無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 コロッケ係りの人、ありがとう:金魚 / Kingyo Izakaya   

最近、夜にわざわざダウンタウンまで行くのが面倒になっちゃってあれなのですが、なんだか日本食が恋しくなって、というか正直に申しますとあそこのお飲み物が恋しくなって金魚 / Kingyo Izakaya」まで行ってきました。
平日の18時ですでに半分くらい埋まっている。さすが、レビューサイト「zomato」で4.9/5という驚異的な評価を得ているだけある。


Lotus Root Agedashi / 揚げだしレンコン

e0224424_04422784.jpg


穴の中にはクリームチーズ。メニューにはブルーチーズも入っているとあったし、めんたいこも使われているはずなんだけど、両方よくわからなかった。


Grilled Pork Cheek / 豚の頬肉を焼いたやつと、Crispy Chicken Karaage / 鶏の唐揚げ

e0224424_04422620.jpg


My Ebi-Mayo / エビマヨ

e0224424_04422732.jpg


いつも同じものばかりで嫌になる。ブログを書くのも飽きてきちゃった。私はもっとお刺身とか、お寿司とかが食べたいのに。ぶつぶつ。
でもこのエビマヨ。海老がすごく大きくてぶりぶりで、この大きさにいつもしてやられる。頼む時は「えー、またこれ?」と思うのだけど、結局、「今日、何が一番おいしかったか」を振り返る時に「うーむ、……あの海老」となるのだ。


Beef Croquette / 牛肉コロッケ

e0224424_04422633.jpg


しかし、海老に負けじ劣らずのモノがここに!

コロッケってあまり外で食べるものじゃない気がする。かといって自分ではただの一度も作ったことがないから久しく食べていないのだけど、不思議といつまでも身近な食べ物なのだ。
……そう考えたとき、こんな面倒くさいものを「家で手作りを食べるもの」と認識しているわたしは、もしかするとわりと幸せな家庭で育ったのかもしれないと、まさかの人生顧みりな瞬間が訪れたり。顧みり。

そして外で食べる(または家で作ったもの以外の)コロッケとは、スーパーのお惣菜であり、居酒屋の冷凍ものであり、ほか弁に入ってるやつであり、家で食べるそれとは確実に一線を引く食べ物なのだ。

ところが!!
金魚のひとはイチから手作りしているものと思われ……!!
うちの味とちょっと違う、なんていうの、友だちに作ってもらったような。子供の頃の記憶でいうと友だちのお母さんが作ったような。そうすると友だちもまたわりと幸せな家庭だったのかと気づくような。この味の違いがむしろ、誰かが一生懸命手作りしたことを伝えてくれるような。家庭では当たり前の、つぶしたおいもに炒めた牛ひき肉を混ぜ込んでいるあたりが、より手作り感を引き立てるような。

ちなみに、3個で10.8ドルとるだけあって、中にはモッツァレラチーズがとろりと入っているし、ソースもトマトソース(もしやこれも手作りでは)という、手作りだけどレストランですので、一応、というしゅっとした感。

しみじみ感動。
コロッケ係りの人、ありがとう。コロッケ係り。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2018-11-16 04:46 | 【Van】Downtown | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 残念すぎるクリームブリュレ:Eight 1/2 Restaurant Lounge   

夏に行った「Bistro Hatzu」をおすすめした知り合いがまたしても、「グルーポンで行ってみたらすごくよくて、2回も続けて行っちゃった! あなたも是非行って感想を聞かせて!」と。
で、またしてもグルーポンを買ってのこのこ出かけた。
Main@8thの「Eight 1/2 Restaurant Lounge」である。Loungeとついている時点でお酒を飲むところだとわかるし、彼女のおすすめがなかったら行かないだろうな。以前はよくわからないままグルーポンでレストラン兼バーにも行っていたけれど、結局夜ではなくお昼に行くことも多くて、あんまり意味がないなと近年はずっと敬遠していたのだ。

さてさて。
大通りにあたるMain st.から少し中に入ったところにあるこのお店。とんがり屋根のおうちみたいで可愛らしい外観とは裏腹に、中はこじんまりしたバーのようで、わりと暗い。昼間だけど見事に男性客ばかりで、女性はわたしひとり。Main st.沿いのお店のような、地元の人間が和気藹々と集まる心地いい雰囲気もあまり感じられない。所詮は夜に飲むところだし、穴場といえばそうなのかもしれない。


水曜日はピザがどれも$10.5である。
Wild Smoked Salmon / スモークサーモンのピザ

e0224424_09501492.jpg


スモークサーモンて久しぶりに食べたなー。カナダにいるからといって、しょっちゅう食べるものでは、決してない。どうでもいいけど、メープルシロップもうちにはない。
おいしかった。個人的にはもう少しチーズが少ない方が好みだけど、そうするとたぶん他のお客さんから文句がくる。ピザだし。 


Burger / バーガー

e0224424_09501396.jpg


ベーコンと牛のパテ、チェダーチーズにレタスに「バーガーソース」。おいもはオーブン焼き(+1ドル)。
メニューの記載が「バーガー」で、ソースが「バーガーソース」。なんだかバーガーにあんまり力を入れていない気がする(笑)。
とはいえ、おいしかった。お肉がしっとりして味つけがよく、他の具とのバランスもよく。

なるほど、彼女が「おいしかったから」2度も通ったのもうなずけるなー、感想を伝えるのが楽しみだなーと思いながら、しかしグルーポンが35ドル分だったので、まだ使い切れていない。お昼だけどデザートありますかと尋ねると、「んー、あるはずだけど」と。
クリームブリュレを所望すると、何やらシェフらしきひとと奥でごにょごにょもごもご。あ、もしかして無理かなーと思ったら、これが出てきた。

e0224424_09501441.jpg


写真ではすごーくわかりにくいけど、ビン底にちょこっと。1センチくらい。イチゴを立てて高さを出そうとしたのだろうけど、そのイチゴすらカップの中に埋もれている。
日本なら、ランチのデザートで、たとえば+300円くらいでこれが出てきたら「わー、すてき。さすが日本」てなる。この量、このサイズでうなずけるし、何の文句もない。

しかし、これでなんと$8.5!

念のためスプーンはふたり分もってきたわ!」というサーバー。

し、白々しい……。
明らかにたまご液が足りなかったんだろうね。
それなら言ってくれたらいいのに。
クリームブリュレはできないけど、これとこれならできる、とか、小さいサイズしかできないから代わりにこれとこれもつけるね、とか。結構カナダのお店では事情を説明してくれて、色々融通がきくことが多いんだけど、どうやらここのお店はこれで誤魔化せると思ったみたい。というか、押し通す気満々みたい。しっかりメニュー通りの価格を当然のごとく請求された。
その上、16%のチップを上乗せしたから、と。
いや、それはいいんだけどさ……。所詮グルーポンだし。


あいにく、文句も言わず受け入れた時点でこちらの負け(でも「これが普通の量ですか? 少なくないですか?」なんていくらざっくばらんなカナダでもさすがに聞けない……)。
お店の対応ひとつで印象が180度変わる。
ごはんはおいしかった。ただ、私は2度と行きません。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2018-11-11 10:29 | 【Van】Main St. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 秋の夜長に、フォー:Pho Don (+Cirque du Soleil)   

Cirque du Soleil(シルクドソレイユ)のショー「Corteo」を観に行ってきた。
今年はPNEがあるPacific Coliseum。
帰りに小腹が空いて、その近くのSUBWAYにでも......、と思ったら、閉まってる! なのにその隣の隣のベトナム料理屋「PHO DON」は、ショーを観終わったお客さんだらけ! それにしても(この立地で)毎日午前2時まで開いてるってどういうこと! 

というわけで、秋の夜食にフォーである。
大か小か選べるところがいい。

Pare Beef & Brisket Noodle Soup / 牛肉のフォー

e0224424_07495409.jpg


写真はないけれど、ちょこっとつまんだ揚げワンタンが妙においしかった。
チキンナゲットみたいに鶏肉がみっしり詰まってて(そのせいか、匂いはケンタッキー)。


*おまけ*

「Corteo」ですが......。
去年の「Kurios」に引き続き、コスチュームやキャラクターがすごく凝っていて、物語も比較的わかりやすい。
驚いたのは、(エーゴを含めた)台詞がばんばんあること。
そりゃわかりやすいわ。シルクドソレイユじゃないみたい。
初日だったせいか、いつも楽しい本番前のミニショー(?)がすごく中途半端でなきに等しかったり、肝心の演技もミスがちょいちょい目立った。
とはいえ!
チケットを買う前はいつも「高いなあ、ぶつぶつ......」と思うのだけど、実際ショーを観ると後悔したためしがない。


e0224424_07495388.jpg


おまけのおまけ。
ところで、お隣の女の子がずーっと携帯で録画してたんだけど、いいの??? 
おとーさんは止めもせず舞台を観ていたけど。挙句、カシャ、カシャ、と写真も撮る始末。
よっぽど係りの人に言おうかと思ったけど、ふと見れば、ほかにも録画している人がひとりふたり......。
映画同様、録画は禁止です!だと思ってたんだけどなあ。
というか、なんで自分の目で観ようとしないのか不思議でしょうがない。120ドル近く払って小さな画面を必死で観てる。
どこに行っても、きれいな景色も、珍しい動物も、みんな画面を通して観て、携帯にまるっと納めて満足しているのがすごく不思議。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2018-10-12 08:06 | 【Van】East Hastings | Comments(0)