無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:★国内旅行もきらいでした( 12 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 マボロシの定食 in 島根と、めくるめく美食のキロク 2017   

日本で「いちばん」おいしかったもの。それは、
めくるめく「これぞ日本」な美食の数々……、

おでんは練り物が醍醐味よね。
e0224424_08084318.jpg


ではなく。
素晴らしき海の幸……、

くじらを食べてしまいました(写真上・右)。牛肉みたいな味と食感。
e0224424_08084038.jpg


でもなく。

島根は江津、とある居酒屋の定食。
これがいちばん心に残るごはんとなった。

e0224424_08083785.jpg



とある……、というのも、ネットで名前が出てこないのだ。まったく。
こんなにおいしいものを出すお店ならさぞ地元の人気店なのだろうと、後日ネットで調べてみるも、手書きの旅メモに残した店名が間違っていたのか、まったくヒットしない。タウンページにもそれらしきお店は載っていない。それどころか、地図にもない不思議。


6席くらいしかないカウンターのみの小さな呑み屋で、女性ひとりで切り盛りしているあのお店。
お酒ではなく、食事がしたいのですがと断って、遅い時間にお邪魔した。
壁の手書きメニューしかなく、迷った末に幾つか注文しようとすると「あら、お食事と聞いたので定食の準備を始めていますが」と朗らかに。「え、定食があるんですか」と有難く座って待つこと10分少々。
次々とお盆に器が並んでいく。

お魚の照り焼き、おでん、きんぴらごぼう、ポテトサラダに具沢山なお味噌汁、白菜の浅漬け……。
「家庭料理しかできないもので……」と謙遜するおかみさんを、大絶賛するわたくし。どれもこれも本当においしすぎます。


わたしは普段、家庭料理とかおふくろの味とかいうものを外食に求めない。
お金を払うのだから、きちんと料理を勉強して技術を磨いたプロが作るものを食べたい、と思う(とか言いながら、安いチェーンの居酒屋にもよく行くのだけど)。
でもここにきて初めて、なんとおいしい家庭料理!! 
心から驚いた。
うまく言えないし、それが適切な表現なのか迷ってしまうけれど、「家(母)のごはんの次においしい」とでもいうか。
でもほんとはちょっと「家よりおいしい」かもしれない。

それにしても、真っ暗な夜道で見つけたあのお店、いまとなっては二度と見つけられないような。一体何だったのでしょう……。


なにこの選択肢。素晴らしき駅弁のセカイ。
e0224424_08083852.jpg


出雲の割り子そば、秋芳洞のかっぱそば、錦帯橋で見つけた岩国寿司やレンコンそばなどなど、名物料理もしっかり食べて、今回もおなかいっぱいの日本滞在。
ああまたカナダ……、と悲しみに暮れた復路で最後に食した日本食は。

まさかの、くまもん。
まさかの、太平燕(タイピーエン)。

e0224424_08083931.jpg


いつものサンドイッチだったらもはや食べずに、林檎だけかじって戻そうかなと思っていたのだけど、このタイミングでまさか温かい料理が出てくるとは。
「くまもとサプライズ」に驚いた。

去年熊本に行ったときも、その前に熊本に行ったときも食べ損ねた、熊本名物。ひと言でいうと、春雨スープ。

熊本の有名店「紅蘭亭」監修とのこと。
まんなかのハコを開けると焼きおにぎり(!)が入っていて、まずそれをどかし、隣のサラダの上にのっかっている揚げたまごをハコの中に入れて、食べる。具を食べ終わったら、残ったスープにとっておいた焼きおにぎりを入れて(!!)食べる。
日本航空、やるな。


そんなこんなで、写真を振り返りながら母国ニッポンの余韻に浸りつつ。ホームシックを慰めるわたくし。
次回からはバンクーバーごはんに戻りますよ。


いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが……。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-02-21 09:32 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【山陰・山陽②】JRで(無理やり)ぐるっと中国地方の旅 2017   

山口の秋芳洞は、山口駅からJRバスで。

ところで、JRの路線バスはジャパンレールパスが使えるけれど、「山陽・山陰エリアパス」だと適用外とのこと。もう、JRパスの規定、もう少し統一してほしい。ただでさえ「あれは使えてこれは駄目」というルールがややこしいというのに。


秋芳洞。天地逆さまのようにも見えるけれど、下の青い光のもとに立つ「点」のような黒影がひとだ。
e0224424_08311252.jpg


路線バスの道中には湯田温泉。
ここを拠点にしても良かったな。
やはり旅の調べ物は本に限る、と思う。ネットは本と比べると深く突っ込んで調べることはできるけれど(たとえば地方の時刻表やレビューなど)、まったく知らないことに対し、受動的にかまえて入ってくるものは少ない。

関門海峡は人道トンネルを歩いて九州まで。
和布刈(めかり)神社をお参りして引き返す。
e0224424_08322232.jpg


下関も駆け足でちょこっと。
ここでは「ふぐ」を「ふく」と言うみたい。
「ふく」って、かわいくてへいわな響き。

e0224424_08314807.jpg


最後に山口の東の端、岩国にも寄って、旅は終わる。
これが見たかったのだ。
鏡帯橋(きんたいきょう)。

e0224424_08325463.jpg


春はまだ先だし、梅にも早過ぎる。完全に冬、ということでひとはまばら。
おまけに、岩国城へのぼるロープウエーは訪れたその日から冬の運休期間突入。
えーーー、そんな……。

まあ、しょうがない。

とりあえず、100種類のアイスクリームで有名な「むさし」にて、真冬にソフトクリームを外で食べる。

無難に、いちごチョコレート。
e0224424_08333665.jpg


バンクーバーには400種類のアイスクリームのお店があるけど、結局選ぶのは「お金出して食べたい味」。
すなわち、「絶対おいしいに決まってる味」。
冒険心ゼロ。




今回は7日で計6ケ所。ちょっと駆け足過ぎた。

それにしても、と改めて思う。
こんな小さな島国に、「ほかと違う」見所がてんこ盛り。
ご当地キャラだの、名物料理だの。
若干、無理くり作り出した感が否めないものも中にはあるけれど、ひとを呼び込もうとがんばってるなあと、しみじみ思う。

時々、カナダの人から「前に日本に行ったことあるよ」とか「今度日本に行こうと思ってるんだ」とか聞くことがある。
その度に「え、なんでまた、よりにもよってあんな小さな島国に。お隣は? 中国は? 広いよ? 歴史長いよ? 食べ物おいしいよ?」と言ってしまうわたくし。
わたしが外国人ならあんなちっちゃい国、選ばないけどな。

で・も。
海外に住み、生まれて初めて愛国心が芽生えてしまったので、もういまから次の旅のことを考えていたりする。
東北周遊かなあ。
北海道。沖縄は車がないと無理かしら。
あ、そろそろ関東の友人たちにも会いに行かねば……。


誰もいないのをいいことに、宍道湖のほとりでひとり「命」(ゴルゴ)をやるわたくし。
ウソです。
e0224424_09323506.jpg



いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが……。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-02-16 09:42 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【山陰・山陽①】JRで(無理やり)ぐるっと中国地方の旅 2017   

ご存知の通り、日本国籍者はジャパンレールパスが春以降使えなくなるので、最後にもう1度がっつりと。
山陽・山陰地方を駆け足で、1週間で、ぐるっと。


調べてはじめて気がついた。
この地域、車がないと、不便だ……!!
でも根性と時刻表で乗り切るのだ。
最近はどんなに小さな町でも、公共交通機関の時刻表を調べることができる。すごいな、日本。


しょっぱなから姫路に寄り道した後、特急「やくも」で岡山を抜けて島根へ!

松江城。天守は国宝。
e0224424_07564011.jpg


島根の何がすごいって、「外国人割引き」がそこかしこであるのだ。
入場料が半額、というのも多いので、外国籍をもっているひとはとても得をする。
逆に海外でときに法外な「外国人料金」にうんざりさせられてきた(?)わたしとしては、日本、やさしいな、すごいな、いい国だな、と。
というか島根が。島根がやさしい。ひとも街もどこかのんびりしていて。

日本海!
e0224424_07570303.jpg

出雲大社でお参り。カナダで病気になりませんように。
e0224424_07521566.jpg


愚かなことに電車にカメラを忘れ、慌てて駅長室に向かうも、なんと夜7時以降は無人改札。
田舎の洗礼に泣きながら、緊急連絡先に電話。
すると、あちこち連絡を取り合って、あっと言う間にカメラを見つけてくれた。
ただし、もう窓口は閉まっているので翌朝指定の駅まで取りにきてくださいと。
行きます、行きますとも。

一方、比較的安全と言われる海を越えたこの国では……。
カフェで手袋を置き忘れた。
お店を出て3分。気がついて走って戻るが、もちろん、もうない。
店員も知るわけがなく。←基本じぶんの仕事以外のことは知らん顔のヒトタチ。
海外ではものを手放したが最後、9割、いやそれ以上の確率で戻ってこない。だから、日本はすごいと思うのだ。
「普通のひとは『他人のものを盗らない』」という、この基本姿勢。

宍道湖!
e0224424_07572976.jpg


松江、出雲をみたあとは、岡山に引き返し、新幹線で山口へ。
秋芳洞に行くのだ。
島根から山口に抜けるルートでいちばん乗り換えが少ない「スーパーおき」は、とにかく本数が少なく、やむなく引き返して山陽本線を西へ向かう方が早かったという。

<写真左下>出雲大社付近の公衆トイレでみかけた「こちら側が女性用ですよ」の表示。
e0224424_07504095.jpg



いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが……。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-02-15 08:46 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【大阪・京都】お正月、ニッポン!2017   

カナダのあってないようなお正月に年々嫌気が差し、哀しくなる一方なので、思い切って年末年始を日本で過ごすことにした。
なんてことはない、2016年は航空券が安かったのだ。


吹雪のバンクーバーから、青空広がるニッポンへ!


真夜中の地元の神社からはじまり、京都は大原神社、長岡天満宮にてお参り。
それから行く先々で目にした寺社仏閣に飛び込み、今年分はもちろんのこと、この先5年分くらいしっかりじっくりお祈りする。
祈り貯め。

e0224424_16034781.jpg


念願のおせちを食べ、お雑煮も食べ、コタツでおみかんむきむき。
ピコ太郎さんという存在を初めて知り、衝撃を受ける。
毎回帰ってくるたびに必ず何かが流行っていて、次に帰るときには消えているという。
そして皆、口をそろえて「あー、いたねそんなの、そういえば」と言うのだ。

お取り寄せしたおせち料理。
e0224424_16042090.jpg


下まつ毛ありのキティちゃんとか(そして「yoshikitty」など、キティちゃんの幅広さとか)、スタバの「チョコラティ・バナナ・ココ」とか、笑うほど高いのにちゃっかり乗ったエキスポシティの観覧車とか、今年も色々あそび尽くした日々。

e0224424_16045167.jpg

それでも年々、帰るたびに知らない日本が増えていって、どんどんどんどん浦島さんになっていく寂しさといったら。

おみくじは、末吉。
自然に生かされていることを知れ。見栄を張るな。
e0224424_08240037.jpg



今年もありがとう。
忙しい中、会ってくれて。
またどうぞよろしく。お願いします。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-02-12 09:06 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(2)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【大阪・天王寺】「モクモク直営農場レストランお日さまのえがお」と日本ごはん   

友だちの彼氏であるKくんおすすめのお店、大阪は天王寺、あべのハルカスの13階自然食ビュッフェ「モクモク直営農場レストラン お日さまのえがお」に行ってきた。
大阪。そう、春は日本に帰っていたのであります。


店員さんは丁寧な説明の最後に、「手を合わせていただきます」をして去っていく。
食べ物もない状態で「いただきます」をするわたくしたち。
宗教的なものではないとはいえ、これ、外国のお客さんにもやらせるのだろうか。
とはいえ、個人的には「手を合わせていただきます」は心地がいい。カナダでは外食時に堂々とそれをやるとやっぱりヘンなので、ぱっと、さっと、つぶやく程度で済ませてしまうけれど(日本人と一緒に食べるときは別として)。


それはそうと、店内のあちこちに小学生くらいあろうかという豚さんと牛さんが。

e0224424_17355044.jpg

野菜中心のおばんざいの数々。そして、その場で握ってもらえるおにぎり。自家製のハムやソーセージに、店内で焼いたパン。とろとろの角煮や鶏の味噌焼きなんかの肉類も少々。
野菜料理は塩分控えめの精進料理というわけではなく、意外と味は濃く、男性やこどもでも食べやすい味付け。

e0224424_1742335.jpg

新鮮な野菜につけて食べるのは、日本らしいこっくりしたマヨネーズと、とってもなめらかで野菜の味を絶対に邪魔しないにんじんドレッシング!

e0224424_17423563.jpg

日本は本当にビュッフェ式レストランや食べ放題が多い。なんとKFCの食べ放題まで見かけた。
ディナーでもカナダのランチ並みに安くて、凝っていて、何よりおいしい。
チップもいらないし、それでいて接客は丁寧で親切だし。
いいなー、いいなー。ないものねだり。



日本では、お寿司も食べた。
和菓子も食べた。
洋菓子だって食べた。
(デパ地下スイーツはずいぶん値上がりしたなあと思う反面、コンビニスイーツ、スーパーのスイーツのクオリティに驚愕)


とりわけ「旬にこだわる」という点が、カナダとまったく違う日本の食文化。
いちごが出はじめ、春キャベツに新たまねぎ。
季節が違うけれどどうしても食べたくて、うなぎも食べた。さんまも食べた。

主役を張れる天ぷらがついついかすんでしまう、にぎり寿司の貫禄。
e0224424_17443110.jpg

「前菜の盛り合わせ」の盛られた種類が多過ぎて涙。
e0224424_1746280.jpg

日本のケーキの小ささに、いささか不便を感じてしまう今日この頃。
e0224424_17472278.jpg

カナダの皆さん、信じられますか。デニーズですよ、これ!!
e0224424_1747583.jpg

コンビニ食に好奇心が止まらない。
e0224424_1749031.jpg

こんなものが欲しかったシリーズ~見よ、「予約席」のみならず「アイルビーライトバック(すぐに戻ります)」カードまで! 
ひとりで安心してお手洗いに行けるシステムに涙。「Tully's」にて。

e0224424_17495995.jpg

安くておいしい食べ物と、尽きないおしゃべり。
前はもっとこの手の中にあったのに。手を伸ばせば簡単に引き寄せられたのに。
自分から手放しておいて、でも捨てたかったわけじゃない。
これを楽しみに、カナダでまたがんばるよ。


ごちそうさまでした。大変おいしゅうございました。合掌。
(Kくんありがとう)


いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが...。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-04-26 18:24 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【京都】西本願寺~JR京都駅周辺寺めぐり   

地図をみて気がついた。
JR京都駅周辺、徒歩圏内にお寺があるではないか。

駅の近場で「観光」したい。
いやいや、「拝み」たい。
日ごろの「邪」を祓うのです。

というわけで駅から北西へ歩く。15分か20分くらい。堀川通沿いにあるのは、西本願寺。
世界遺産「古都京都の文化財」のなかのひとつ。
阿弥陀堂(本堂)と御影堂は重要文化財。

写真左下は西本願寺国宝の唐門。極彩。
e0224424_15275918.jpg

西本願寺の東側は門前町。細い道沿いに仏具店が並ぶ。
その先には赤レンガの洋風建築の上にドーム上の屋根がのっかった、本願寺伝道院。
さらにてくてく東へ歩いて歩いて、東本願寺。
阿弥陀堂の屋根の修復工事中で、全体像は見れず(2014年3月現在)。
鴨川の向こう、三十三間堂も見にいこうとしたけれど、残念ながら時間切れ。
なんだかんだで、行き当たりばったり。

本願寺伝道院。
e0224424_1528228.jpg

スペイン料理「バル アンド カフェ リコ」は京都伊勢丹の11階。
最近無性に気になりだした赤ワインを飲みながら。
※今サイトを調べてみたら、2014年5月6日(火)をもって、閉店するのだそう。

写真左下はおまけ。西だったか東だったかの本願寺にて。
e0224424_15284359.jpg

「いつでも行ける」と思って実は一度も行ったことがない場所が多い。
「いつでも行けたのに」で十数年。
まだまだこれから。
ちょいちょい機会を作りましょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2014-05-02 15:54 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【城崎】日帰り、城崎食べ歩き   

ちょっと前のお話、もうひとつ。
かにを食べに城崎へ。

と、その前に。
但馬牛のコロッケとあらば試食をし。
おかきの工場に行っては、数十種類のおかきをひたすら試食し(一度にこんなにも多くの種類のおかきを食べたのは人生で初だ)。

e0224424_10171597.jpg

ほどよくお腹がいっぱいな気がしでもないが、ここで本命の登場。
かに。
無言でひたすら殻を割る。一心不乱に身をかき出す。
食べ方は3種類。焼き、湯で、鍋。
焼きがにの身の甘いこと!!

e0224424_10175696.jpg

食後は、甘いものも欠かせない。
城崎温泉をぶらぶらしつつ、ソフトクリームを食べ、ぷりんも食べてみたりして。
帰り道には、但馬牛のサンドイッチも堪能して、ようやくごちそうさま。

*右下のサンドイッチの写真は借り物。
e0224424_10185373.jpg


連れて行ってくれて、ありがとう。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2013-04-29 10:30 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【京都】桜にはまだ早く、清水寺   

ちょっと前のお話。

e0224424_6333795.jpg

京都、3月。
桜にはまだ早く、曇天に冬の枯れ木を残したままの清水寺。
これが一面桜にかわることを想像しながら。

三年坂で抹茶パフェ、1,000円。
1689年創業の「本家西尾八ツ橋」にて。

e0224424_6335717.jpg

パフェを食べている間に日も暮れて。
ライトアップされた京の街並みに向けられる、カメラカメラカメラ。

e0224424_6343982.jpg

ひとはもう、レンズ越しにしかものを見ないかと思うほどに。

e0224424_6345325.jpg

木屋町通りから河原町通りに抜ける細道にある「忍庵(しのぶあん)」で創作和食。
京漬物に、お造り、湯豆腐と。

e0224424_6353543.jpg

完全個室、畳にちゃぶ台は、延々居ついてしまう居心地の良さ。

さらに梯子して、スペイン料理。
蛸のオイル煮。
蛸は、カナダでは滅多にお目にかかれない食材のひとつだ。

e0224424_6354616.jpg

おいしいものを食べて、飲んで、後に残りもしない他愛もない話を延々と。
ないものねだりの春。

e0224424_6361819.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2013-04-11 07:18 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【京都】京都でワッフル、京都でデニッシュ。   

「国内旅行もきらいでした」をもう1件。

京都。
平日休日問わず、いつも混んでいて、とりわけ休日は、足を休める場所を探すためにさらに歩く。ひたすら歩く。

ところが、買い物や観光のどまんなかからすこし外れた、京都は烏丸御池にひっそりたたずむカフェを発見。
看板を眺めてみると、ワッフルに特化しているようで。
繭cafe」。築80年という京町屋を改装したとのこと。 小さな店内の大きなガラス窓からは、中庭を眺めることができる。

数種類あるワッフルの中から、黒ゴマ。
黒ゴマ+はちみつ+バター。飲み物をつけて900円。+100円でジェラートもつけることができる。

e0224424_5365887.jpg

あれ? ワッフル、おいしい。
正直あまり好きではなかった。べたべたしているし、やたら甘いし。
でもそういうものでもないのだと、発見。
パンケーキより表面がさくさくしていて、バターもはちみつも好きな量をかけることができて。バターだけで食べても十分おいしい。
おやつにしては、意外とどーんと大きいものが出てきたところも良い意味でびっくり。

e0224424_5355118.jpg

運営会社は、明治38年創業(!!)という染色のお店、丸益西村屋さん。
こちらのカフェに加えて、ギャラリーや、京友禅体験工房を一箇所でこじんまりと営まれている。場所は、烏丸御池から二条へ向かう、御池通の途中、小川通を入ったところ。

e0224424_5344911.jpg






京都でもう1軒。
こちらはひとでごった返す寺町三条の近く、「ル・グランマーブル カフェ クラッセ」。「デニッシュ」を提供しているお店。

デニッシュといえば、パンの部類だろう。それをおやつとして食べるのか?
というのは先入観で、まあ、パンといえばパンなのだけど、パンとケーキの間というか。こちらも新たな発見。

人気のマーブルデニッシュ。
手前が季節ものの苺フロマージュ。こんな風に、とってもきれいに着飾られて出てくる。

※写真は同席した旧友撮影のものを拝借(じぶんはカメラを忘れ……)。e0224424_549122.jpg

そもそも「GLAND MARBLE」という有名なマーブルデニッシュの会社(京都発足)が運営するカフェだと知ったのは、帰宅してwebサイトを見てからのこと。店内で販売されている持ち帰り用のデニッシュを眺めながら「ここ(三条)にしか売っていないのかな」なんて話していたら、実はあちこちの百貨店に入っているようなお店だった。

カフェの場所は、三条通御幸町西北角、三条ありもとビル1F。
[PR]

by paquila | 2012-05-31 06:03 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【飛騨高山3】飛騨牛って、おいしい。   

日本の旅館は、食事つきが多い。
知らない土地で、散々観光した後に食事の場所を探すのは手間だ。その点食事つきにしてしまえば、旬のもの、土地のものを織り交ぜて適当にふるまってくれるので、楽でいい。

自己主張が強い欧米人にとっては、好きなものを選べないし、ろくな説明もないままわけがわからないものが出てくる(もちろん口頭で説明してくれるし、お品書きも渡されるけれど、欧米のメニューの書きかたに比べると簡素だ)ので、あちらの国ではこういったやり方は根付かないのだろう。

それはそうと、こちらは『旅館清龍』の夕食。
飛騨牛のしゃぶしゃぶに、霜降り飛騨牛のステーキ。

e0224424_14393162.jpg
e0224424_14391265.jpg

それはもう、驚くほどおいしくて。やわらかくてほどよく脂がのっていて。
100g100円の牛肉とこれほど違うものなのかと。
このところ、肉料理といえば、ずっとカナダの固まり肉か、チャイニーズ系のぶつ切り肉を食べていたので、超薄切りの二切れ、三切れしかない、この量もしみじみうれしく思う。

海のもの、山のものをまんべんなく味わう会席。デザート3種盛りつき。
e0224424_14401015.jpg

あまりきれいに撮れていないけれど、こちらも『旅館清龍』の朝ご飯。
一品一品が丁寧。これに白ごはんとお味噌汁がつく。

e0224424_14473196.jpg




もう一軒。『高山桜庵』。
トリップアドバイザーでも堂々1位の高い評価のお宿。朝は地のものが並ぶ、和食中心のバイキング。品数豊富で、飲み物も多数。
夜は前半が定食。後半がバイキング。前菜と飛騨牛ステーキなどが先に出され、天ぷらやデザートのバイキングがついている。ここの飛騨牛もとろけるおいしさ。
残念ながら、すべて写真を撮り忘れ……。
[PR]

by paquila | 2012-05-03 15:03 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)