無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【インド3日目①】初マサラドーサ   

1月8日 マハーバリプラム

早朝海辺を散歩。
波が荒く、風も強いし曇天。
やはりあまりリゾートには見えない。
地元の漁で使うのか、木彫りのカヌーが並び、漁師たちが集まって食事をしている。
そのひとたちを邪魔しないよう避けて歩き、さらに外国人の早朝散歩をねらってか、早々と物売りがうろうろしているので、これも避けて歩く。避けたところで向こうから寄ってくるので無駄な努力だ。

砂浜はゴミだらけで、さらに、今まで砂浜という場所では目にしたことのないものまで
そこら中に落ちている。牛の落し物だ。
砂浜にこんなに牛がいるのを見たことがない。
あまり海と牛をセットで見ることがないので、とても奇妙に映る。


朝食は土産物屋の2階にあるレストランで、南インド料理であるマサラドーサを食べる。
e0224424_15533298.jpg

マサラドーサは、酸味のあるクレープのような生地の中に、香辛料で味付け(わたしにとってはカレー味)されたじゃがいもがたっぷり入った食べ物で、手でちぎってサンバルとチャツネをつけて食べる。

サンバル(写真奥・手前のふたつの器)とは、野菜を香辛料で煮込んだスープのことで、
やはりわたしからすると「カレー味のスープ(スープカレー?)」だ。
チャツネ(写真奥・いちばん奥の器)は、ソースのこと。今回はペースト状のものが出てきたが、一体これが何なのかは食べてもわからなかった。

じゃがいもにはしっかり味がついているので、サンバルやチャツネをつけなくとも十分おいしく食べられるのだが、なにしろドーサが巨大なので、味に変化を加えるためにも交互につけて食べる。個人的には、生地の酸味が無ければもっと食べやすいのにと思う。


ハンモック。お昼寝用なのか、はたまた夜もこれで寝るのか……
e0224424_1612343.jpg


マハーバリプラムの観光はきのうで済んだ。
予定より1日早く、今日は次の街、ティルチーに移動することにする。
まずは、政府州観光局に行き方を聞きに行った。

南国風にゆるいかんじのおじさんがふたり。
バスでチェンガルバトゥまで行って、そこから別のバスか列車に乗り換えると良いとのこと。
ついでに、タミル語で「ありがとう」は何と言うのか尋ねてみると、喜んで教えてくれた。
「nandri(ナンドゥリー)」と言うらしい。
インドは州によって言語が違い、このマハーバリプラムを含め、約1週間旅する予定のタミルナードゥ州で使われているのがタミル語だ。その音がほかとどう違うのかはよくわからないが、文字は妙に丸い。丸文字っぽい。

thank youはどこでも通じる。英語を話せないひとにも通じる。
たいていの国は、英語だけで旅することが可能だと思う。
それでも、たったひと言でも現地の言葉を使えるといろいろ都合が良いということは、
これまでに経験済みだった。

早速「nandri」とお礼を言って、バスターミナルへ向かう。

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2011-02-02 22:30 | 【インド-2011】南インド | Comments(0)

<< 【インド3日目②】maybe ... 【インド2日目②】インドで初め... >>