無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【インド2日目①】ひとつの岩から5つの彫刻   

1月7日 マハーバリプラム


昨夜、ホテルに着いたのは0時前。
9時前に起き、シャワーを浴びる。
水しか出ない。電気もつかない……
とりあえず頭を洗って、体は濡れタオルで丁寧に拭く。

朝食はきのう飛行機から持って出てきたマフィンと水。
きのうNさんにいただいたお金を改めてみてみると、なんとRs570(約1140円!)もあった。
あの場ではばたばたしていて、まさかこんなにあるとは思わなかった。
こんな大金、どうしよう。どうしようと言ってもどうしようもないので、
大きな街に移動したら電話をかけてお礼を言おうと思う。

仕度をして、ではいよいよ外へ出ますかとドアを開けたら、
部屋の前にサルがいた。



……。



気を取り直し。
マハーバリプラムはチェンナイから南へ約60kmのところにある海沿いのとても小さい町で、見所もそれほど多くはなく、概ね歩いてまわれる。
それゆえにチェンナイから日帰りで観光に来るひとも多いらしい。
狭い範囲の安宿街は完全に観光地で、
パンジャビドレスなど、インド風の格好をした欧米人がそぞろ歩いている。





まずは世界遺産の海岸寺院(Shore Temple)に向かう。
チケット売り場には、ガイドやら何やらが手薬煉ひいて待ち受けている。
それらを振り切って中に入ってしまえば、ゆっくり歩ける。

何もないだだっ広い場所にぽつんと。
e0224424_18345674.jpg

8世紀初頭に立てられた寺院で、かつては同じような寺院がいくつかあったらしいけれど、
いまでは残っているのはこれだけ。
e0224424_18561591.jpg


e0224424_19242983.jpg


彫刻の輪郭や石の角を見てもわかる通り、どこも丸く変形しており、
かろうじて原型を留めているか否か。
海―ベンガル湾がすぐ側なので、現在もどんどん侵食されていっている。
これは寺院の敷地外、浜辺から見た寺院。

e0224424_19245542.jpg


おだやかなビーチリゾートかと思いきや、波はかなり荒く、
砂浜には漁で使うのか、木製のカヌーが並ぶ。






続いて、寺院から15分ほど歩いてファイブ・ラタ(Five Rathas)へ。
道中は、石の彫刻の店が並び、店先で男たちがコンコンと彫っている。
横目で見ていると(じっくり見ると買う気があると思われて面倒だ)上手い下手に差がある。

車道を歩いていると、「ファイブ・ラタはこちら」と書かれた標識が。
明らかに土産物屋の集落を指している。チケット売り場までの道中に土産物屋を密集させて、嫌でもそこを通らせるしくみ。道なりに歩いていっても辿り着けるはずと信じ、標識を無視してまっすぐ進む。
案の定、無事着いた。
チケットは海岸寺院と共通でRs250(約500円)。

歩き方によると、ファイブラタの邦名は「5つの石彫り寺院」。
寺院と言っても、ひとつひとつは小さい。
広場のようなところにこじんまりと5つ建っているだけだ。
e0224424_2047531.jpg

が、実はこれ。
なんとひとつの巨大な花崗岩から彫られたものだというから驚いた。

ひとつの岩を掘って彫って5つの彫刻を? 
しかも、元々全体が砂に埋もれており、それを掘り出してこの形になったという。
……想像できないというのが正直な感想。

e0224424_2051293.jpg

ゾウは実物大。
e0224424_2052659.jpg

ウシの上であそぶ遠足児童。
e0224424_20524529.jpg

ここで印象的だったのが、この女性たち。
頭に載せているのは、砂。
e0224424_2053974.jpg

風と、観光客の足によって常に遺跡にあがってしまう砂を掃いては、一箇所に集め、外へ出す。延々これを繰り返している。
なんて虚しい作業。と思う反面、
それをしなければ再び砂に埋もれてしまうのだろうかと想像する。
或いは、万人に仕事が無いインドならではの、あえて用意された「仕事」なのか。
そこのところはわからないけれど、彼女たちは延々砂を掃き、集め、運んでいた。


にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2011-02-01 20:23 | 【インド-2011】南インド | Comments(0)

<< 【インド2日目②】インドで初め... 【インド1日目②】すごいとこに... >>