無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:【Van】Chinatown( 2 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大人気の手羽先を求めて:Phnom Penh   

チャイナタウンの有名なカンボジア/ベトナム料理店、行列必至のPhnom Penh」についに行ってきた。
平日の12時半すぎでほぼ満席。でもちょうど空いた席にすべりこみ。

もやしとスープはくっついてくる。
もやしはともかくスープに感激。ごろんと骨! ちょっとだけこびりついているお肉はお箸やフォークでするりとはがれる。ほとんどのお店がこうしてダシを取った骨は捨てちゃうんじゃないかな。食材を無駄にしないアジア魂がすき。

e0224424_06231730.jpg


Phnom Pen Dry Egg Noodles / カンボジアの汁なしたまご麺。

e0224424_06231843.jpg


最近ハマってるこの料理。
Hastings@Willingdonにある「Pho Tan」で初めて食べて以来、気に入ってちょくちょく食べている(「Pho Tan」もおいしい。いつかここに書こうと思いつつ、書きそびれ......)。
たまご麺だけど平たく縮れていて、結構ぱさぱさもそもそしていて、おまけに麺同士がくっついて食べにくいし、そこまでおいしい麺ではないのだけど、何故か妙に癖になる。あと2回くらい食べたら飽きる気がする。
具材は色んなお肉が少しずつ、エビと、揚げたにんにくとか。タレが底に隠れているのでかき混ぜて食べる。


豚とハムと......何かのごはんのせ。
香ばしくて醤油と香辛料で味がしっかりついた豚がおいしい。ソースがいらない。

e0224424_06231893.jpg


そしてそして。
このお店でいちばん有名なメニューが、the butter beefという薄切り牛肉の料理と......、Phnom Pen Deep Fried Chicken Wings (S) / 手羽先を揚げたやつ(小)。

e0224424_06231636.jpg


これ。これを皆食べているのね。何度も話には聞いていたし、実際周りをみればどのテーブルもこれを食べている。
納得。おいしすぎる。
にんにくと揚げ物の香ばしいにおい。外はカリカリで中はしっとり。しっかりした塩味に少しだけ甘さがある。レモンと胡椒のソースにつけてもやっぱりおいしい。
が!!
MSG(化学調味料)を使ってるのかなーという味であることはいなめず。ほんとのところはわからないけど。

ところで、北米でチキンウイングと言えば、とりあえず赤い。
あのべったりしたバーベキューソースにこってりからめられた赤いあれ。
あのべったべたのソースまみれに慣れているひとからするとこの手羽はもの足りないらしいけど、わたしはこっちの方が断然、間違いなく、絶対においしいと思う。だってそもそもタレまみれじゃないからこそこのカリカリが味わえるわけだし。ソースだらけ、ソースが多過ぎるんだよ、こっちの人が好むものって。


チャイナタウンど真ん中だけど、なまりのない英語を話す若いサーバーはてきぱきよく働く。
が、たまご麺が最初にきて、豚のごはんと手羽先がくるまで10分以上空いたのが玉にキズ。注文が通っていないのかと思った。カナダでは同席の相手と全く同じタイミングで料理がくるのが日本よりずっと普通で、だからこれほど差があるのは珍しい(やっぱり忘れられてたのかしら)。

とはいえ、また行きます。手羽先を求めて。
あとできれば人気の牛料理も食べてみたいし、Spicy Basil Clams / 貝のピリ辛バジル炒め とかパパイヤのサラダとかなんかもう色々と。Moo Moo Shake / ムームーシェイク というシェイクもたくさん種類があって気になるのです。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-12-09 07:15 | 【Van】Chinatown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ラララ、ラーメン:The Ramen Butcher   

バンクーバーには驚くほどたくさんのラーメン屋がある。
有名店の名は聞くし、新しくオープンしたその噂も耳にする。人気店の行列も見かける。そういうことは、知っている。
にもかかわらず、こんなに長く住んでいるのに、ただの1度も、1回も、どこにも、行ったことがなく、この度ようやく念願叶って、お出かけ。

記念すべきラーメンデビュー。
チャイナタウンはMain@Georgiaの「The Ramen Butcher」へ。

Classic+Ajitama+Wakame。
基本のラーメン+あじたま+わかめ

e0224424_08372403.jpg

ここのお店は豚骨ベース。
きれいな真っ白のスープは、特濃どころか、超特濃の牛乳ですかっていうくらい濃い。
びっくりしちゃった。こんなに濃い豚骨スープは日本でも食べたことがないかもしれない。
脂ぎった濃さではなく、なんといえばよいのでしょう、こっくりした、まろやかな、濃厚な牛乳みたいな、でもクリームまではいかないという。
びっくりしちゃった(2回目)。
わたしが知っていた豚骨スープなるものは、ほかのだし(魚とか鶏とか野菜とか)と割られていたのでしょう、たぶん。油もたっぷりで。
九州のひとはこういう牛乳並みの豚骨スープが標準なのだろうか。


+$3.75でミニ丼をくっつけられる。これはミニから揚げ丼。

e0224424_08394675.jpg

ところで、麺は「自家製麺(Freshly Made In-house)」とメニューに書いてある。
食べてみるとコシがあまりない小麦粉麺、という感じ。だから中華系のお店なのかなと思ったら、違った。日本の「麺屋こうじ」というグループ会社の系列だった。

これは、Green。

e0224424_08473850.jpg

基本のラーメンに、なんとバジルのペーストと粉チーズをのっけたもの。
えーー......、と思ったけれど、食べてみるとびっくりしち(略)。
この特濃スープに意外とよく合う。不思議な化学反応。
これ考えたひと、研究したのかな。よくできてる。


ところで、日本人からみたカナダのラーメン事情として、事前に予習していた情報、

・ぬるい
・割高

は、皆口をそろえて言うだけあって、その通りだと思った。
やけどするほど熱々ではなかったし、餃子(5個)とかから揚げなんかのサイドメニューが$5以上というのは、やはりちょっと割高。
さらにチップまでのるので、ただのラーメン屋で、しかもお昼ごはんで、うーん……というお会計になる。←また性懲りもなく日本と比べているわたくし。
ただ、このお店はラーメン本体のお値段はまっとうだと思う。
基本のラーメンで$8.95。

e0224424_08315957.jpg

きびきびよく働く店員さんは、皆さん日本の女性でした。
ごちそうさまでした。


いつもありがとうございます。

[PR]

by paquila | 2016-10-27 09:20 | 【Van】Chinatown | Comments(0)