無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【マレーシア-2018①】2月、常夏の国へ   

ちょっと前のお話。


2月に旅なんて嫌です。
日本に帰ったところでやっぱり寒いし、何にもないし、寒いし(2回目)。


……あったかいところへ行きたい……!!


というわけで、マレーシアに行きましょう。
そうしましょう。
1週間くらい行きましょう。


バンクーバーから日本経由でマレーシアって。
よく考えたら遠い。地球を半周くらいするんじゃなかろうか。
しかも、その旅を計画する前に日本行きの航空券を先に買っちゃったので、マレーシアへは日本発着便を別で購入。
いつもは安い航空券を押さえ、それから安い宿を探すのだけど、今回は初めて「航空券+ホテル」という抱き合わせ商品←パッケージ を買ってみた。エクスペディア・ジャパンで。

マレーシア航空(直行便)往復と4つ星ホテル4泊分というすごーーーく贅沢な旅のお値段は、59,200円。
安くない? 
安かったのです。
エクスペディア・ジャパンの特価セールで。

ちなみに、最初はエクスペディア・カナダで探していた。
カナダドルで払うし、アカウントもあるし。
ところが、偶然エクスペディア・ジャパンで同じホテル、同じ航空券のセットを見たところ、値段が全然ちがう……!! 400ドル近く違う!! なんでだ。カナダは物価が高いとはいえ、そこまで差があるものなのか。
なんでだなんでだって調べたところ、エクスペディア・ジャパンでは「ホテル代が最大全額オフ!」という「Air+割」をしていて、カナダではやっていない。だからこの差。同じ会社なのにこんなことってあるんだねー。知らなかった。


そんなわけで、雨雨雨のバンクーバーからびゅーんと太平洋を越え、ニッポンを経由してさらに西へびゅーーーーっと。
常夏ーーーー。

e0224424_05374838.jpg


で。

バンクーバーから成田経由で大阪へたどり着き、それだけで充分へとへとなのに、さらに飛行機に乗って東南アジアへ渡り、もういいです。もう充分、となっているところに、さあもうひとがんばり、と長距離バス。なにこれ。苦行。

クアラルンプール国際空港から出ているバス(バス会社はいくつかあっていまひとつよくわからず、大きな時刻表が出ていたStarmart社に決める)で向かう先は、マラッカ(Melaka)。料金はRM35(1000円弱くらい)。
旧正月だし、予約なしで乗車券がとれるだろうかと心配していたけれど、とれた。夕方遅い時間だったからかな?

バスは18時発。
17時58分に到着したバスに乗り込もうとしたら、「これは1本前のバスだよ! 18時のは次だよ!」と言われる。
あ、こういうの久しぶり。ちなみに、1本前は確か17時半では……。


バスはびっくりするくらい大きな座席な上、座席幅がとても広く、前の人がどーんと背もたれを倒しても(要はリクライニング)不快じゃないという。足置きもあって素敵。マレーシアのバスは飲食禁止とのことで、飲み食いはできないけれど、快適快適。
ひたすら続くヤシの木の森を横目で眺めつつ、うとうとしながら2時間半ほど……。


バスが着いた先は、Melaka Sentralというバスターミナル。ここで17番の市バスに乗り換え。もう夜8時をまわっていたせいか、いつくるかわからないバスをひたすら1時間待つ。


ながーい1日を終えて、まちの中心(チャイナタウン)のお宿へ。
今回は、お宿にお金を使います。15から17世紀にマレーシアに移住してきたお金のある中華系の人たち、Peranakan(プラナカン)の邸宅として有名なホテル・プリ(Hotel Puri)。
バスタブはないし、お湯が出るまで20分かかるし、ひと昔前のエアコンは羽根すら動かないけれど、なかなか赴きあるお宿。

ホテル・プリの中庭。
e0224424_02590241.jpg

ホテル・プリの朝ごはん。皆が食べているマレーシアの麺料理。
e0224424_05381435.jpg


今日からしばらくカナダ情報じゃないですが……。
いつもありがとうございます。

[PR]

by paquila | 2018-03-27 03:03 | 【マレーシア-2018】 | Comments(0)

<< 【マレーシア_2018②】旧正... 新規開店、マレーシア料理:Gr... >>