人気ブログランキング |

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ギリシャ料理「ドルマデス」を食す:Sfinaki Greek Taverna   

エビのSouvlaki (カタカナでどう書けばよいのか……。ソブラキ? スブラキ?)が食べたくなって出かけたのは、もうすっかりおなじみの、バーナビーは Hastings@GilmoreにあるSfinaki Greek Taverna」。


これは、Arni Psito 'Kleftiko' / 骨付きラムのオーブン焼き

e0224424_04412167.jpg


うまし。これはうまし。
ほろほろほぐれるやわらかさ。臭みもない。


Dolmathes / ブドウの葉の包み焼き
おや? エビは???

e0224424_04412193.jpg


牛ひき肉とお米をブドウの葉に包んだ食べ物。
昔、トルコで食べたことがある。
日本では「ドルマ」というトルコ語の名前で知られてるんじゃないかな。
ソースは、レモンとディルのソース。一見、日本のホワイトソースのように見えるけど全然違う。欧米のクリームのこってりした感じもない。ホワイトソースを牛乳ではなく水で作ったような。

e0224424_04412157.jpg


で、エビはというと、実はひそかに「食べたことのないものを食べてみましょう」月間が続いていて、ここにきて迷って迷ってえいやっと意に反したものを食べてみた。でも、満足。


デザートに、Ekmek / ギリシャ版カスダードクリームパイ??

e0224424_04412092.jpg



もこもこの生クリームにアーモンドの食感、バニラカスタードクリーム。おいしくないわけがない。
1番下には、極細でパリパリの麺のようなもの。これはギリシャのパイ生地「フィロ」をほそーく切ってパリパリになるまでオーブンで焼いた「Kataifi」というものだそう(Food Networkで見たことある!) それをあまーいはちみつシロップに漬けてある。
おなかがいっぱいでひと口だけ味見……したけど、ひと口どころか半分はがっつり食べたかった……!! 

このお店、人当たりはいいし、お店の雰囲気もいいし、料理もおいしいのだけど、サービスが遅いのが難点。
最初の水が出てくるまでに15分も20分もかかるというのはいかがなものか。
と、ぶつぶつ言いながらも、こうして時々行ってしまうのだけど。
カナダではすべてにおいて70点くらいを合格点にしないと、どこにも行けないし、何もできないのです。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

by paquila | 2019-01-28 05:16 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 驚きの$8.95中華ランチ:Gain Wah / 新京華   

チャイナタウンに昔からある中華料理屋は、ほんとーに中国色が強くて(チャイナタウンでなくともどこでもそうなんだけど)、円卓がどどどんと並ぶ大きなハコであろうが、小さな食堂であろうが、色んな意味で敷居が高い。
忙しすぎてお店の人にガン無視される所在のなさ、これが第一関門。でも、ドアを押し開けた瞬間から「いらっしゃーい。こっちこっち」みたいに明るく迎えてくれることも、たまにはある。
それが、このお店。「Gain Wah / 新京華」(Main@Keefer)。


General Tao? Tso? Chicken / タオ(ツォ?)将軍の鶏

e0224424_05040273.jpg


いわゆる酢豚ならぬ酢鶏、みたいな料理である。でも唐辛子が入っているのでとっても辛い。
これで驚きの$8.95。今どきバンクーバーでこんな値段で一食提供しているお店があるとは。値段相応に、他のお店と比べると量は3分の2くらい(下手したら半分くらい)なのだけど、これとごはんとで充分。
ちなみに、スープもくっついてくるはずが、おばちゃん忘れたみたい。


BBQ Duck with Wonton noodle / BBQダック+ワンタン麺

e0224424_05040271.jpg


BBQポークを注文したけれども、おばちゃん間違えた(笑)。
でもまあいいや。アヒルなんてめったに食べないし。鶏みたい! 骨つきです。
ワンタンは麺の下にごろごろと。

わたくしがアヒルにかぶりついているその横で、お隣さんが、カニを注文した。
すると、どこからか銀のトレーにカニがのせられ厨房へ運ばれていく......。しばらくすると、どーんと豪快なカニ料理が出てきた。カニはバラバラにされ......。いいなあ、お昼から贅沢。←そこ


見よ、この中国の街角のような外観。
e0224424_05040339.jpg


お店は小汚く、値段は安く、チャイナタウンゆえに、中国人はともかく白人のお客さんはそれなりに小汚く(失礼)、でもこのくらいの値段でおなかいっぱいになる食堂が、やっぱり街には必要なのではと思うのだ。

本当は、このお店の並びにある韓国料理のお店(以前「Hon's」があったところ。あのお店が潰れるとは!)に行きたかったけれど、まあいいか。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

by paquila | 2019-01-25 05:29 | 【Van】Chinatown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 北米最大の(!)インド料理ビュッフェ:Tandoori Flame   

地域の情報誌ならぬ、情報サイト「Daily Hive」で以前に見かけた記事。
2018年春、デルタに北米最大のインド料理のビュッフェレストランができたのだと。というわけで、遠路はるばるデルタまで行ってきた。

Tandoori Flame the grand Indian buffet」。
ちょうどSurreyとDeltaの境目あたりにあるみたい。
Surrey=インド系が多い、くらいのざっくりすぎる知識しかなかったけれど、はっきり言ってナメていた。数のちからを。コミュニティというものを。
もう、右も左も、誰も彼もインド。聞こえてくる言葉もそっちの言葉ばっかりで、この寒いなか民族衣装のサリーで歩いている人もいるし、インド率、高し……!
レストランにいたっては、95%インド系、4%中国人、あとわたくし(アジア人)、1%白人・黒人。

e0224424_17253683.jpg



ナンやドーサをその場で焼き、お菓子職人も目の前で何やら作っている。約150種類の食べ物があるのだとか。
英語の説明がほとんどなくて、インドの料理名をアルファベットで書いたものしかないから、何が何だかわからないものが多い(「Gomaae(胡麻和え)」とか「Sunomono(酢の物)」とだけ書かれているようなもの。個人的にはあれもどうかといつも思う)。


とはいえ、カレーはバターチキンやらパラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)やらおなじみのものが色々。
珍しいのが、同じバターチキンでも、「Halal」のバターチキンも用意されていること。Halal」の食べ物をまとめた一角がある。
Halal」ってよく知らないけど、イスラム教の決まり?みたいなもので、イスラムの教えに沿った家畜、調理法で作られた食べ物……ということでいいのかな。ちなみに、両方のバターチキンを食べてみたけど味は同じだった(比べるものではないと怒られそうだ)。

e0224424_17253510.jpg


揚げ物の一角では春巻きからオニオンリング、フレンチフライ……、とよく知っているものから、かろうじてわかるインドの揚げ物、パコラ。あとはなんだかよくわからないインドの揚げ物がたくさん。
ソースの類もたくさん。何が何だかここでもわからないので、インド人の盛りつけを真似する。
ちなみに、「自分でチャツネを作りましょう」と石臼?のようなものまであってびっくりした。

e0224424_17253629.jpg


あまりココナッツが好きではないし、すり下ろしたココナッツの実はもっとニガテなのだけど、白いカレーというものが珍しくて食べてみた「海老のココナッツカレー」はおいしかった! 
それから「シェフのスペシャルメニュー」であるお豆の煮物?(つまりカレーか)もとってもおいしかった! オリーブとトマトとキヌアのサラダもボール一杯食べたいくらい気に入った。

ほとんど写っていないけど、おかわりしたオリーブとトマトとキヌアのサラダはタンドリーチキンの真下。
e0224424_17253514.jpg


食べ物のほかにもうひとつ、このお店の素晴らしいところは、お値段。
ディナーで大人ひとり$27.99(金土日。月~木だとなんと$23.99)。
素晴らしい。バンクーバーじゃ絶対にこんな値段無理だ。というか、デルタまで行けばこの値段でできることにとっても驚く。ちなみに、先日久しぶりに行ったリッチモンドの「River Rock」は、夜の平日料金で$33.95。

デザート。こんなにたくさんインドのお菓子を食べる機会など、ほかにない。
e0224424_17253585.jpg


ただ、ひとつ難点を言うとすれば、どれもこれもものすごーく塩分がきつい(逆に、インドのお菓子はものすごーく甘い)。
次の日のお昼まで口の中が塩辛くて困った。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

by paquila | 2019-01-07 18:22 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ベトナム風肉団子、謎の葉っぱ巻き:DD MAU   

稀にみる晴天続きだった秋から冬のはじめが気がつけばとうに過ぎ去り、寒さが一層身に沁みる冬である。
おうどんもお蕎麦もないので(うどんはあるにはあるけども食べる気にならないので)、仕方がないのでフォーである。……と思ってわざわざベトナム料理屋に行ったのに、何故か全然違うものを食べたお話。

チャイナタウンにある「DD MAU」にて。

e0224424_09322113.jpg


お店に1歩入ると2階まで吹き抜けの天井を埋めるのは、大きな竹細工の傘がついた幾つもの照明。細長い店内の奥まで行くとどーんと開けた空間になっていて、バーもある。半個室もある。東南アジアの屋台や食堂で見かけるようなステンレスのテーブルに小さな椅子(体の大きな白人には小さ過ぎるのでは……)。モダンで清潔で、それでいて肩肘張らない居心地いい雰囲気。


Grilled Betel Leaf Meatball Platter / 肉団子の葉っぱ巻き定食

e0224424_09322214.jpg



食べている時はもちろん、今の今まで海苔が巻かれた肉団子だと思っていたけれど、さっきメニューをよくよく見てみたら Betel Leafと。Betel Leafって何ぞや。
キンマ、という植物だった。
なんだかよくわからないけどウィキペディアによると、くちゃくちゃ噛む嗜好品だったのだとか。日本では漆の工芸品に使われたりもしたのだそう。 
……、さっぱりわからないけど、おいしかった。海苔みたいで(まだ言う)。

ちなみに、お肉は牛。牛ひき肉。
カナダでは脂肪を混ぜない赤身のひき肉が主流で、どうがんばってもあんまりおいしくならないのだけど、ちゃんと肉汁がじゅわっと出るくらい調理できるものなんだな。
真ん中のソースはアンチョビとパイナップルのソース。
ベトナム料理によく出てくるミントも食べ慣れてきた。


ところで、2018年は、個人的に手羽先にハマった年である。
(「バンクーバーの流行の食べ物2018」のひとつにフライドチキンがあるのだとか。それと並んでplant base food / fake meet、要はお肉じゃない「肉風」な食べ物?も同時にランクイン。相反する食べ物が同時に流行とは......)


DD MAU Wings / DD MAU 手羽先の唐揚げ

e0224424_09322299.jpg


やっぱり、北米系のソースまみれのべったべたなそれより、アジア系の控えめな?味つけの方がおいしいと思う。なんなら塩コショウとレモンだけでいい。

おいしかった。
そしてフォーは、後日また近所のお店に食べに行ったのでした。


いつもありがとうございます。あけましておめでとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

by paquila | 2019-01-04 10:09 | 【Van】Chinatown | Comments(0)