無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【サンディエゴ3】ミッドウェイ博物館とボートで全身ずぶ濡れ   

朝からはりきって向かったのは、「USS Midway Museum」(USSミッドウェイ博物館)。
アメリカ海軍の空母で、日本が赤城、加賀、蒼龍、飛龍という4隻もの空母を失って大敗したミッドウェイ海戦から名前がつけられた。この艦自体がミッドウェイで闘ったわけではない。この艦はベトナム戦争や湾岸戦争に出たのだとか。

e0224424_08105747.jpg


でっかい……!!!

e0224424_08110108.jpg

e0224424_08105530.jpg


艦橋ツアー(The Docent led Island tour)は混むと聞いていたので朝イチに。
もと軍人のおじいちゃん方の話を聞きつつ、グループで移動。
船の一部とか複製ではなく、本物の軍艦の本物の操縦室に入り、機器に手で触れてみたり艦長の椅子に座ることもできる。
ところどころ細かい英語がついていけない部分もあったけれど、慣れた調子で話すユーモアたっぷりのおじいちゃんの話は面白い。

艦長に読んでもらうため、このボードを書く人は反対側から「鏡文字」で書いたそうですよ。
世界最強の海軍なのに、意外と地味な努力。
e0224424_08110008.jpg


印象的な話としては、アメリカ海軍で空腹を訴える(飢えに苦しむ)人間はいなかったのだそう。
食堂はいつでも開いていて、基本は1日3食。でもお腹が空けばいつでも食べることができたらしい。用意された食事もお肉に野菜にパンにとすごく……いまと変わらない。

たまご、肉、肉、肉、と食べ物がずらり。
e0224424_08105700.jpg


日本の戦争体験談では、「いつもお腹を空かせていた」とか「野菜の端切れが浮いただけの味噌汁」とかいう話をたくさん見聞きしたので、その違いに驚く。
残された家族への手当ても、アメリカの方がずっと手厚かったみたい。
そんな国を相手に戦争していたんだなあ。あんな小さな島国が。

……と、その場ではしみじみ思うところがあったけれど、よくよく考えてみたらこの艦が活躍していたのは第二次世界大戦以降なのだった。ついついミッドウェイ海戦の時代、太平洋戦争末期と重ねちゃう。まぎらわしい。

テレビや映画でしか見たことないようなごっついヘリや飛行機がわんさか。
ヘリに乗り込んだり、20人のこどもたちに混じって列に並ぶ勇気があれば、操縦席に座ったりもできる。
e0224424_08105906.jpg


艦はものすごく広くて、というか大きくて、じっくり見学すればゆうに3時間、4時間はかかりそう。
日本語のオーディオガイドは、聞き取りやすい日本語(……というと変だけど、なんというか、日本人がきちっと原稿を書いてきちっと読み上げた解説、とでもいうか。時々海外の日本語オーディオガイドは読み方が妙だったり言葉が不自然だったりするので)で、内容もわかりやすい。各部屋に文字の説明がないことはないけど、耳で聞いた方が圧倒的に情報量が違うし、無料だし、借りて良かった。

後ろに見えているのが艦橋。艦の「上」です、ここは。
e0224424_08105818.jpg



続きまして……。

Patriot Jet Boat !!(超高速船???)
ミッドウェイ博物館のすぐ近くの乗り場から。

アメリカ国旗の赤と青の船に100人くらいが1度に乗る。
大音量のノリのいい音楽がかかる中、ボートはびゅーんとミッションベイへ。
ものすごいスピードで文字通り風も波も突っ切って走る。そして、この中型船が突然ぎゅーんと360度ターン。
もう、本当に、タライ(古い)で海水を頭からかぶったくらい濡れる。
目にも鼻にも耳にも海水が。

わかりますでしょうか。白い波飛沫をあげて突っ走るボート。
乗客ほぼ全員が「フォォーーーーーーーーー!!!!」と絶叫中。
e0224424_08105678.jpg

写真がこれ↑しかないので、もう少しわかりやすい写真は公式サイトでどうぞ。

私はポンチョをかぶっていたにも関わらず、まぬけなことに頭と腕を入れる場所を間違えて着ていて、ボートがびゅーんと走って風でポンチョがめくれあがってはじめて間違いに気付いたものの、時既に遅し。右半身はポンチョなしも同然。走行中に着なおすこともできず、あわわわってなっている間にも次から次へとばしゃんばしゃん海水をかぶり(360度ターンは4回くらいある)、ポンチョの意味なし。
ついでに言うと、かばんを船内のロッカーに預けることができたのを知らず、膝の上でポンチョをかぶせて死守するも、やっぱり湿った。

ひとり$30のこのあそび。
グルーポンですでに割引になっていたところを、さらにグルーポンの50%オフキャンペーンでなんとUS$9で買えてしまった。
テーマパークのアトラクションの10倍長くて(30分)10倍リアルで10倍楽しい。間違いなく絶対おすすめ。
近年外国に行くと、フェリーでのんびり湾内を巡るハーバーツアーによく参加するのだけど、迷った末こっちを選んでよかったー。
それにしても、船長の操縦技術に脱帽。


おまけ。眼鏡っ子に忠告。
海水に浸った眼鏡は拭いても拭いても潮がとれない。どうせ高速すぎて景色なんて楽しんでる場合じゃないので、眼鏡はケースにしまって鞄に入れる、が正解。わたくしはその日夜まで白っぽい眼鏡ですごす羽目に……。

e0224424_08540533.jpg



いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが……。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-09-22 06:20 | 【アメリカ】サンディエゴ-2017 | Comments(0)

<< 【サンディエゴ4】コロナド大失敗 【サンディエゴ2】シーワールド... >>