無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 キツラノでフライドチキン:Deacon's Corner Kits   

アメリカ南部料理があると聞いて「Deacon's Corner」キツラノ店に行ってきた。
なんだかんだ言ってダイナーだし、予約をするまでもなかろうとたかをくくって行ったら、土曜の18時ですでにひとが外にあふれている。
一瞬、途方に暮れたけれど、待っていたのは数組のグループ客で、ふたりなら席が空いていた。

小狭いとはいえ、バーまである店内にサーバーはたったひとり。
できあがった料理が窓口で並んで運ばれるのを待っている。
延々、5分も10分も(!!)待っている。冷めるじゃないか! と他人事ながらハラハラ。色々遅いけれど、気の毒になるくらいサーバーがたったひとりで必死に駆け回っているのを見たら、気長に待とうと思う。というか、むしろ自分で席を立ってお運びを手伝ってあげたいくらい。
中のシェフや皿洗い係りが出てきて手伝えばいいのになと思うけど、中は中でそれどころではないのだろう。

アメリカ南部料理で有名なのは、ジャンバラヤとかフライドチキンなど。
そんなわけで珍しくフライドチキンを食べてみる。

Pesto Mac & Goat Cheese w/ Fried Chicken。

e0224424_165148.jpg

おいしい。おいしいんだけれど、化学調味料を使っているのかなー、という味。
そしてヤギのチーズも牛のチーズもこうなってしまうとあまりよくわからないような。

Southern Fried Chicken Dinner。

e0224424_166693.jpg

大きな鶏がごろごろ。マッシュポテトとケールがついて、先のマカロニと鶏料理よりこっちの方が安いという。
ケールはカナダにくるまで見たことも聞いたこともなかった野菜。ちょっと苦くて固いので、こうしてくたくたに調理されていると食べやすい。マッシュポテトもおいしかった。

デザートは「本日のパイ」のみ。

e0224424_16102287.jpg

ブルーベリー&アップルパイと、ただのアップルパイの2種類で、選んだものは前者(アイスクリームは追加料金)。
これはおいしい。
良い意味で凝ったところは何もなく、まさに自家製といったパイ。

70年代?80年代?の看板や何やらが上手にインテリアに組み込まれていて、地元客であふれていて、気取ったところはなにもなく、なかなか居心地がいい空間。
でも、次回も食べ物を目当てにわざわざここまで足を運ぶかと言うと......、それはないかな。

バーもあるけれど、閉店は21時ですよ。
(日曜日はなんと20時)


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-08-11 08:52 | 【Van】Broadway | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 メトロタウンで飲茶!:Shanghai Elan Restaurant/上海菜館   

メトロタウンに行くときは、モールで買い物か映画に限られている。
そして、いつもお昼ごはんの場所に困る。毎回色々調べるのだけど、モールの外に行くのも面倒くさいし、モールの中のレストランはたいしたことないし、結局もうフードコートでいいか、となる。

ちなみに、お隣のクリスタルモールのフードコートはもはや「ここは中国ですね」っていうお店がずらりで、これはこれで面白い(店主がメニューの英語名を覚えていないことがあるので、たまに注文に苦労する……っていうくらい、中国色が濃い)。
そのクリスタルモールの1階、Rosser st.に面したところにある「Shanghai Elan Restaurant/上海菜館」に飲茶が少しあると聞いて、行ってみた。


お昼は飲茶一色、というわけではなく、通常メニューのすみの方にいくつか飲茶をのせている、といった程度で、数は少ないものの、飲茶初心者が頼むようなものは大抵ある。

Wonton in spicy sauce / ピリ辛ワンタン。

e0224424_11324786.jpg

これ、おいしい!!
豚肉の味がしっかりする。ピリ辛ソースもなんのその。ぱくぱく食べちゃう。
ふと見ると、厨房の一部が見えるようになっていて、おばちゃんが次から次へと餃子だかワンタンだかを作っている。工場から届いたものではなく、お店手づくりなのねー。

Beef roll / 牛肉ロール。

e0224424_113817.jpg

先日、「Peaceful Restaurant/和平飯店」で牛肉ロールという食べ物を覚えたので、ここでも試してみる。
表面がカリカリ、サクサクの生地に、牛肉ときゅうりがみっしり。テンメンジャンのような甘いソースがたっぷり。手で食べるしかなくて、ぼたぼたソースがこぼれて決して美しくはないのだけれど、お気に入り。

Shanghai style juicy pork buns / 小龍包。

e0224424_11412633.jpg

上海料理店ですよ。これは食べておかないと。
中のスープが醍醐味なのよ。これをこぼさないようにレンゲを使って上手に食べるのよ、としつこく説明したにも関わらず、同席のカナダ人はフォークでぶすっ。
あーーーーーー......、に、肉汁が......すべて......。

続いてデザート。
Pumpkin rice cakes / かぼちゃケーキ。

e0224424_11423537.jpg

これは春に上海で初めて食べて、おいしかったので。
コロッケみたいにさくさくの衣の中はもちもちのかぼちゃもち(?)。中心にはこしあん。

Sweet Shanghai cakes / 上海ケーキ。

e0224424_1143264.jpg

見た目とは裏腹に、さくさくほろほろの生地にフォークを入れると、どろっと透明のシロップみたいのが出てきた。素朴な甘さでおいしい。


この他に春巻きも頼んで飲茶4品とデザート2品で大体$40(チップ込み)くらい。まあ、フードコートに比べると倍かかる。でも1/3くらいお持ち帰りになるので、損をするというわけでもない。
単価が安い飲茶だったからこれで済んだけれど、通常メニューはちょっぴりお高め。
おいしいレストランを見つけた。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-08-08 07:00 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 モントリオールスタイル・ミートをハッシュで食べる:Tangent Cafe   

我ながらなんこっちゃというタイトルですが。

Commercial Drive@5thにあるレストラン、「Tangent Cafe」にお昼を食べに行ってきた。
カナディアン+マレーシア料理という変わったコンセプトのお店で、木を基調にした店内は、内装、特に壁のデザインが凝っていてすごく素敵。20代~40代くらいのカップルや友だち同士がわいわい集まってお酒とごはんを楽しむ場所、といった感じ。

e0224424_764469.jpg

週末は通常のランチメニューを出さないようで、朝ごはんメニューから選ぶ。
マレーシアバーガーを試そうと思っていたのに、残念。
というわけで、ごく普通のいつもの朝ごはん。

CLASSIC BREAKFAST with chorizo
よく見れば、たまごのひとつが双子。
e0224424_6472094.jpg

SMOKED MEAT HASH

e0224424_6515417.jpg

細かく刻んだMontréal-style smoked brisket(モントリオールスタイル・スモークミート)がたくさん入っている。じゃがいもはカリカリ、レッドペッパー(赤パプリカ)の食感も良く、おいしい。

ちなみに、モントリオールスタイル・スモークミートとは、脂身が少なめの牛肉の固まりをしっかり味付けして、寝かせて、燻製にしたもの。モントリオールはカナダの東の方の大きな街ですね。わたしは食べたことがないけれど、これをみっしりパンの間に挟んで食べるサンドイッチが有名らしい。


さて。
書こうかどうしようか。
ちょっとネガティブな体験談は興味のある方だけ続きでどうぞ。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

つづき<<<蟻だらけ
[PR]

by paquila | 2016-08-04 07:30 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 気品漂うタイ料理屋でお祝いランチ:Sala Thai   

Burrard St.に昔からある有名なタイ料理屋さん「Sala Thai」。
行きたい行きたいと思いつつずっと行く機会がなくて、この度ようやく。
ちょっとしたお祝いをしに。

とっても広い店内は、重厚な木製の調度類と素敵なタイの絵があちこちに飾られている(特にバーの側の壁にかかる巨大な木彫り象の頭は見もの)。真っ白い制服を着た紳士的なサーバーも巷の家族経営の小さな路面店とは一線を画す。


SALATHAI SPRING ROLLS / 春巻き
ちょっとボケてますが……。
e0224424_5532792.jpg

日本の春巻きのように太くて具沢山。vermicelliというビーフン?のような麺が入っているので、余計に日本のそれに近い。

GAENG MUSSAMUN

e0224424_621163.jpg

レッドカレーでもイエローカレーでもグリーンカレーでもない、MUSSAMUN(英語ですら正しく発音できない。果たしてカタカナでどう発音すればよいのか……)というカレー。 MUSSAMUNはイスラムを指し、ペルシャ(アラブという説も)が由来のカレーとのこと。ちなみに、GAENGは「タイカレー」と訳すらしい。
じゃがいも入りで、こっくり濃厚なココナッツクリームたっぷりの比較的甘いカレー。

PAD THAI / パッタイ

e0224424_6111023.jpg

ここ1、2年はタイ料理屋に入ってもパッタイは避けていた。なんというか、嫌いじゃないけど飽きたというか。ところが、周りから影響されやすいわたし。テレビでパッタイを見てお祝いにタイ料理、というかパッタイを食べることを決めたという(本当はKEGかJOEYにでも行こうと思っていたのに)。
とってもおいしゅうございました。

ところでタイ料理屋さんに必ずある「調味料4点セット」がなかったけれど、タイ人は「あれ持ってきて」とか言うのだろうか。小慣れた感じで。こういう高級店は無いのが普通なのかな。

普段は大衆食堂といった感じの小さなタイ料理屋さんばかり行く。
でもたまにはこういうちょっとレベルが高いお店も良いなあ。お酒もおいしかったし。
ただ、週末はランチメニューがないので、お昼なのに$60もしましたよ……。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-08-02 06:39 | 【Van】Downtown | Comments(0)