無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【インド14日目①】エローラ遺跡で妖精に遭遇   

1月19日 エローラ

体調はすぐれないものの、今日はずっとたのしみにしていたエローラの石窟群に日帰りで行くのだ。
きのう出会った日本人のかんたさんは、
「アジャンターよりエローラの方がすごそうだから、良い方を後に残しておくんだ」
と、今日は先にアジャンターに向かうとのこと。わたしは逆にしてしまった。
宿からほど近いセントラルバススタンドから出ているローカルバスに乗って、小1時間(Rs22/約44円)。むかし地理で習った「デカン高原」に遺跡はある。

インドのど真ん中。デカン高原。でも遺跡のことは習わなかった。……と思う。
e0224424_157164.jpg

エローラ石窟群は、南北ヨコ一列に並ぶ岩山に彫られた石窟で、全部で34窟ある。
そのいちばんの見所が第16窟。
入場券を買う窓口から駐車場を通って石窟群へまっすぐのびる道は、ちょうど第16窟に行き着くようになっている。第1~15も、17から34も、16窟をはさんで左右に延々と並んでいる。

初期(7~8世紀※)に造られた第1~15が仏教石窟群。中期(6~9世紀※)が第16~29でヒンドゥー教石窟群。そして後期(9世紀頃※)が第30~34でジャイナ教石窟群とのこと。400年近くかけて3つの宗教がひとつの場所にコツコツと寺院を築き上げたのだから、変わっている。
※いくつかの本とネットで調べたところ、時期はごく微妙なバラつきがあった。

第16窟は「ものすごい」ということなので、あえて見ないようにして(といっても目の前にどーんとあるのだけれど)、向かって左側、第17から奥へと見ていくことにする(このとき何故素直に第1から見なかったのか、天邪鬼)。

宗教建築の知識は残念ながらまったくないけれど、ものの本によると、仏教窟とヒンドゥー教窟の大きな違いは、僧侶が住む「僧院」の有無らしい。ヒンドゥー教窟は、僧侶が修行する場所ではなく、神々を祀るために造られたということだ。
一定の距離を置いて、点々と崖に沿って彫られた石窟には、なるほど、確かに神様がずらり。

上から下まで細かい彫刻が。
とにかくどこも明暗が激しくて写真はきれいに撮れない。肉眼で見るとその細かさに圧倒。

e0224424_1545916.jpg

天井にも!!
e0224424_15453250.jpg


日が沈むまでに帰りたかったので、足早に次々と見学していくと、途中で行き止まりになってしまった。間に大きく深い川があり、先へ進めない。崖に沿ってつくられた階段で隣の崖?に行けるようにしてあったのだが、その階段が立ち入り禁止になっている。でも、見ると向かい側の崖にはちゃんとひとがいるではないか。
どうやらみんな車で周っているらしい。
そう、みんな車で、とりわけツアー客は主要なものだけを周っているのだ。
「歩き方」にも「これらの石窟をすべて見て歩くひとはあまりいない」と書いてある……。

仕方がないので引き返す。
最初の第16窟まで戻って改めて車道を行くしかないのだろうか……。
が、途中でふと崖を見上げた。

そういえば、来るときに白人の女性がインド人のガイドを連れてこの崖を登っていくのを見た(ちなみにふたりはバイクで周っており、そのバイクが道端に乗り捨てられていた)。きっとガイドが秘密の道を知っているに違いない。というか、崖の上は、川の向こうまでつながっているではないか。わざわざ迂回しなくても行けるのでは。



周囲には誰もいないし(なぜならみんな車で移動しているから)、ちょっと登ってみることにした。まさに「よじ登る」とはこのこと。インドのデカン高原で、炎天下で、ひとり崖をよじ登っているわたし。
そうは言っても、ひとが歩くための場所ではまったくなく、乾いた岩と砂、雑草でどこまで登れるのかもわからない。ちょっぴり途方に暮れた。

すると、崖のさらに上から声がした。

見るとインド人の青年がこちらを見下ろし、なにか言っている。
よくわからないけれど「あっちへ周って登ってこい」と言っているようだ。青年の指さす方へ向かうと、たしかに登りやすそうな平たい岩の場所があった。まさに天の助け! 
「ありがとう」と青年のいる場所にたどり着くと、青年は「カム、カム(come)」と言って歩き出す。どうやら案内してくれるようだ。
助けてもらっておきながら、「これはもしやガイドでは」と警戒心が働く。勝手にガイドを始めて後で法外な金額を請求するという話は日常茶飯事だ。そもそもなぜガイドがあんな、観光客など誰も行かないような崖の上で客待ちをしていたのかよくわからないが、ここはインドだ。なんでもありな国なのだ。

「森」ではなく「台地」なのでとりあえず頭上に障害物はない。
配色の具合で一見「道」のようなものに見えるが、道ではなく、ひたすら荒地。
e0224424_1655991.jpg

青年は黙ってひたすら歩く。その後を一生懸命追かけているうちに、目の前が開けた。なんと、緑のきれいな池があり、それを囲むように石窟寺院が並んでいる。

こういう景色が見れます。
e0224424_16434586.jpg

きれい。
青年が石窟を指さすので、覗き込むと、片言の英語で短い解説をしてくれた。
ここではっと思い出す。白黒はっきりさせなければ。

「助けてくれたのはとってもうれしいのだけど、わたしガイドはいらないの。
だからもしあなたがガイドなら、ここでもう結構です」
(案内してもらっておいて我ながらひどい言いぐさだ)

「僕はガイドじゃないよ」

え。ガイドじゃないの? でもたいていの悪徳インド人は、最初はみなこう言う。そして結局お金を要求するのだ。

「僕はセキュリティだ」

セキュリティ……。警備員? でも青年の格好はただの白シャツにジーンズだ。

青年はまた「カム、カム」と次の石窟へと進む。
どの寺院もとても小さく、造りも簡素だが、こんなところガイドブックに載っていなかった。しかもほかの石窟群より高い場所にあるので、とかく景色が抜群に良い。ちょっと得した気分。
ひと通りその場所の石窟を見ると、最後に青年は再び道なき道に突っ込んでいき、ある場所で立ち止まると、無言で先を指さした。

なんと、行きたくても行けなかった向こう側の寺院が遠くに見える!!

口数が少ないこともあいまって、なんだか青年がお導きの妖精かなにかに見える。
しかし、妖精も最後はこう言った。

「バクシーシ(=チップ)?」

あげない理由はなかった。

眼下に石窟寺院。中心から少し左側に柱のようなものがあるのがわかるでしょうか。
e0224424_1647327.jpg



e0224424_23221293.gifにほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

# by paquila | 2011-04-10 18:53 | 【インド-2011】西インド | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【インド13日目②】アーユルヴェーダ講座   

1月18日 アウランガーバード

今日は宿探しから始まり、とってもよく歩いて、歩き回ってへとへとになった。
こうやってときどき、先々の段取りのために1日を費やさなくてはならない。

工事現場から出てきたヤギたち。
ヤギ使いの少年が誘導してこの後目の前の道路を横断していった。
e0224424_2373290.jpg

野良ぶた...。
e0224424_23301572.jpg

コーチンから一気にここまで来た気温差に加えて、昼夜の気温差、そして日中暑くて乾いた埃っぽい土地をさんざん歩いた疲れから、どんどん風邪が悪化し、夕飯はさくっと済ませて寝てしまおうと思っていた。
ところが、妙ななりゆきで、同じホテルに泊まるインド人の男性とごはんを食べに行くことになってしまった。

日系企業のダイキンに勤めており(以下、ダイキンさん)、出張でアウランガーバードにきているとのこと。日本のことが知りたいと言い、なまじ同じ宿にいるので断りきれず……。
そうだ、1階のレストランで偶然相席になったと思えばいいんだ、と思うことにする。南インドでは相席がしょっちゅうあった。

わたしの心の計画を実行すべく、食事の場所は「夜は外出したくないから、1階のレストランが良いです」と主張。ダイキンさんとレストランに行ってみると、偶然にも日本人バックパッカー、かんたさんとメイちゃんがすでに座っていた。
実はこのふたりとは、昼間チェックインした際、ほんの少し言葉を交わしていた。
これは天の助け! ダイキンさんは日本に興味があると言っているし、きっと大勢で話した方がたのしいはず!! と、迷わず声をかける。

結果、メイちゃんはお手洗いのために先に部屋に戻ったけれど、かんたさんを1時間ほど引き止めてしまった。かんたさん、メイちゃん、その節はごめんなさい! 助かりました!



かんたさんが去った後は、アーユルヴェーダの話をいろいろと教わる。
アーユルヴェーダとは、言わずと知れた古代インドから伝わる伝統医学。ものの本によると、生命(アーユス)の科学(ヴェーダ)、という言葉が語源なのだとか。病気を治すのではなく、病気になりにくいカラダをつくることが目的で、予防医学とも言われている。
日本ではオイルマッサージやデトックスのイメージが強いけれど、こんな話をまさかインドのふつうの会社員男性から聞けるとは思わなかった。

ダイキンさんによると、どうやらアーユルヴェーダは女性向けのエステというよりは、インドにとても自然に根付いている文化で、「おばあちゃんの知恵袋」的な感覚のようだ。
××オイルと××オイルと××を混ぜると△△に効く、など知恵の宝庫。そのレシピは一体どうやって知るのかと聞くと、昔おばあちゃんに教わったというので、やはり家庭の医学だ。

なかでも驚いたのが、マスタードオイルが乾燥肌に良いというレシピ。マスタードをカラダにこすりつけることを想像して、まさかと思ってしまうが、ダイキンさんはいたって本気だ。「僕はいつも使っているよ」と男前なお顔で笑う。

食事はというと、「夜は努めてあまり食べないようにしているんだ」ととっても小食。というのもカラダのなかに無駄な養分を入れないようにするためなのだそう。無駄な養分が入ると、それを消化するためにカラダに負担がかかるし、消化しきれない分は、健康の妨げになる。
とてもシンプルで、本当に仰るとおりです。

チャパティを2枚ほどしか食べないダイキンさんを前に、じぶんもあまり箸が進まず、ほとんど残してしまった。しかも「君はインドにとってのお客さまだから」と奢っていただいたので、大変申し訳ない。こんなことなら、無駄な養分になってもいいからぜんぶ食べればよかった。



ダイキンさんは、お決まりの「結婚してるの?」は一切聞かず(これはとっても珍しい!)、「明日は何するの。今日はいまから何するの、どこ行くの」なども聞かない、本当にただの良いひとだった。そして誘ったのは向こうとはいえ、長話をして悪かったな、奢らせてしまって悪かったな、とかえってへんな罪悪感にさいなまれる羽目になった。


ダイキンさんと別れ、カラダはいよいよ熱っぽく、咳と鼻水が本格化。
幸い部屋にはベッドがふたつあったので、重いだけでゴワゴワの布団を2枚重ねて丸まって寝た。そもそもベッドに布団がついていることが、ありがたい。1泊600円なのに!

1泊600円の部屋のドアは、鍵が修繕されているものの、そもそもドアが腐っている……e0224424_22552827.jpg



e0224424_23221293.gifにほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

# by paquila | 2011-04-04 23:35 | 【インド-2011】西インド | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【インド13日目①】電話で撃退!   

1月18日 アウランガーバード

9時前に起きて、シャワーを浴びる。
なんとお湯が出た!! そしてアメニティがある。シャンプーがある!! 
美容院のそれのようにとっても良い香りがしていい気持ち。お土産に買って帰りたかったのだけど、メーカーも商品名も忘れてしまった。
昨日までの、きのこが生えそうなじめじめベッドではないし、窓とバルコニー付きで部屋は明るいし、広いし、満足。
それにしても、この街は寒い! 1日にして夏から冬になってしまった。やはりインドは広いのか。この気温差ががつんと直撃。風邪をひいた。

安宿に比べたら、超豪華ホテルのようにみえる。e0224424_20223455.jpg

10時半。部屋の電話が鳴る。
出てみると、なんとトラベルデスクのあの男。

「今日デスクに来ると言った(実際は言ってない)。何時に来るんだ。
ツアーに興味がないのか? 
行きたいところは遺跡だろう? 良いツアーがあるから……」

「わたしの話を聞いていました? ツアーに興味はないと言っているんです」

とゆっくり、強い口調で答えると、もごもご何かを言いガチャンと向こうから切った。
ただでさえ海外で電話が鳴ると「やだなあ」と尻込みする(電話の英語はとってもとっても苦手)のに、朝っぱらからなんてしつこいんだ。

その10分後、さっさと荷物をまとめてチェックアウトした。
レセプションの男は「え? もう?」と引きとめようとしたが、無視。
台帳には昨夜男が勝手に「2泊」と書いたが、どの道お金は1泊分しか払っていないので、すんなりチェックアウトできた。
トラベルデスクを見ると、無人だった。そういえばきのう後からパスポートを取りに降りたときも無人だった。きのうの夜中の勧誘といい、今朝の電話といい、ぜんぶこちらの行動に合わせてデスクについているようで気味悪い。

インドに限ったことではないかもしれないけれど、本当にじぶんたちの商売のことしか考えてないのだなあとうんざりする。夜中だろうが、こちらが長時間の移動で疲れていようがお構いなしに、まずはツアーを組ませることが最優先。中級ホテルだろうが関係なし。
ちなみにこのホテル、2010年度版の「歩き方」に掲載されている「Hotel Raviraj」。「トラベルデスクもある」とわざわざ紹介されている。



歩いて次の宿を探す。午前中だけホットシャワーが使えるという、Rs300(約600円)/泊の宿に決める。
早速洗濯。日の光がちゃんと入るし、窓も開けられるので気持ちよく干せる。

昼食は、Rice Plateと表された定食のようなもので、Rs50(約100円)。
e0224424_2043271.jpg

左から時計回りに、ダヒー(ヨーグルト)、高菜のようなマサラ、カリフラワーとじゃがいものマサラ、妙に塩辛いダール、半分隠れているベージュのものは、つぶつぶの謎の甘い食べ物。下の赤いものはアチャール(ピクルス)、パパルとチャパティ、その下にごはん。
定食だけど、もうあの大きな葉っぱではなく、銀のお盆にのっている。ここはもう南インドではないのだなあと妙に寂しくなる。


午後はひたすら歩く。
この街、暑い! この日記の冒頭には「寒い!」と真逆のことを書いたけれど、本当に昼夜の温度差が激しい。日差しがとても強く、日中は半そでで十分だ。

さて。Hotel Ravirajのしつこいトラベルデスクの男には「ツアーは興味がない」と言ったが、本当はハナからツアーを申し込むつもりでいた。
申し込みに行った先で、ついに日本人と出会った。ひとりで1ヶ月旅をするというおじいさんは、英語が苦手らしく、窓口での通訳を頼まれる。久しぶりにまともに日本語を話した。「おなかを壊した」だの「インド人はいい加減」だの、旅行中感じることは似たり寄ったりだ。
鉄道の切符を買いに行くというおじいさん。心配になり同行を申し出てみたが、ひとりで大丈夫とのことで、駅で別れた。切符はちゃんと買えただろうか。


e0224424_23221293.gifにほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

# by paquila | 2011-04-03 16:14 | 【インド-2011】西インド | Comments(0)