無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 世界を食べ歩き2:Surrey Fusion Festival 2013   

毎年恒例の「Surry Fusion Festival」。
料理を中心に各国が民芸品や観光誘致でテントを飾る。

今年は快晴!

e0224424_3203591.jpg

去年も今年も日本がない! 韓国もなければ、フランスやドイツもない! なのに聞いたこともないようなどっかのアフリカの国や、島はある。
なんで? なんで? と思っていたら、なんのことはない。
Surry市主催で、Surry市のコミュニティが出店しているからだ。
「国」ありきで出店を集めているわけではなかった。

e0224424_3244027.jpg

今年も主旨は、「今後訪れる可能性が著しく低い国を中心に食しましょう」。

最初はフィジー。
どこだっけ。オーストラリアの辺り。……ざっくり。

e0224424_322659.jpg

イドリー(フィジー)のミニサンド。イドリーは、お米と豆の蒸しパン。南インドで食べられているもの、としか知らなかった。ピリ辛でおいしい。同じくフィジーの野菜のフリッターやlentil(レンズ豆)の揚げ物。日本でいうコロッケ。それから、フィリピンの野菜の春巻き。

ネパールのモモ。
ネパール版餃子。ほんとに餃子! インドのチャツネみたいなピリ辛ソースがかかっている。

e0224424_3232155.jpg

インドネシアのChiken Satay(鶏の串焼き)と焼きそば。
青空のもと、いろいろ口にして、いつも頭の片隅に浮かぶ疑念、というか違和感。
それは。

e0224424_32244100.jpg

冷めているのだ。だいたい、どれも。

そうだ。屋台といえば、「熱々」のものをほおばるもの。
たこ焼き、とうもろこし、から揚げ……。

ここでは揚げ物もなにもかも、どっさり作り置きされていて、ふにゃふにゃで冷たい。
無意識に「熱々」を期待しているじぶんに気がつき、かえって驚いた。
染み付いたニッポンのお祭り文化。

インドネシアの焼きそばなんか、惣菜が入った大きな容器の下に、なんと袋入りの冷凍コーンを敷いていた。コーンを溶かすためなのだろうけど、そりゃ惣菜も冷めますよ。

e0224424_323477.jpg

気をとりなおして、甘々デザート。
インドのアイス、Matka Kulfi。ポーランドのドーナツ。甘々のジャムがたっぷり。
いちばん下は、国の名前。トンガ。
どこ!!! 
※フィジーのご近所でした。オーストラリアの東。南太平洋に浮かぶ170余りの島々。トンガ王国。

これぞ黄色人種の鏡。台湾の…かぶりもの。
男らしい顔つきでありながら、親しみやすい微笑みを常に浮かべている。

e0224424_3234865.jpg

それにしても、こうして各国の料理を並べてみると、基本は皆同じだとしみじみ思う。

肉を焼く。
粉を練る。
具を包む。


熱々のたこ焼きをほおばる日本のお祭りが恋しい今日この頃。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村*   ちなみに、去年のFusion Festivalはこちら
[PR]

by paquila | 2013-07-28 09:00 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

<< 海の幸カレーに満足。カリブ料理... 冷めてもおいしいピザ:Ince... >>