無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:【Van】地域いろいろ( 14 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【番外編】Steveston Salmon Festival 2017   

7月1日カナダデーのお話。
今年は建国150周年。
ダウンタウンの人ごみは避けて、はるばるスティーブストンまで出かけてみた。
初めてサーモンフェスティバルを見に。

ダウンタウンに比べると人出もそこまで多くなく、公園で遊んでいたり、芝生に寝転がっていたり、全体的にのんびり、まったりした感じがいい。
肝心のサーモンは、噂どおり長蛇の列。100人以上並んでいたのでは。カナダでここまで長い列を見ることも珍しい。パンとサラダと鮭で16ドル。焼いているところを見て満足したので、お昼は別のところで。

豪快に焼かれる鮭。
e0224424_06163001.jpg


まったく下調べをせずに行ったので、とりあえずそこにあったフードトラックでギリシャのDoner Chicken Sandwich。ピタパンでレタスとお肉をぐるっと巻いたあれ。

ところが、海の側まで行くと素敵なシーフードレストランが軒を連ねているではありませんか!
ちょっと我慢してここで食べればよかった。
サンドイッチなんか食べるんじゃなかった。←もうこの時点でお祭りはどうでもよく、スティーブストンの魅力に浮き浮き。

【写真右下】これまで見たどの支店よりダントツで外装が素敵なWaves。
e0224424_06162484.jpg
e0224424_06162601.jpg
e0224424_06162540.jpg
うにに群がる人々。
e0224424_06414982.jpg
e0224424_06162636.jpg

カラフルで可愛らしい建物が多く、どこを切り取っても絵になるこじんまりとした街。
前々から1度来たかったのだ。
テレビドラマ「Once Upon a Time」のロケ地めぐりに!
でも今日はお祭りなのでそれはまた別の機会に。

e0224424_06162842.jpg
e0224424_06162794.jpg

めちゃくちゃ日差しがきつくて、そのわりにちっとも汗をかかないというカナダの夏に油断していたら、首の後ろが真っ赤になって変な湿疹だらけになってしまった。カナダの日焼け止め、効かないじゃないか。
ここで日傘を差すのはアジア人くらいだけど、ダウンタウンのビーチに比べると日傘率がさらに下がり、私ともうひとりかふたりくらい。すれ違った白人女性に「アジア人! 傘さすなんて信じられない。どうかしてる」と呟かれ。聞こえてますよー。

ふたつで$12もしたのみもの。暑いので果物ジュース。
e0224424_06162997.jpg

Happy 150th Canada Dayでした。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-07-07 07:16 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 実録?カナダのマクドナルド:マクドナルド   

わたくしは、マクドナルドのグラコロが好きだ。てりたまも。
でももう何年もご無沙汰で淋しい。
グラコロの季節に日本に帰りたい。

カナダに来てからめっきりファーストフードから足が遠のいてしまった。
それは、健康に良くないから~とか、カロリーが~とか、そういう綺麗な理由ではなく、単純に「そこまで安くないよね(費用対効果)」っていうことと、立地によるところが大きいとはいえ誰でも気軽に出入りできるファーストフード店は、ホームレスかそれに近い人、薬物中毒かアルコール中毒、或いはその両方な人、メンタルに灘ありな人々がなかなか多く、別に害はないけどそんなところでわざわざ食事をするというのもなんだかなと。コーヒーは時々飲みに行くんだけど。

そんな中、ものすごく珍しいことにマクドナルドでお昼を食べたので、キロク。
本当に行かないのでよく覚えている。カナダに来て5年。これで2度目だ。

じゃーん。

Angus Classic Bacon and Cheese
e0224424_15505864.jpg

アンガスバーガーと言います。
ベーコンとチーズ入り。
確か単体で頼むとこれ1個で$8かそこらするからびっくりしちゃう。

カナダのマクドナルドはケチャップが取り放題?ですよ。
何のためにって、もちろんフレンチフライのためです。

e0224424_15515610.jpg

健康が~とか、カロリーが~とかは置いといて、正直、意外とおいしかった。
とりわけカリカリのベーコンがなんとも。
しかも結構なボリューム。レストランで食べるバーガーくらいしっかりしている。
日本人の女子は食べきれないかも?

e0224424_155330100.jpg

ジュースも飲み放題。おなかいっぱい。

今、テレビでたくさんCMしてる「Great Canadian Taste Adventure」。
要するに「期間限定ご当地バーガー」。
ご当地といっても「トロントなにがし」とかではなく、ざっくり「カナダの味」のようだけど。
日本人はご当地ものや限定品が大好きだから、こういうのはちょっと浮き浮きしますね。食べないけど。食べないのか。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-07-10 16:20 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 世界を食べ歩き3:Surrey Fusion Festival 2015   

e0224424_736459.jpg

今年も「Surrey Fusion Festival」の季節がやってきた。
1年に1回、このときだけしか行かないSurrey市。
1年経つのは本当にあっという間で、愕然とする。

今年は、アフガニスタン、スコットランド、タイなど6カ国が新入り。
日本はやっぱり今年も不参加。
まあ、皆が期待するジャパニーズフード=スシをこの炎天下で出されても困るけれど。タコヤキはリッチモンドのナイトマーケットで忙しいだろうし(というか、そもそもここはサリーだ)。日本が参加するなら何がいちばんいいかな、なんてわりと真剣に考えながら歩く。

e0224424_7482970.jpg

残りの人生で果たして訪れるかどうか極めて不明な南アフリカ、のチキンプレート。
付け合せは、ややピリ辛の豆ごはんとスロー。

e0224424_7463034.jpg

ベトナムの鶏サンドイッチ、Banh Mi Ga(カタカナで書くと「バインミー」だそう。「ガー」が鶏)。
今年初参加のベトナム。ベトナム料理屋にはよく行くからこれは外そうと思ったけれど、ベトナムサンドイッチなるものは、まだ食べたことがなく、いつも気になっていたのだった。

e0224424_7465659.jpg

カリカリを通り越して、バリバリにトーストされたパンは、単純に調理の女の子がものすごくゆっくり作っていたからだろう。(わたしもトロイので他人のことは言えないのだけれど)あんなにゆっくり調理する人を初めてみた。

e0224424_7472426.jpg

とにかく、そのガリガリのパン間には、甘いピクルスのような野菜と、パクチーの香り。香ばしい鶏。ハラペニョのパンチのきいた辛味......は、サンドイッチの片側の端の端に。なぜ、まんべんなくのせてくれなかったのだろう、あの子。


e0224424_7432075.jpg

今年は我らがカナダのプーティーンも。$8もする。
カナダ料理だから、そこら辺のレストランで食べる方がいいに決まっているのに! 
これもベトナムサンドイッチ同様、レストランで、そこにあるのに、頼めば食べられるのに、ちっとも食べない料理のひとつ。

e0224424_7375911.jpg

フレンチフライ(=フライドポテト)の上にグレービーソースがかかり、モッツァレラチーズがのっている。お芋のカリカリ具合は期待以上だったけれど、塩辛過ぎてたいへん。病気になっちゃう塩辛さ。結局、1/3食べて、お持ち帰り。

ほか、甘いものは、ペルー......だったかな?のさっくさくのチェリーパイ(写真下・左下)に、フィリピンのバナナの春巻き、ピスタチオソースがけ(写真下・左上)。

e0224424_748495.jpg

いちばんおいしかったのは、南アフリカのフツールパンチ。生姜がきいた果物ジュース(上のプーティーンの後ろにうすーくぼんやり写っているのが、それ)。$2。日陰がほとんどない炎天下のもとでは、冷たくてほどよく甘く、ピリッとした生姜の風味が癖になるこの飲み物がおいし過ぎて、思わずおかわり。

なんだかんだで、$20を使う。
食べ物はどれも冷めているし(プーティーン以外)、割高だし、暑いし、$20あればそこそこの(エアコンのきいた)レストランでおいしいブランチを食べられそうなものを......、と思いながらも、まずまず楽しかったりする。

また夏がきましたね。
e0224424_7454972.jpg


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2015-07-25 08:23 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 9コース、マレーシア料理:Spoon Kitchen   

忘れていた。
マレーシア料理「Spoon Kitchen」のグルーポンを買っていたのだった。
というわけで、はるばるWest 4thまで行ってきた。
9コースのFixed Menuで$35。

前菜は、まずMango salad (マンゴーサラダ)。

e0224424_16462465.jpg

カナダにきて、各国料理を食べるようになって、果物が意外と幅広く料理に使えることを知った。
ただ、このサラダがすごく甘いのはマンゴーだから、というわけではなく、たぶんドレッシングにたくさんお砂糖を使っているからだと思う。

それから、前菜3種盛り。

•Roti canai (ロティ)
•Crispy fried calamari (イカのから揚げ、カラマリ)
•Chicken sauté (鶏の串焼き、チキンサテ)

e0224424_1647679.jpg

こういう3種盛りは、どこのお店でも同じようなソースがついてくるのだけど、本当に、ちょっとの差で飲み干したくなるほどおいしいお店と、まあまあなお店がある。
このお店は後者。
カラマリは、味はいいけどふにゃふにゃ。

Entreeは、

•Caramelized-ginger fish filet (揚げた魚を生姜のソースで炒めたもの?)

e0224424_16474214.jpg

•Kung pao chicken (鶏の炒めもの、カンパオ・チキン)

e0224424_16481021.jpg

•House green beans (いんげんの炒めもの)

e0224424_16483623.jpg

これにお茶碗一杯のご飯がつく。
どれも辛過ぎず、ごはんに合う少し濃い目の味付けでおいしかった。

デザートは、Black-rice pudding (黒米プディング??)

e0224424_1649023.jpg

これが......。なんとも......。
元々、ライスプディングなる食べ物があまり好きではない。
トルコに行ったときに何度も食べたけど、最後まで首をかしげながら食べた。

そして、豆が苦手なので、ぜんざいもあまり好物ではない。
で、このデザートは、ものすごく水っぽいぜんざい(温)に、コーヒーフレッシュをたっぷりかけたような食べ物なのだ。変に水っぽい味がまずきて、次にぜんざいの甘さと食感、最後にコーヒーフレッシュのこってりした脂肪の風味?が舌にべったり貼り付く。

家に帰ってメニューを改めてみるまで、ライスだと知らなかった。豆だと思っていた。
いずれにせよ、好きな人は好きだと思う。


テーブル同士の間隔が広いし、お店は清潔。料理が出てくるタイミングも抜群(ただし、デザートだけは不思議なくらい待たされたけど)、行き届いたサービス、おいしい食事。最終的には、行ってよかった。
ライスプディングは次は頼まなければいいのだ。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2015-04-11 17:05 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 キツラノでメキシコ料理:Las Margaritas   

豆が苦手である。


だから、ほとんどメキシコ料理は食べない。
おいしいのはわかっているのだけど、お豆さんがもれなくついてくるので。


珍しくWest 4th Aveまではるばるお出かけ。
でも、お目当てのレストランが最低1時間待ちで(最近こればっか)、周りを見渡して見つけたのが「Las Margaritas Restaurant」。
前々からいつか行こうと思っていた唯一のメキシコ料理屋さんではないか。
ここは、「Georgia Straight」で毎年のようにGolden Platesを獲っている、人気のお店。
20分待ちで入れた。

complimentary salsa and chips
e0224424_449434.jpg

前にも書いたけれど、各国料理はとにかくメニューが読めなくて困る。
炒め物なのか煮込み料理なのかさっぱり。
説明文をじっくりじっくり読んで決める。

Enchilada Verde(緑のエンチラーダ?)。

e0224424_450216.jpg

とうもろこしのトルティーヤに包まれているのは、ツナ缶の身のようにほぐされた鶏肉。
説明ではGreen tomatillo sauceの鶏......とあったけれど、ソースの味はよくわからない。とりあえず、このソースがあるから「Verde(緑)」なのだろう。たぶん。
サワークリームとチーズを載せてオーブン焼き、とも書いてあるけれど、サワークリームの味なんてどこにもない。溶けちゃったの? (ところで、メニューにはこれが「2つ」と書いてあったのに、1つしかないように見える......)

ホットソース4点セット。右奥にひそかに。
e0224424_4502942.jpg

ホットソースを所望したら4種類セットになって出てきて(タイの調味料4点セットのようだ)、あれこれ試す。
タバスコとかグリーンチリとか。珍しくておいしい。
豆のペーストにつけて食べると、結構おいしく食べられたけれど、やっぱりちょっと残す。

Deluxe Quesadilla(鶏のケーサディア)。

e0224424_450439.jpg

めくって、サワークリームと、サルサと、ワカモレ(別料金)をのせて食べる。こっちの方がEnchiladaよりおいしかった。サラダのドレッシングもおいしい。さらに言うと、お豆さんまでこっちの方がおいしい。


とはいえ、期待が大き過ぎたのかもしれない。
あれー? こんなものか、っていう感想。
Gastownの「La Casita」の方がサービスも味も(そして豆も)よかった。
(↑と書くために前の記事を見たら、なんと今回とまったく同じ料理を注文していた。
人間の好みと傾向は偏るものですね)

e0224424_451995.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2015-02-03 09:00 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 アフリカ料理を食べてみましょう:Jambo Grill   

ずっとずっと気になっていたアフリカ料理のお店に行ってきた。
その名も、「Jambo Grill」(Kingsway@Mckinnon)。
といっても、東アフリカとインド料理を両方出すお店。
2011年にはカナダの総理大臣、ハーパーさんも訪れたとか。

e0224424_1411661.jpg

日曜のお昼は大混雑。

名前は忘れたけれど、アフリカのブランチメニュー。
オムレツにじゃがいもとチキンティッカ(オプション)とチーズと……。

e0224424_13594468.jpg

Kuku Choma。香辛料に漬け込まれた鶏肉。

e0224424_13591993.jpg

後で調べてみると、barbecued chickenと訳されていることが多い。
サラサラしたヨーグルトソースがついてきたけれど、ソースなしでも十分おいしい(そして辛い)。


正直、ちょっと割高。
キツラノやイエールタウンにあるようなイマドキのお店には見えないのに(立地も含め)、オムレツが$13(鶏の追加料金$2を含む)、Kuku Chomaも$13。ナンも何もついてこず、しかも一皿が少なめでこの値段。
ほかのお店なら、ブランチメニューで少なくともトーストくらいはつく。


マンゴーとミントとなんやかんや混ざった甘い紅茶。
しなだれたミントが物哀しい。
e0224424_1402880.jpg

おいしい!
(これにお酒が入ってたらそれはそれはおいしい飲み物になりそう。)


……と、味に関してはまあ、満足。
まだまだほかのメニューも試したい。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


けれど。
↓以下、辛口なので興味がある方だけどうぞ。↓

More
[PR]

by paquila | 2013-11-10 14:29 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ボリューム満点、中華系ファミレス:Golden Oscar Cafe & Restaurant   

お目当てのお店がまさかの改装工事で臨時休業。
(カナダではなぜかこういうことが多い)
辺りを見回し、目に付いた場所はRupert@22ndの「Golden Oscar Cafe & Restaurant」。
中国系のお店。さながら、中国のファミレスといったところ。もう完全にアジア人だらけ。

e0224424_852469.jpg

数あるランチメニューは、いわゆるチャイニーズフードよりももう少し……、なんというか、いわゆる洋食メニューが並ぶ。スパゲッティとか。フライドチキンとか。

Deep fried sole, pork chop on the rice.

e0224424_8532067.jpg

どーんと大きな魚のフライの下にポークチョップが隠れている。
ものすごく塩コショウがきいた豚肉。
魚はsole(ひらめ)なのに、とんかつくらい厚みがあり、ふかふかした身。「カレイのから揚げ」のようなものを想像していたら大間違い。しかしこれ、本当にsoleだろうか……。

これはなんだったかな。ポークチョップ??
e0224424_8541417.jpg

ランチメニューは本日のスープ+コーヒーか紅茶がついて、$10弱だから、安い。
コーヒー、紅茶までついてくるランチセットはカナダではものすごく珍しい。

紅茶とコーヒーは、「香港なんとか」と「なんとか」の2種類から選ぶ。
わたしも同席のカナダ人も、何度聞いても「なんとか」が聞き取れず、カナダ人は「Hong Kong のやつをください」と頼み、わたしにいたっては、「……さ、最初に言った方をください」と言う始末。
「Hong Kong なんとか」は、あらかじめクリーム(牛乳?)が入った状態で出てきて、味は、うまくいえないけれど、カナダの標準的なコーヒーとは違い、日本のレストランや喫茶店の味にそっくり。


ファミレスの定食としては文句なし。
味、料理の形、メニュー、いろんな意味でうっすら日本を思い出させてくれるお店。
ちなみに、日本だと同じ値段で、量が3~4割減、だと思う。

ところでここのお店。「現金払いのみ。カード不可」なのでご注意を。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2013-10-13 09:14 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <番外編>夏なので。アイスです。:Cold Stone   

よくドーナツ屋の「Tim Hortons」に併設しているアイスクリーム屋「Cold Stone」。
ふつうのアイスクリームは$2ちょっとで、豪華な味(?)は$3ちょっと。
豪華な味は、店員さんが目の前の巨大な鉄板みたいな(おそらくこれが店名の由来)石の上で、アイスクリームを練って、具を入れて、混ぜて、作ってくれる。

e0224424_9595318.jpg

日本でも大声で歌を歌いながらアイスを練るお店があった。ああいうかんじ。
……と思って調べてみたら、同じお店だった。
あの歌は日本独特なのだろうか。
同じく日本版は、カタカナのサイズ表示がすごかった(公式ホームページのメニューより)。

小(S)は、Like It (ライクイット)
中(M)は、Love It (ラブイット)
大(L)は、Gotta Have It (ガッタハブイット)

「ガッタハブイットください」って皆言ってるんだろうか。
なんだか虫の名前みたい。きのう、ガッタハブイットに刺されちゃったよ、とか。
薬とか。ガッタハブイットは用法容量を守って正しく服用してください。


……それはおいといて。


e0224424_1002222.jpg

ここ、カナダでは小さいのはKids Size(お子さま用)。
大人は頼んじゃいけないのだろうか、と恐れをなして、つい普通の大きさで注文。
大きかった……。

e0224424_1024672.jpg

しかしこれがまたおいしい。
おなか一杯になるので(アイスでおなか一杯って!)、油断してはいけない。
次回からは勇気を出して「お子さまサイズ」でいこうかな。

でも、早くも気温が下がり始め、夏が終わろうとしているバンクーバー。
もうアイスを食べるには寒いかも。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2013-09-02 00:00 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 世界を食べ歩き2:Surrey Fusion Festival 2013   

毎年恒例の「Surry Fusion Festival」。
料理を中心に各国が民芸品や観光誘致でテントを飾る。

今年は快晴!

e0224424_3203591.jpg

去年も今年も日本がない! 韓国もなければ、フランスやドイツもない! なのに聞いたこともないようなどっかのアフリカの国や、島はある。
なんで? なんで? と思っていたら、なんのことはない。
Surry市主催で、Surry市のコミュニティが出店しているからだ。
「国」ありきで出店を集めているわけではなかった。

e0224424_3244027.jpg

今年も主旨は、「今後訪れる可能性が著しく低い国を中心に食しましょう」。

最初はフィジー。
どこだっけ。オーストラリアの辺り。……ざっくり。

e0224424_322659.jpg

イドリー(フィジー)のミニサンド。イドリーは、お米と豆の蒸しパン。南インドで食べられているもの、としか知らなかった。ピリ辛でおいしい。同じくフィジーの野菜のフリッターやlentil(レンズ豆)の揚げ物。日本でいうコロッケ。それから、フィリピンの野菜の春巻き。

ネパールのモモ。
ネパール版餃子。ほんとに餃子! インドのチャツネみたいなピリ辛ソースがかかっている。

e0224424_3232155.jpg

インドネシアのChiken Satay(鶏の串焼き)と焼きそば。
青空のもと、いろいろ口にして、いつも頭の片隅に浮かぶ疑念、というか違和感。
それは。

e0224424_32244100.jpg

冷めているのだ。だいたい、どれも。

そうだ。屋台といえば、「熱々」のものをほおばるもの。
たこ焼き、とうもろこし、から揚げ……。

ここでは揚げ物もなにもかも、どっさり作り置きされていて、ふにゃふにゃで冷たい。
無意識に「熱々」を期待しているじぶんに気がつき、かえって驚いた。
染み付いたニッポンのお祭り文化。

インドネシアの焼きそばなんか、惣菜が入った大きな容器の下に、なんと袋入りの冷凍コーンを敷いていた。コーンを溶かすためなのだろうけど、そりゃ惣菜も冷めますよ。

e0224424_323477.jpg

気をとりなおして、甘々デザート。
インドのアイス、Matka Kulfi。ポーランドのドーナツ。甘々のジャムがたっぷり。
いちばん下は、国の名前。トンガ。
どこ!!! 
※フィジーのご近所でした。オーストラリアの東。南太平洋に浮かぶ170余りの島々。トンガ王国。

これぞ黄色人種の鏡。台湾の…かぶりもの。
男らしい顔つきでありながら、親しみやすい微笑みを常に浮かべている。

e0224424_3234865.jpg

それにしても、こうして各国の料理を並べてみると、基本は皆同じだとしみじみ思う。

肉を焼く。
粉を練る。
具を包む。


熱々のたこ焼きをほおばる日本のお祭りが恋しい今日この頃。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村*   ちなみに、去年のFusion Festivalはこちら
[PR]

by paquila | 2013-07-28 09:00 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 この夏食べたもの、一気に―2   

写真は、すべて借り物。
あおちゃんごめんねー、ほんとに借ります。

パンケーキのファミレス?「iHop」でパンケーキ。
e0224424_7165926.jpg

パンケーキ専門店「De Dutch」でパンケーキ。
e0224424_7183947.jpg
e0224424_7194588.jpg

日本ではパンケーキではなく、「ホットケーキ」と呼ぶ方が多いかな?
カナダスタイルは、パンの上にバターやシロップをかけて食べる、日本のそれと同じ。「iHop」では、シロップだけで4種類がずらりと卓上に並ぶ。
一方「De Dutch」はオランダのパンケーキ。クレープのような薄くて大きな丸い生地の上に、好きなものをのせる。その組み合わせは困るほど多く、悩ましい。
ここはひとつ、カロリーを気にせずいろんなものをのせて食べましょう。

以前ここにも書いた「Sfinaki Greek Taverna」でグリーク。
e0224424_7245245.jpg

Sfinaki deluxeには、鶏肉、牛肉、ラム肉の3種類のソーセージとマッシュルームを炒めたものがトマトソースの中にぎっしり。これはうまい。

「Seasons in the Park」でステーキ。
e0224424_7343361.jpg

ステーキと言っておきながら写真がない。
ピザは、先日食べた「Novo」よりさくさくもっちりでおいしい。
久しぶりに食べたムール貝。バターと白ワインで蒸しただけのシンプルなものが食べたかったけれど、こってりココナッツカレーソース。随分身が小さかったのが残念。
鶏が驚くほどやわらかく、肉汁もたっぷりでおいしい。
ここはサーバーが気が利くし、気持ちよく食事ができる。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2012-09-22 08:59 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)