本の観光本らしく、全頁カラーでとにかく写真が多いし情報量が多い。地図も細かい。にもかかわらず、なんと無料。
旅行前に読み込みたかった……!!
こんな立派な本があるということは、日本からの旅行者もさることながら、ここに住む日本人が多いのだろう。


いつもありがとうございます。サンディエゴはこれでおしまい。

[PR]

# by paquila | 2017-10-04 10:29 | 【アメリカ】サンディエゴ-2017 | Comments(0)