無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:【Van】Burnaby( 31 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ティラミスだけは、改めて食べたいけどしかし:Cotto Enoteca Pizzeria   

書こうかどうしようかとっても迷ったのだけど……。
一応記録として。まだ夏だった(←過去形)8月のお話。

バーナビーのイタリア料理店Cotto Enoteca Pizzeria (Hastings@Stratford Ave.)。
夜ごはんを食べに行くのは初めて。ただ、ランチメニューがないのでいつ行っても変わりはない。
日曜の夜だというのに、何故か「今日はお酒を販売できない」とのこと。がっかり。おまけにパティオは「改装のため閉鎖」。夏なのに! 閉鎖って!!


気を取り直し、前菜にピザ。「悪魔」という意味のDiavola。

e0224424_07463786.jpg


トマトベースにモッツァレラチーズ、sopressata と capicolloという加工肉。バナナペッパーにチリ。
たまにはちゃんとした(?)イタリア料理の前菜が食べたいなー。
ぶつぶつ言いながらひと口だけ。
辛いです!
おいしいけど辛い!


Carbonara / カルボナーラ。

この頃には外が段々暗くなり、照明がろうそくの明かりくらいしかないカナダのレストランでは写真がぼけぼけ。
e0224424_07463699.jpg



いわゆるたまごソースではなく、クリームパスタに半熟たまごがのっかっているような。麺は平たいパスタ。さいの目切りのベーコンがごろごろ。麺だけ食べると、もうちょっと塩が欲しいかなと思うのだけど、これがベーコンと一緒に食べるとそれはもう絶妙な塩加減になるから、わあ、ちゃんと計算しているんだなと。


Pollo Saltibocca / 鶏のパン粉焼き?

e0224424_07463830.jpg


下に見えているのは芽キャベツかと思いきや、ルッコラのニョッキ。
もちもちしているから親指の先くらいの小さな形が口の中でちょうどいい。


食後にTiramisu / ティラミス。

e0224424_07463849.jpg


おなかいっぱいでひと口だけ味見。
もしやこれまで食べた中でも群を抜くおいしさでは……!!
なんだか口当たりが軽い!! それにカナダにしてはそこまでコテコテのベタベタに甘くない!
おなかに場所があればひとりで1個ぺろりといけそう。

おいしいですね、おいしいですね、と食べ、大満足で帰宅。
そしてその夜……。


すさまじい腹痛と吐き気と眩暈と変な汗に見舞われ、トイレでひとり行き倒れ寸前になった。っていうか、文字通りごろんと倒れた(外国のトイレはお風呂とくっついているので場所があるのだ。ってどうでもいいけど)
意識が飛んでしまうかと思った。
80ドル分のごはん、出したらもったいない……、という葛藤と、この国で救急車(病院)の世話にはなりたくない……という葛藤の結果、じぶんでなんとかして事なきを得た。幸い3時間くらいで動けるほど回復。
単なる食べ過ぎだと思いたいけどー……、たまごか? ベーコン(加工肉)か? ソース(乳製品)か? あたったのは私だけなので絶対カルボナーラだと思う。

平日でもまずまずお客さんが入っているお店なので、腐るほど古い食材とは考えにくい。ただ、ものすごく暑い日だったので、常温放置で傷んだのだろうか、などなど考えてしまう。恐ろしい。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-09-10 08:21 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ほろほろ羊。Burnabyで35年続くギリシャ料理店にて:Cristos Greek Taverna   

Willingdon Ave.から1ブロック東、Hastings@Alphaにあるギリシャ料理のお店「Cristos Greek Taverna」に初めて行ってみた。なんと今年で35周年。
失礼ながら、いつもあまり人が入っていなさそうだし、中がよく見えないし、ずっと敬遠していたのだ。

e0224424_06380990.jpg



写真は撮っていないけれど、中は典型的なギリシャ料理店らしく、天井から壁からいたるところに置物や色あせたギリシャの写真や植物がごちゃごちゃと。
カラマリと串焼きとデザートがついて35ドル、という35周年特別メニューは頼まずに……、Kleftiko Chops(骨つき羊を焼いたやつ)

e0224424_06381074.jpg



ギリシャ料理のお肉って、時々パサパサなことがあるのだけど、これは全然そんなことはなく。

Arni Psito(羊の肩肉を煮込んだやつ)

e0224424_06381196.jpg



こんなほろほろの羊、食べたことない……!!
メニューには「cooked over many hours in herb sauce(香草のソースで何時間も煮込みました)」とある。トマトソースでもカレーでもシチューでもなく、ハーブのソース! 何を食べるにしてもどばどばソースがないと気がすまないカナダ食と違い、だからこれといったグレービー的なソースがどろっとかかっているとか、ソースにお肉が浸かっているとかではなく、つるつるてかてかのお肉。一部骨つきがごろごろっと。
うふふふふって笑いたくなるほど、ほろほろーー。

おいもとごはん、サラダはどのお店も似たようなもの。
ところで、どこのお店に行ってもこの4点セット(おいも、ごはん、ピタパンとtzatziki←カタカナにできない……。ヨーグルトのディップ)なので、これがギリシャの定番なのだと思っていたけれど、ギリシャではごはんは食べないそうで。びっくりした。さらに、「代わりに何を食べると思う? フレンチフライだよ!!」と笑うサーバーのお兄ちゃん。ほんとかな。

デザートは、世界一甘いお菓子のひとつ、Baklava(バクラヴァ)。

e0224424_06380802.jpg


トルコでよく食べたなー。
覚えているのは、フォークで少し押しただけでじゅわっと後から後からシロップが染み出してくる(恐ろしい)光景。
これはそこまでシロップまみれではなく。
もちろん甘い。甘いんだけど、くるみたっぷりでちょっとグラノーラバーっぽい。
デザートは全部お店で手作りしているのだそう。
でも3口くらいでいいよね。

愛想がよくプロフェッショナルなサーバーのお兄ちゃん、ごはんはおいしいし、お値段も平均的だし、テーブルクロスはべたべたで触りたくないけど、往々にして来てみて良かった。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


追記:ただしワインはもう頼みません
[PR]

by paquila | 2017-07-22 06:57 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 安価なあつあつ「ひとり鍋」:Jo Ju Tofu Hot Pot Restaurant と、ジャパンレールパスのお話   

火鍋、という料理がある。英語で「Hotpot」。
要は「辛い鍋料理」で、日本で火鍋というと陰陽魚の対極図(白と黒のふたつの勾玉が上下さかさまにくっついているようなあの絵)のような形で中央を仕切られた丸鍋に、赤と白、2種類のスープを入れたあれを指すことが多いだろうか。

カナダでもこれを提供する中国料理屋が結構あって、前々から一度試してみたかった。

「九州豆腐鍋簡餐/Jo Ju Tofu Hot Pot Restaurant」。

e0224424_09463972.jpg
Hastings@Willingdonで、「八鶴ラーメン」の並びにある。
元々この場所には、人生で2番目に不味いカレーの記憶が拭えない(衝撃の不味さのため記事なし)「Handi Cuisine of India」があった。それがつぶれて出来たのがこれ。
出来た当初は「九州」の文字を見て、「? 日本料理屋? さらに絞って九州料理を出すの?」と思ったけれど、もちろんそんなはずはなく。メニューを見る限り、中国+台湾(+ちょっとだけ韓国?)という感じ。

海鮮豆腐鍋/Seafood and Tofu Hot Pot。

e0224424_09412254.jpg
白身魚、豆腐、エビ、イカ、魚団子、ムール貝、豚、たまご、野菜に加えて、おうどん。
くたくたになった白菜や人参は、注文してから作っていてはここまで柔らかくはならならいだろう、ということで多分あらかじめ茹でてあるもの。くたくたのお野菜、好きだからいいけど。

エビは殻つき。お魚は、探しても探しても見つからず、目を凝らしてやっと発見。
なんと、ほとんど「粉」に近い身がところどころに浮いている。
まあ、$8.5なので文句は言うまい。

ムール貝発見!

e0224424_09442818.jpg
火鍋なのに「辛くしてください」と注文しなかったので(辛さは自分で選べる)、まったく辛くない、日本で食べる日本のお鍋の味。香草も香辛料も入っていない、懐かしい魚介のだしの味。「スープのもと」や「だしのもと」を使っていようが構わない。$8.5なので。 溜息が出るほど口に合う。
全然気取らなくて、色んな意味でお値段相応。それを納得済みで食べられる。


鶏の照り焼き丼/Chikin Teriyaki on the rice。

e0224424_09450729.jpg
なんと、まさかの寿司桶に!
お豆腐はキムチのようなたれ?で和えてある。あまり豆腐とこのたれが合ってないような......。でも韓国の人はこういうのが好きなのかな。お隣はじゃがいも? これもキムチのような和え物。


白を基調にした明るいカフェのような店内で、静かに音楽もかかっていて過ごしやすい。
台湾名物のバブルティーの種類がすごく多く、しかも一杯$4弱なので案外カフェ使いもできたりして。実際飲み物だけを持ち帰りで注文する女子がちらほら。
夏はそんな風に使い、冬は鍋! 
そう、凍えるほど寒い冬にはここにくればいいのだ。もうベトナムのフォーだけが救いではないのだ。

e0224424_09460077.jpg

ところで、今日は食べ物と関係のないお話で追記。
「ジャパンレールパス」に興味がある海外在住(日本国籍)の皆さまは「つづき」へどうぞ。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村





●「ジャパンレールパス」海外在住邦人が対象から外される!
[PR]

by paquila | 2016-11-16 10:43 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 バーナビーの素敵なイタリア料理店:Cotto Enoteca Pizzeria   

SFU(バーナビーマウンテン)のふもとに程近いところに、お洒落なイタリア料理店がある。
Cotto Enoteca Pizzeria (Hastings@Stratford Ave.)。
ずっと気になっていたけれど、初めてだし、とりあえずお昼にどんな感じか見に(食べに)行ってみた。

なんと、ランチメニューがなかった。
ただ、この日はすべてのピザが$12。

前菜に、Calamari Fritti(イカを揚げたやつ)。

e0224424_06251078.jpg

天ぷらみたいに軽い衣。さくさく。すごくやわらかい身。
トマトソースも、白い方のソースもおいしい。

バジルペーストとハムのピザ(メニューの名前は失念)

e0224424_06315422.jpg

すぐに冷めてしまったけれど、端の焦げたところまでおいしい。
ハム(プロシュート)もたっぷり。
店内に入ってすぐのオープンキッチンでお兄さんがピザ生地を放り投げてはくるくる回していた。大きなピザ釜もすぐそこに見える。


Penne Bolognese/ペンネ・ボロネーゼ。

e0224424_06344300.jpg

豚と牛のミートソースをクリームで仕上げたもの。
お店でミートソースを食べると、そのお肉の量にびっくりする。

食べ物は「すごい、おいし過ぎる」という程でもなく、まあ普通かな。
(これだからランチメニューがあればよかったのに)

e0224424_06375971.jpg

外のテーブルはビニールの壁ありなので、そこまで寒くない。
内側とはガラスの壁で完全に仕切られているけれど、お皿をさげるタイミングもお会計もきちんと見計らってくれた点がとても気持ちよかった。
おまけに、今日はお祝いなので、と所望したスパークリングワインが在庫切れで、お詫び+お店からお祝いにと1本サービス(!)してくれた点にも恐縮至極。


e0224424_06423182.jpg


いつもありがとうございます。

[PR]

by paquila | 2016-11-03 07:08 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 メトロタウンで飲茶!:Shanghai Elan Restaurant/上海菜館   

メトロタウンに行くときは、モールで買い物か映画に限られている。
そして、いつもお昼ごはんの場所に困る。毎回色々調べるのだけど、モールの外に行くのも面倒くさいし、モールの中のレストランはたいしたことないし、結局もうフードコートでいいか、となる。

ちなみに、お隣のクリスタルモールのフードコートはもはや「ここは中国ですね」っていうお店がずらりで、これはこれで面白い(店主がメニューの英語名を覚えていないことがあるので、たまに注文に苦労する……っていうくらい、中国色が濃い)。
そのクリスタルモールの1階、Rosser st.に面したところにある「Shanghai Elan Restaurant/上海菜館」に飲茶が少しあると聞いて、行ってみた。


お昼は飲茶一色、というわけではなく、通常メニューのすみの方にいくつか飲茶をのせている、といった程度で、数は少ないものの、飲茶初心者が頼むようなものは大抵ある。

Wonton in spicy sauce / ピリ辛ワンタン。

e0224424_11324786.jpg

これ、おいしい!!
豚肉の味がしっかりする。ピリ辛ソースもなんのその。ぱくぱく食べちゃう。
ふと見ると、厨房の一部が見えるようになっていて、おばちゃんが次から次へと餃子だかワンタンだかを作っている。工場から届いたものではなく、お店手づくりなのねー。

Beef roll / 牛肉ロール。

e0224424_113817.jpg

先日、「Peaceful Restaurant/和平飯店」で牛肉ロールという食べ物を覚えたので、ここでも試してみる。
表面がカリカリ、サクサクの生地に、牛肉ときゅうりがみっしり。テンメンジャンのような甘いソースがたっぷり。手で食べるしかなくて、ぼたぼたソースがこぼれて決して美しくはないのだけれど、お気に入り。

Shanghai style juicy pork buns / 小龍包。

e0224424_11412633.jpg

上海料理店ですよ。これは食べておかないと。
中のスープが醍醐味なのよ。これをこぼさないようにレンゲを使って上手に食べるのよ、としつこく説明したにも関わらず、同席のカナダ人はフォークでぶすっ。
あーーーーーー......、に、肉汁が......すべて......。

続いてデザート。
Pumpkin rice cakes / かぼちゃケーキ。

e0224424_11423537.jpg

これは春に上海で初めて食べて、おいしかったので。
コロッケみたいにさくさくの衣の中はもちもちのかぼちゃもち(?)。中心にはこしあん。

Sweet Shanghai cakes / 上海ケーキ。

e0224424_1143264.jpg

見た目とは裏腹に、さくさくほろほろの生地にフォークを入れると、どろっと透明のシロップみたいのが出てきた。素朴な甘さでおいしい。


この他に春巻きも頼んで飲茶4品とデザート2品で大体$40(チップ込み)くらい。まあ、フードコートに比べると倍かかる。でも1/3くらいお持ち帰りになるので、損をするというわけでもない。
単価が安い飲茶だったからこれで済んだけれど、通常メニューはちょっぴりお高め。
おいしいレストランを見つけた。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-08-08 07:00 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カナダ風まぐろ丼(?)がおいし過ぎた件:Browns Socialhouse   

おいしいお酒とごはん、カナダのカジュアルダイニング、とくれば、最近は「JOEY」が安全圏でお気に入りなのだけど、やっぱりたまには新しいお店も試したい、ということでBrentwoodの「Browns Socialhouse」へ行ってみた。「Cactus Club」なんかと似たり寄ったりのお店。ちなみに、「JOEY」もお隣のブロックにある。


TAHITIAN TUNA(Bowl) / タヒチ産まぐろ丼??

e0224424_921469.jpg

軽く炙られたツナは、下にわさびマヨがしいてあって、表面にはパン粉のようなカリカリの何か。
刻んだデイツとかドライフルーツたっぷりのサラダと、アーモンドが混じったバターライス。
こちらでお刺身を食べると、大体すぐ「あ、これ冷凍だ」とわかるけれど、ここのは上手に解凍しているのか、とろとろですごくおいしかった。
お箸で食べるのが難しいほどパラパラのこのごはんもおいし過ぎる。
カナダ系のお店でお刺身料理を食べるのはこれが初めてだけど、おいしいな! 

ちなみにこれでお値段、$16.95。
日本では、これを丼に盛り付けて、お刺身ももう一切れくらい多くて、それでも1000円くらいで食べれそうだ(と、そんな風に考えてしまうことを未だに止められない)。


SPICY CRISPY CHICKEN BURGER / ピリ辛カリカリチキン・バーガー

e0224424_965197.jpg

ジャックチーズとベーコン入り。
最近うちではベーコンと言うものを買わなくなって久しい。でもこうして食べるとやっぱりおいしい!
ところでメニューには「HCDC Fries」とあったのだけど、何の略なのかわからず。


CHEFS HOMEMADE WARM BROWNIE / シェフの自家製ブラウニー

e0224424_99212.jpg

あったかいブラウニーの上に冷たいバニラアイス。まわりに転がっているクルミとキャラメルソースまで一生懸命ぜんぶ一度にフォークの上にのせて。
本当はキーライムパイを食べたかったけれど、これはこれでとても満足。


Brentwood界隈はお高いコンドが続々建設中で、近年急成長中の地域。
ダウンタウンから離れているからそこまで混んでいなくて、独特ののんびりした雰囲気があって、わりと居心地がいい。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-07-04 09:19 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ノースバーナビーで40年以上続いたイタリア料理店が...:Romana Restaurant   

ノースバーナビーはHastings@Betaにあるイタリア料理店「Romana Restaurant」。
前は暗くて小汚くて入る気がしなかったけれど、去年だか一昨年だかに改装してきれいになった。
初めてで、かつアタリかどうか微妙なお店はとりあえずランチで下見がいい。

誰もいない。
これは失敗したかもー......、と思うも引き返せない。
とりあえず席に座り、出されたのはディナーメニュー。
サイトには「Lunch, everyday」とあったのに???
サーバーに尋ねてみると、「ランチは月曜から金曜だと思うわ。あたしはよく知らないけど、そうするよう言われてるから」とのこと。

よく知らない?
そうするよう言われている???

まあ、それなら仕方ない。
お昼にこの値段は高いなあ、と思いつつメニューを眺めていたら、サーバーのおばさまが戻ってきた。

「サイトにそう出ていたのなら、あなたたちには特別にランチメニューを出すわ。今、オーナーは休暇で留守なの。あたしが代理を任されているから、今日はあたしの一任で」

なんだか申し訳ない気分。
罪悪感のあまり、最初からデザートも注文。......が、

「それは置いていないわ。実はデザートは2種類しかないの。え? メニューにはある? あらあら、ごめんなさい。でもないの」

............。





待っている間も、誰もお客はやってこない。しーんとした店内では、厨房からシェフとサーバーが言い争いをする声が丸聞こえ。シェフの訛りが強すぎて(わたしも人の発音のことは言えないが)何を言っているのかイマイチよくわからないけれど、ランチメニューをわたしたちに提供したことだったらどうしようとヒヤヒヤ。

そうこうしている内に、ハワイアンとマルゲリータの2種類のピザが運ばれてきた。
これで$10はお得!

e0224424_772758.jpg

底は薄く、端はやや厚めの生地。端までおいしい。
ちょっと北米人好みの宅配ピザ並みにチーズチーズしているけれど、いや、だいぶ、かなりチーズチーズしているけれど、なかなかおいしい。

一方でマルゲリータを象徴するモッツァレラチーズとバジルがどこにも見当たらないのが不思議。
使われているのは、粉々になった乾燥バジル?? そしてこれは何チーズ??

e0224424_793433.jpg

なんだか「お金を使ってあげなくちゃ」との思いから頼んだデザートは、ヘーゼルナッツのクレープ。

e0224424_7103068.jpg

わざわざ注文時に「アイスクリームは上にのせる? ヨコに添える? 上ね。上にのせましょう」という会話をしたにもかかわらず、やってきたのはヨコ。

「ごめんなさいね、シェフがヨコに添えちゃったみたい~」

悪い人ではない。いい人なのだ、このサーバーのおばちゃんは。

そして極めつけ。
クレープがーー......、冷めてるーーーー......。
ごはんと同時に先に注文しちゃったから、ピザと一緒のタイミングで焼いちゃったんだろうな。うん、デザートは後から注文するべきなんだよね。うん、わたしたちが悪いんだよね。っていうか、お客が他にひとりもいなくて、暇だから作っちゃったのかもね。


聞けば同じ場所で40年以上続いているお店なのだそう。
だから常連客がいつもたくさん来てくれる......と言うわりに、結局最後まで誰ひとり扉をくぐる者はおらず。大丈夫かな、ここ。

e0224424_7122281.jpg

後から調べたところ、1973年創業のこのレストラン、なんと2014年の春に店じまいしていた。現在はオーナーが替わって引き継いでいるらしい(だから改装したのね)。

e0224424_7142180.jpg

ランチメニューを出してもらったことが最後まで気にかかり、チップをかなり多めにのせてお会計。結局$10ですまなかったという。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-06-08 07:33 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ギリシャ風フライに大ハマリ:Sfinaki Greek Taverna   

Hastings@Gilmore にあるギリシャ料理店「Sfinaki Greek Taverna」。
もう何度も来ている。
「ギリシャ料理が食べたい」という客人を連れて行くときもここ(かコマーシャルドライブの「Saloniki Greek Taverna」)。日本人にとってギリシャ料理と言えばダウンタウンの「Stepho's」なのだろうけど、ダウンタウンまで行くのも面倒だし、メニューはどのお店もそこまで変わりばえしないので。

Sfinaki fries。ギリシャ風フレンチフライ。

e0224424_805778.jpg

どのあたりがギリシャ風なのかというと、オリーブオイルとフェタチーズと、香辛料。
オイルがつくと、お芋のカリカリ度が下がるのだけど、でも手が止まらないおいしさ。
物珍しさもあいまって、普通のフライより断然おいしい!
(後日、家でフライを食べるときはしばらく真似をしたくらい)

Mousaka。ムサカ。

e0224424_81328.jpg

イギリスのシェパードパイみたいな料理。
茄子とズッキーニ、その上に牛ひき肉、その上にマッシュポテト、で表面をオーブンで炙ってある。
自分で頼んでおいてなんだけど、「わあ、ナニコレおいしい!!!!」というほどでもなかった。オーブン料理はお芋さんよりもクリームソースかチーズのグラタンぽいの方がいいなあ。

Grilled chicken breast。ローストチキン?

e0224424_82687.jpg

あれれ?? むね肉に見えないのだけど??
メニューは明らかにむね肉とあるのに??


前はピタパンのおかわりをもらえた気がしたのだけど、今回はひとり1枚すらなく、1枚を半分こでおかわりもなし。食料品の値段が嘘でしょうというくらいどんどん上がっている昨今、値上げをせずにこういうところで踏ん張っているということなのかな(むね肉じゃなかったのもそのせいかしら......)。

e0224424_82367.jpg

ここはごはんはおいしいし、サーバーは明るく良いひとたちだし、お店の雰囲気もいい。
ただ、常連客が多いのか、サーバーがお喋りに興じていることが多く、ちょっぴりサービスが遅いのが難点。
この日も、デザートを頼もうと待っていたけれど、まったく様子を聞きに来ないので結局頼まずに店を出た(日本みたいに「すみませーん」と声をかける習慣がない)。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2016-01-20 08:21 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 バーガー、大発見:Burgers Etc. BBQ House   

別にバーガーが嫌いなわけではない。
ただ、有名なお店でも表面が焦げ焦げだったり、パサパサしていたり、焦げてる上にパサパサだったり、まあ普通かなということが多いので、外であまり食べなくなっただけで。

Hastings@Gilmoreにある小さなBBQハウス「Burgers Etc. BBQ House」。
ここのバーガーがおいしいと聞いて、うーんバーガーか。と思いながらとりあえず行ってみた。期待はせずに。

e0224424_854523.jpg

お店に足を踏み入れてまず「あらー」と思ってしまったこと。
シェフがアジア人(たぶん中国人?)、サーバーもアジア人なのだ。提供している食べ物とお店の雰囲気からてっきりカナダ人(白人)のお店だと思っていた。
これはもしかするとメニューにはchow mein(やきそば)とかstir fry(炒め物)が半分くらい占めているのかしら……、と微妙な思いで席につく。

が、そんな懸念をよそに、メニューはいたってシンプル。
BBQサンドイッチ、BBQ、バーガー、以上。
なんだ、さすがバーベキューハウスを名乗るだけのことはある。
見た目で判断してしまって反省。


ブリスケットサンドイッチかバーガーか迷って迷って、牛肉バーガー。モッツァレラチーズ+マッシュルーム追加で。

…………!!! でっかい!!!
どうやって食べたらいいの、これ。

e0224424_8534132.jpg

日本人としてはとっても抵抗あるけれど、つぶして食べるのが正解。
かさ高いパンを上からぎゅっぎゅっとつぶすのです。
つぶした後にナイフで半分に切るとさらに食べやすい。

…………!!!!! なにこれおいしい!!!
めちゃくちゃジューシーなパテ。そしてこのマッシュルームがおいし過ぎる。
チーズはあってもなくてもよかった。

BBQハウスらしく、つけ合わせは、フライのほかにコールスロー、マカロニサラダ、とうもろこし、サラダ、ベイクドビーンズから選べる。マカロニサラダは、日本のお惣菜とはちょっと違う味付けで(マスタードがやや強めかな?)、見た目と違い結構さっぱりしていておいしい。

こんな風につぶして食べます。
ものをきれいに食べる日本人ならヤメテーーと目を覆いたくなるような姿。

e0224424_8541689.jpg

上の写真はチキンバーガー。パイナップルとモッツァレラチーズを追加。

バーガーにパイナップル。これが意外と合う。パイナップルって、意外といろんな料理に合うことをカナダで知った。
そしてこの鶏肉がなんとも。表面は炭の風味でこんなにも香ばしい。そして身はとってもジューシー。驚いた。めちゃくちゃおいしい。

「White Spot」のバーガーの1.5倍くらいある。
e0224424_8552465.jpg

BBQは自家製らしい。今度は是非とも晩ごはんにBBQを食べにこようと思ったら、夜8時に閉まるとのこと。
ちなみに、支払いはクレジットカードは不可。デビットカードか現金のみ。会計はカウンターで、チップは小瓶にお釣りの小銭を入れておしまい。好きだなあ、こういうお店。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2015-12-22 09:25 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 勇気を出して飲茶です。:Wah Lun Chinese Restaurant   

Willingdon@Hastingsにある中華料理屋「Wah Lun Chinese Restaurant」に飲茶を食べに行った。
結構繁盛しているお店で、週末のお昼時は外で待つ人までいる。
カナダのレストランでは考えられないくらい、ところ狭しとテーブルと椅子が詰め込まれ、まっすぐ普通に歩けないほど。音楽はなく、喧騒のみ(中国の方はみんな声が大きいからやかましい)。わたしは見た目は難なく溶け込めるけど、白人は目立つ。全体の1割くらい?

e0224424_12533336.jpg

以下、おいしかったもの順に。


上海小龍包。
しっかりとじこめられた煮こごりがじゅわっと溶け出して、おいしーい。

e0224424_1254913.jpg


海老春巻きは、皮はパリパリ。海老はぷりぷり!

e0224424_12435888.jpg


おこわのビーンカード(bean curd)包み。
ちまきの中身と同じ。焼き豚と、味付きもち米と。

e0224424_12515679.jpg

bean curdは英語で「豆腐」をさす、のだけど、たぶんこれは湯葉……的なものだと思う。ちなみに、バンクーバーでは豆腐はTofuで通じるから、わたしは普段bean curdなんて英語は使うことがない。
それにしても、もち米をこうやって食べたのは何年ぶりでしょう。
おいし過ぎます。でも同席のカナダ人には不評。なんでー。


焼き豚のパイ包み?(Baked BBQ Pork Pastry)
さっくさくのパイ生地の中にちょっと甘い焼き豚。
肉まんのパイ版?のような??

e0224424_12511794.jpg

外側がカリカリのごま団子。
もちもちのお団子の中からあっつあつのごまペーストがとろりと流れ出る。

e0224424_12525562.jpg

エッグタルト。
ほろほろのタルト生地の中に、とろとろふるふるのたまごソース。

e0224424_12522018.jpg

前回これを頼んでおいし過ぎたので、これだけは外せないと意気込んで頼んだものの......、あらら? 何か違う。たまごがやや固め。そしてちょっと冷めている。「おお!」がない。
ところで、ものの本によると、パイ生地にしかり焼き目をつけたのがマカオ式、焼き目をつけずほろりとした生地が広東式、らしい。だとするとこれは広東式かな。


こういう注文用紙に鉛筆で数を書き込んで渡す。
e0224424_12432043.jpg

これで税金+チップ込みで$30くらい。
ちなみに、お茶は何も尋ねられることなく黙って供され、しっかり料金を徴収される(ひとり70セントくらいだったかな?)。ひとこと言ってくれたらいいのに、といつも思う。

このレストラン、結構おいしいのだけど、サーバーのおばちゃんが無愛想過ぎる。
見ていると白人にはやさしいけどね。
以前はテイクアウトを注文して、いざ取りに行ったら注文が通っておらず、まるでこっちが悪いみたいにあれこれ言われてしばらく避けていたほど(あ、webサイトでオンライン注文があるけれど、やめておいた方がいいですよ。「ピザ屋じゃあるまいし、そんなものいちいち確認しないわ!」って言われたから。←あなた方が自分で作って運営してるサイトなのに! やっぱり電話が確実)。
男性店員はわりとやさしいし親切。快く英語でしゃべってくれる。


たまにはこうして勇気を出してチャイニーズ99%な場所へ突入。

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2015-12-13 13:39 | 【Van】Burnaby | Comments(0)