無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【マレーシア_2018⑤】巨大な神さま、巨大なモスク~バトゥ洞窟とブルーモスク   

Batu Cave(バトゥ洞窟)

朝からヒンドゥー教の聖地、Batu Cave(バトゥ洞窟)に向かう。
KL SentralからKTM1本で行けるはずが、2月3日から行き方が変わったらしく、KL Sentralでまず無料のシャトルバスに乗る。無料で目的地まで行けるの? わーい、便利! と思ったら着いた先はKTMの「Sentul」という駅。ひと気のないこの駅で全員降ろされ、ぞろぞろと電車に乗る。「Batu Cave」まで往復RM5。片道20分くらい。電車は40分に1本(2018年2月現在)。

何度も写真で見たとはいえ……、でっかい!!!


e0224424_03255706.jpg


なんでもかんでもネットでみることができる世の中だけど、やっぱりこの熱さの中、目を細めて巨大な金ぴか像を見上げ「なんでこんなでっかいものを作っちゃったの」と唖然としたり、汗を拭きながら272段もある急勾配の階段をゆっくりゆっくり、途中何度もふり返りながらのぼったり、のぼった先に広がる巨大な洞窟で強烈な日差しから逃れられてほっとしたり、洞窟の奥にさらにもうひとつ洞窟があってその広さに溜息がもれたり、洞窟の中に点在するお寺や像が若干荒削りなところが逆に良かったり、とにかく、自分がそこに行って、自分の目で見ることが、いいわけで。

シヴァの息子、軍神ムルガン様。なんと全身42.7m。
e0224424_03255928.jpg
e0224424_03551251.jpg

e0224424_03255832.jpg



洞窟はそこら中お猿だらけ。
その猿に群がって写真を撮りまくるひとの多いこと! 
お寺より動物、自然より動物なのだろう。

ニワトリも共存。なぜまたこんな山の上に鶏が……(飛べないのに)。
e0224424_03255817.jpg


駅を降りてすぐ左手にある Ramayana Cave(ラーマヤナ洞窟)も面白かった。
「ラーマヤナ」はインドの叙事詩で、なかなか広い洞窟内には色鮮やかな神さまたちの像が並び、物語を表現している。

e0224424_06304917.jpg


上の写真の右側に横たわる巨大な神さまが、この下の写真にあるKumbhakarna(クンバカルナ)。目の前にあるものすべて、何でもかんでも食べてしまう鬼神。

e0224424_06305080.jpg


Kumbhakarna(クンバカルナ)の兄、Ravana(ラーヴァナ)。10の頭をもつ。
e0224424_06310436.jpg
e0224424_06305032.jpg

駅から降りてすぐのところにどーんと立っているのは、顔がお猿のようなHanuman(ハヌマン)。すごく筋肉質。強く卓越し、自信に満ちた英雄として崇められているのだそう。
e0224424_03255749.jpg




Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah(ブルーモスク)

午後は、LRT「Pasar Seni」駅から#750のバスで Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Shah(通称、ブルーモスク)に向かう。ちなみに、乗り場はバスターミナルのプラットフォームB6。終点までRM30。

高速道路のような道をすっ飛ばすバスに揺られること約50分。降りた先は、多分、終点。バス停からは徒歩10分くらいかな。モスクの裏側、池がある方からぐるーーーーっとまわって入口へ。

着いた時間は16時過ぎ。ガイドブックには見学は16時までと書いてあるのだけど、入れてもらえた。
イスラム教の規律に従い、頭から体全体をすっぽり覆うかぶりものを借り(暑い……)、ガイドのおじさんに連れられてグループで中へ。
ここはマレーシア最大のモスクで、24000人を収容できるのだとか。

e0224424_06464251.jpg


ブルーモスクといえばトルコ。あのもこもこした巨大な外観は圧巻だった。中の吊り下げ式の照明やステンドグラスにただただ唖然とした。
一方、このブルーモスクは白を基調とした内装で、色んな意味で無駄がない。イスラム教だからもちろん偶像や絵の類もないし、とても清廉されてすっきりとしている。イスラムの人たちは毎週金曜日にここにやってきてお祈りするという。

e0224424_06464298.jpg




お祈りの時間と重なり(だからやっぱり入っては行けない時間帯だったのでは……)、なんと後ろの方でお祈りの見学までさせてもらえた。一緒のグループだった子たちは帰ってしまい、ガイドのおじさんは「僕、ちょっとお祈りしてくるからここで待ってて」と行ってしまったので、身を小さくして静かにお祈りが終わるのを待つ(見世物じゃないし、もちろん写真は自粛)。

何十人ものひとが一斉に跪き、頭を床にこすりつけて祈る。子供もいる。ただ、女性は後ろの方の一角にかたまっていて、「ここから先は女人禁制」という標識こそないけれど簡単な囲いがあり、中央、最前列でお祈りできる男性(と子供)とは明らかに扱いが違う。

ガイドのおじさんは「我々は女性のことをとても尊敬し、大切にしています」と言っていたけど……。それなら部屋の真ん中とか前方に入れてあげたらいいのに、なんて思ってしまう。まあ、それはまた別の論点なのかもしれない。


e0224424_06464310.jpg


それはともかく、お祈りは「特別」で「高尚」なものは何も感じなかったのが印象的。
こんな素晴らしい空間で、こんなにも大勢のひとが一斉に祈るのだから、もっと崇高で身が引き締まるような、ぴんと張った空気を想像して緊張していたくらいなのだけど、空気は相変わらず蒸し蒸しと暑いし(それにこの長袖の衣は熱がこもるのだ)、人々の動きは意外とばらばらで思い思いに淡々とこなしている感じ。
日常なんだな、と思う。

外国に行って、色んなお寺に行くとよくそんなことを思う。
宗教は日常の一部なのだ。


見学を終え、外に出たところで、またあのスコール。もうイヤ。雨宿りする場所もなく、傘をさしてみたけれど、全身ずぶ濡れ。


いつもありがとうございます。今日もカナダ情報じゃないですが……。

[PR]

# by paquila | 2018-04-08 09:44 | 【マレーシア-2018】 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【マレーシア_2018④】インドに再会+Chow Kitの巨大市場   

●リトルインディア

Brickfields、またの名を、リトル・インディア(インド街)にも参ります。

手持ちの「lonely planet」の散策ガイドを参考に、モノレールの「Tun Sambanthan」駅から出発して、ぐるぐる歩いて同じくモノレールの「KL Sentral」駅へ向かうコース。


……インドだった。
道路に牛とヤギとリキシャがいない、インドだった。
(あと、ゴミとつばも落ちてない。歩いても鼻の穴が煤で黒くならない。最高じゃないか)


ちなみに、ここが「Brickfields」と呼ばれる所以は、19世紀後半、南インドからやってきたタミル人やスリランカ人がここで都市を建設するための煉瓦(Brick)を造っていたことから。


この日は日曜で、親切なおじちゃんが一生懸命お祭り?だかパレード?だか、とにかく何かの説明をしてくれるのだけど、あまりにも訛が強すぎて何を言っているのかさっぱりわからなかったり。ちょいちょい親切なひとが親切に話しかけてくれて、にこにこして去って行くあたりもまた、インドだった。


e0224424_03113120.jpg

e0224424_03103538.jpg

e0224424_03102767.jpge0224424_03103546.jpg


ここにはヒンドゥー寺院のほかに、キリスト系の教会や中国のお寺なんかもあったりして、歩いていて楽しい。が、残念ながらお昼休み(?)だったり単純に閉まっていたりして、ほとんどのお寺は中までみる事ができず。

Sri Kandaswamy Temple / 20世紀はじめのスリランカ寺院。
立派なゴプラム!
e0224424_03095665.jpg
e0224424_03095676.jpg

Buddhist Maha Vihara /スリランカの上座部仏教のお寺。1894年、スリランカ系の民族、シンハラ人によって建てられた。大きな涅槃仏もある。
e0224424_03113363.jpg



お昼ごはんは絶対にインド料理を、できれば南インド料理を食べたいと思っていて。でも結局どこに入ればいいかわからず、よく考えたらそんなにおなかも空いていないし、でも今食べておかないとあとの予定が詰まっているし……、で、目の前のお店に入る。

英語メニューはあるものの、注文しようとしたら「あー、それはないんだ」「それもないんだ」「これにしなよ」「これでいいでしょ。ね、これにしときな」とやる気はないのに押しだけは強いインド接客に懐かしさを覚えつつ、なんだかよくわからないマサラ味の揚げたサカナなどを食べ。

要領を得ているインド人たちは、自分でおかずをとってきてなにやらおいしそうなものを手づかみで食べている。巨大なバナナの葉にのせて食べている人もいる。いいなー。メニューとにらめっこするより、指差しで「あれ」とお願いすればよかった。


e0224424_03102755.jpg

e0224424_03113277.jpg
e0224424_03113156.jpg

e0224424_03113285.jpg

Chow Kit(チョウキット)の市場

午後はChow Kit(チョウキット)へ向かう。
Bazzar Baru Chow Kit(市場)を見にいくのです。

が、バス停がわからず、道路にぽつんと立っていた中国人のおばさんに尋ねたところ、「今、夫を待っているの。夫ならわかる。夫があなたに教える」とカタコトの英語で答えてくれる。
話している間に夫が車で登場。
女性がごにょごにょと夫と話し、あれよあれよと言う間に「乗って。連れて行く」と。しかし、ふたりとも英語がカタコトすぎてチョウキット行きのバス停に連れて行ってくれるのか、チョウキットに連れて行ってくれるのかよくわからない。よくわからないけれど、乗れ乗れと言うのでおろおろしつつ乗せてもらう。


結果、チョウキット行きのバス停に連れて行ってもらえた。
ご主人がわざわざ車から降りて「あのバスだ!」と指差し、さらに自分でバスに乗り込んで運転手に「この人たち、チョウキットまで行くから!」と話をつけてくれた。なんて親切な。

が、旦那さんの親切も虚しく、バスはアナウンスはおろかバス停に標識もなく、運転手が教えてくれることももちろんなく、降り場がわからず随分通り過ぎてから降り、歩いて引き返す羽目に……。
そこら辺の子供に道を聞きつつ、ようやく市場に辿り着く頃にはもうほとんど閉まっていて、店じまい中の市場を駆け足で通り抜ける。


e0224424_08312879.jpg



移民だらけのバンクーバーでは、日本で見たことがなかった中国野菜や東南アジアの果物を買うことができるけど、お肉や魚はまた別。もこもこの「毛」がついたままの羊の皮がびろーんと売られていたりしてたまげる。お兄さんも観光客に慣れていて、「触ってみなよ。写真撮っていいよ!」とフレンドリー。買わないとわかっているだろうに、すみません……。

そして、市場を通り抜けた先で、またしてもどかんとスコール。
これ、イヤ。何の前触れもなく。


e0224424_08312868.jpg

e0224424_08313922.jpg

e0224424_08312810.jpg

e0224424_08314071.jpg


雨を写真に撮るのは難しい……。
e0224424_08315588.jpg


ちなみに、チョウキットへはモノレールでびゅーんと行くこともできる。降りる駅は「Chow Kit」。
lonely planetによると、ここら辺には市場だけじゃなく、モスクや歴史的な建築物も点在していて、歩くとなかなか面白い場所、とあるけれど、そんな時間はなく(今回の旅はこればっかり)。


いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが……。

[PR]

# by paquila | 2018-04-06 08:49 | 【マレーシア-2018】 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【マレーシア_2018③】色々思うようにいかない1日(でもまあ、いいか)~KL Bird Park   

クアラルンプール1日目は、KL Bird Park (KLバードパーク)に参ります。
駅から歩くと暑すぎて無謀だとか、タクシーかHop on Hop offバスしか移動手段がないとか、レビューで色々読んでいたのだけど、手元のガイドブック(lonely planet。どうでもいいけど35ドルもしたよ。なんでこんなに本が高いんだこの国は)にはKL City Galleryからパーク内を周遊するトラムが出ているとあったので、それを使えばいいじゃないかと。

でもネットで日本語の情報はちっとも出てこなくて。
安くてすごく便利そうなのに。英語でもなかなか紹介されていない。
現地に行けばなんとかなるかなと頼りない期待を抱いていたけれど、案の定、KL City Galleryで聞いても「うちとは関係ない。多分乗り場はあそこだと思う」とそっけなく案内されるだけ。広告や時刻表もないし、いつ来るかもわからないと。
なんだか意地になってしまって、待ってやるぞと炎天下でひたすら待ちぼうけ。
でも1時間待っても何の情報もなく……。

e0224424_03432321.jpg


仕方がないからタクシーで。

「RM20だよ」

という言い値を飲んで乗ったものの、帰りのタクシーではバードパークからセントラルマーケットまでRM12.4(+手数料RM2)。しかも高い方の青いタクシー。行きがもしかしてぼったくりだったのではという疑惑。

一応、料金の仕組みは車内に貼ってあるけれど、華麗にスルー。
e0224424_03392719.jpg


それはともかく、タクシーであっさり到着したバードパーク。
長蛇の列に並び買ったチケットはRM67(CAD22くらい)。なかなかいいお値段。
よく整備された鳥の楽園、というよりは森を利用して作った施設、という感じ。あちこちで孔雀がのしのし歩いている。

e0224424_03395147.jpg


ニワトリより大きいけれど、鳩の仲間。Victoria Crowned pigeon(オウギバト)。
e0224424_03395034.jpg

e0224424_03395035.jpg


朝からちょっとずつ予定がずれていって悶々とし、さらに暑さにやられて参ってしまったのだけど、パーク内の「Hornbill Restaurant」で100%観光客向けのマレーシア料理を食べ、果物ジュースをすすって休憩。気を良くしてまた外に出る。

Nasi Goreng(ナシ・ゴレン)。
e0224424_03430739.jpg


が、午後、突然スコールに遭う。
「あ、雨かな??」で2分後には滝のような雨という。おかげでバードショーも中止。雨宿りしつつ、ぼんやりと豪雨の森を眺めること、1時間余り。


時間ばかり過ぎていき、結局行きたかったIslamic Arts Museum(イスラム美術館)もTun Abdul Razak Heritage Park(トゥン・アブドゥル・ラザク歴史公園)のほかの施設も、National Museum(国立博物館)も断念。無念すぎる。

1987年建設のSultan Abdul Samad Building(スルタン・アブドゥル・サマド・ビル / 旧連邦事務局)。雨上がりであいにくの空模様だけれど、建物は圧巻。
e0224424_03392893.jpg

e0224424_03392962.jpg


代わりに行くつもりのなかったSentral Market(セントラルマーケット)と、Merdeka Square(ムルデカ広場)を少し見て、この日の観光はおしまい。

Masjid Jamek(ジャメ・モスク)。右奥にはKL Tower(KLタワー)。
e0224424_03392869.jpg


いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが….…。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2018-03-31 10:34 | 【マレーシア-2018】 | Comments(0)