無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:【台湾-2014】( 14 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【台湾】鹿港を歩く、歩く   

鹿港は、清の時代に貿易で栄えた町で、台湾でもっとも歴史が古いといわれる媽祖(まそ)廟、「天后宮」がある。

もうひとつの見所が、路地裏の古い町並み。
中国の泉州から移住してきたひとたちの町だったのだそう。

e0224424_1795096.jpg

古い建物がそのまま土産物になっているあたりは、どこの土地も同じだ。
有名な九曲巷や古市街は、日中はお店も開いているし観光客だらけで、あまり情緒も何もない。ちょっとしたテーマパークのよう。でも夕方や早朝になると途端に人が減って、誰もいない曲がりくねった道を進むうちに、本当に迷路に迷い込んだ気分になる。

「甕牆(Wong Chiang)」と呼ばれる壺がこうして屋根や塀の上に並んでいる。
昔、裕福な家では使い終わった酒の甕(かめ)を壁のように並べる習慣があったのだそう。

e0224424_1732897.jpg

e0224424_1735171.jpg

町は小さく、3~4時間あれば徒歩で主要な観光名所は見ることができる。
おまけに、あまり宿がないので、みんな台中や彰化から日帰りでくるのだろう。
(だから夕方や朝はあまり観光客がいない)
わたしは博物館でも何でも、大体ガイドブックに書いてある目安時間の1.5~2倍くらいかけて観光するので、宿泊も鹿港でとる。

e0224424_17102578.jpg

それでも、すべてを見たわけではないし、同じ場所だって朝と夜では表情は違うだろうし、というかこの迷路のような路地は一度通ったとしても、次に通るときは初めて見るような錯覚を覚えることもあるし、とにかく、噛めば噛むほど味が出るスルメのような町。

龍山寺
e0224424_1784928.jpg


e0224424_17221660.jpg



※カナダ情報じゃないですが...
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2014-05-10 01:00 | 【台湾-2014】 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【台湾】とりあえず、しかみなと(鹿港)   

久しぶりだ、この暑さ。

照りつける太陽と熱気。歩いているとじわりと汗が浮くような、蒸し暑い感覚。
ここ3年ほど日本のうだるような夏の暑さを経験していないので、このじわじわくる暑さに嬉しくなった。
そうそう、こういう感じ。

台湾の第一印象、好印象。

e0224424_173191.jpg

さて。
「台湾に行きたい」という思いはあっても、その台湾でなにを見たいのか、なにがしたいのか、航空券を買うまで考えたこともなかった。いつも空っぽの「国」ありき。

どこに行こうか定まらないまま、とりあえず日本に行く。
そして日本で「歩き方」を購入。

なんと。まさかの事実。
「ここだけは、是が非でも、なにがあっても見たい!!!!」という場所が、あまりない。
まさか、まさか、とページをめくれども、もう絶対にこれを見なければ、これだけは、どうしても見たいというものが見つからない。

e0224424_1721139.jpg

そんな中、とりあえず真っ先に決めた場所は、鹿港。
しかみなと、と書いて「Lugang(ルーガン)」と読む。
老街(ラオジエ)と呼ばれる、昔ながらの景観が残る小さな町だ。

e0224424_1792582.jpg

桃園国際空港に着いたのは朝の9時。
さすが、近い。
最初の目的地、鹿港に向かうべく、空港から台中行きの長距離バス―車体に大きく書かれた「U-bus」が目印の統聯客運―に乗って、いざ出発。240元。

台中で乗り換え。
「歩き方」の地図にあるバスターミナルに到着したものの、次の鹿港行きのバスはどうやらここからは出ていないらしい。口々に台湾語でしゃべるおっちゃんたちの様子から、なんとなくここではないことがわかる。
偶然その場に居合わせた、とっても可愛い若い女の子が巻き込まれ(?)英語で通訳してくれる。
さらに、彼女が「連れて行ってあげる」と先を歩き出した。
どの国を旅してもそうだけど、若い人は英語が堪能な人が多い。助かる。
果たして日本もそうかしら。

バス停は駅の反対側、SUBWAYの斜め前。わかりっこない。
きたのは15人乗りくらいのミニバス。鹿港まで94元。


*写真はすべて鹿港

※カナダ情報じゃないですが...
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2014-05-09 05:26 | 【台湾-2014】 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【台湾】1周1週間!たびの日程とお金   

**6泊7日で台湾1周、西まわりの日程**

●1日目<<4月10日
日本(関空)7:10発→[飛行機]→台北(桃園国際空港)→[バス]→鹿港
  【泊】鹿港

●2日目<<4月11日
鹿港→[バス]→彰化→[台鉄]→台南
  【泊】台南

●3日目<<4月12日
台南
  【泊】台南

●4日目<<4月13日
台南→[台鉄]→高雄
  【泊】高雄

●5日目<<4月14日
高雄→[台鉄]→台東→[台鉄]→台北
  【泊】台北

●6日目<<4月15日
台北
  【泊】台北

●7日目<<4月16日
台北→[飛行機]→日本(関空)22:10着

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=

**4月出発 台湾6泊7日 女ひとり 安宿個人旅行のお金**

5万円切った!!

・航空券・・・・格安航空
・宿・・・・・・・・予算は2,000円/泊 ドミトリーも平気
・食・・・・・・・・入り口にドアがあるところは、基本行かない
・交通・・・・・・公共の交通機関のみ ※高鉄(新幹線)は使わない
・観光・・・・・・主に博物館
・お土産・・・・ほんのちょっとだけ
・家から関空までの交通・・・これが高い

これらをひっくるめて、約44,000円くらい。
5万以下で1週間先進国を旅できるって、すばらしい。
[PR]

by paquila | 2014-04-21 16:46 | 【台湾-2014】 | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【台湾】大阪―台北 13,140円 そりゃ買うでしょう。   

海外旅行をするとき、いつも「ここ!」という特定の国だけは強く強く念頭にあるのだけれど、じゃあなにが見たいのか、とか、どうしてその国に行きたいのか、とか、肝心の部分がすっぽり抜けている。
その昔トルコに行ったときは、ある朝目覚めて突然「トルコ」と思い立った。
そのとき、トルコが「市」の名前なのか、「国」の名前なのかすら知らなかった。
インドも、なにがきっかけというのはなく、ある日突然「インド、インド、インド、インド」と思うようになった。


今回は、台湾。


やはり、台湾になにがあるのかまるで知らない。
果たして中国から完全に独立した国なのかどうかさえ危うい知識(でも以前旅の途中で出会った台湾人が「別の国だよ」と言っていたので、それを信じている)。
航空券をえいやっと買ってしまってから初めてガイドブックを買いに行く、というのが毎回のパターンだ。


さて。
「ピーチ航空」という風変わりな名前の格安航空会社で、クリスマスキャンペーンというのをたまたま見つけたのが去年の12月。
「次は台湾」「次は台湾」とずっと考えていたところに突如現れた、破格の値段の航空券。
「思わず」と「恐る恐る」が4:6くらいで、右手は「購入」ボタンをクリック。
大阪(関空)-台湾(台北)、往復13,140円。


なんと、東京―大阪を往復するより安い。


航空券そのものは片道4,980円というありえないような値段で、これに関空保安サービス料とかいうものが300円、空港使用料が1,200円、台湾の空港使用料が1,050円、VISAの支払い手数料(!)が630円。計13,140円。
払い戻し不可、なので、万が一行けない場合はお金をドブに捨てる気持ちで。
[PR]

by paquila | 2014-04-18 00:44 | 【台湾-2014】 | Comments(0)