無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 カテゴリ:【Van】Commercial Dr.( 11 )   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 モントリオールスタイル・ミートをハッシュで食べる:Tangent Cafe   

我ながらなんこっちゃというタイトルですが。

Commercial Drive@5thにあるレストラン、「Tangent Cafe」にお昼を食べに行ってきた。
カナディアン+マレーシア料理という変わったコンセプトのお店で、木を基調にした店内は、内装、特に壁のデザインが凝っていてすごく素敵。20代~40代くらいのカップルや友だち同士がわいわい集まってお酒とごはんを楽しむ場所、といった感じ。

e0224424_764469.jpg

週末は通常のランチメニューを出さないようで、朝ごはんメニューから選ぶ。
マレーシアバーガーを試そうと思っていたのに、残念。
というわけで、ごく普通のいつもの朝ごはん。

CLASSIC BREAKFAST with chorizo
よく見れば、たまごのひとつが双子。
e0224424_6472094.jpg

SMOKED MEAT HASH

e0224424_6515417.jpg

細かく刻んだMontréal-style smoked brisket(モントリオールスタイル・スモークミート)がたくさん入っている。じゃがいもはカリカリ、レッドペッパー(赤パプリカ)の食感も良く、おいしい。

ちなみに、モントリオールスタイル・スモークミートとは、脂身が少なめの牛肉の固まりをしっかり味付けして、寝かせて、燻製にしたもの。モントリオールはカナダの東の方の大きな街ですね。わたしは食べたことがないけれど、これをみっしりパンの間に挟んで食べるサンドイッチが有名らしい。


さて。
書こうかどうしようか。
ちょっとネガティブな体験談は興味のある方だけ続きでどうぞ。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

つづき<<<蟻だらけ
[PR]

by paquila | 2016-08-04 07:30 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 幼稚園!なベジカフェでポットパイ:Cafe Deux Soleils   

久しぶりにコマーシャルドライブ。
前々から気になっていた「Cafe Deux Soleils」に行ってみる。

e0224424_13574193.jpg

と、なんとまるで幼稚園のようなにぎわい。
走り回ったり、大きな黒板にへばりついて絵を描いたり、とにかくあちこちであそぶ子供、子供、子供......。
一瞬、これは、と足を止めたけれど、後ろに続く人に押される(圧される)ようにあれよあれよとカウンターで注文。先に注文してから席につく仕組み。水も、フォークも、じぶんで取りに行く。


チーズバーガー。

e0224424_13555754.jpg

普通の牛肉パテとは違う。何かひと癖?ある風味ですごく美味しい。
評判のお店で食べてもどこで食べても、わりとどこも似たような感じのバーガーだけど、ここは少し違う。どっしり肉!という重さがなく、軽くてそれでいて風味豊かで、食べやすい。

......それもそのはず、後から知った。
ベジタリアンバーガーだ。ここはベジタリアンご用達のお店だったのだ。
お肉と思ったあのパテは、実はお肉じゃなかった! 素晴らしい!


ポットパイ。

e0224424_13563626.jpg

ほろほろのパイ生地の中にクミンの香りただようじゃがいもと、さいの目の野菜がぎっしり。肉類はなし。上からグレービーがかかっていて、その量も味も主張し過ぎず、中身とソースのバランスがとれていて美味しい。日本人が想像しやすいように説明すると、カレー風味のコロッケの中身を食べている感じ?

サラダもまた、少し濃い目のドレッシングがかかった野菜はしゃきしゃきですごく美味しい。こっちで食べるサラダは、結構水っぽくてうーんと思うことも多いけれど、ここは違う。


そうか、食べ物が美味しいのだ、このお店。
いつも満員御礼なのもうなずける。

e0224424_1357735.jpg

しかし、この幼稚園な雰囲気は......。
たぶん、時間をずらせば(たとえば平日の夜とか)また違うのだろうけど。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2015-05-10 14:21 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 今日のお昼は、ピザとサラダです。:Famoso   

晴れた日のCommercial Driveは、パディオに人があふれている。
数年前にできた比較的新しいイタリア料理店「Famoso」(Commercial@Kitchener)。
開店当時は人であふれていたように記憶しているけれど、最近はそれも落ち着いたようだ。

e0224424_6595614.jpg

ランチメニューは、サンドイッチかピザ(1/2サイズ)にサラダかスープがついて$12。
テーブルのオーダー用紙にじぶんで注文を書き込んで、レジまで持っていくという奇妙な仕組み。ただし、追加オーダーはサーバーがテーブルで聞いてくれるのだとか。

e0224424_657445.jpg

ピザは、ソースが複雑な味でおいしかったけれど、底がべちゃべちゃ。
サラダはオリーブオイルが全体にたっぷりかかっている。もう少しレモンか何かの酸味があった方が個人的には好み。

e0224424_658588.jpg

一方、サンドイッチは表面は少し焦げているとはいえ、ピリ辛の野菜ソース、ハムとチーズでおいしかった。

e0224424_751334.jpg

なんだかんだで、いちばんおいしかったのは、トマトスープ。少し辛くて、こっくりとした味わい。

e0224424_6585619.jpg

夏のバンクーバーは、雲ひとつない抜けるような青空。日差しはきついものの、空気そのものはわりとひんやりしていたりして、とにかく過ごしやすい。
とはいえ、蒸し暑いうだるような日本の夏が恋しいのだ。
ないものねだり。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2014-07-08 09:52 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 コマーシャルドライブでタイ料理:Bua Thai Cuisine   

用事があって久しぶりにCommercial Dr.へ。
どうしてもタイ料理が食べたくなって、East 3rdにある「Bua Thai Cuisine」でお昼ご飯。

狭いながら清潔な店内。
ランチメニューは$7.95。
ごはんとサラダと、下の写真のスープがついてくる。

e0224424_712486.jpg

Red Coconut Curry(レッドカレー)。

e0224424_714532.jpg

家でつくると、どうしてもお店の味にならない。英語版とはいえ、ちゃんとタイ人が書いた料理本を見てつくるのに、どうしても、ちょっと違うのだ。


もう一品は、Pad Siew。
Pad Thai (パッタイ)となにがどう違うのかよくわからないけど、平たいライスヌードル。

......と思って調べてみると、英語版のYahoo!知恵袋に質問と答えが(便利な世の中。じぶんの疑問は必ず誰かがすでに質問している)。
Pad Thai の麺は、細いライスヌードルで、 tamarind sauce(オレンジ色っぽいいわゆるパッタイのあの色)で味付けされている食べ物。 Pad Siewは、太いライスヌードルで、醤油で味付けされている食べ物。しかも、一説によるとタイではなくもとは中国の料理なのだとか。Pad See Ew とか Phat si io とか表記がまちまち。

とにかく、Pad Siew。

e0224424_715533.jpg

「辛い」「中辛」「辛くない」と選べるので、ためしに「辛い」を注文。
なんだ、ぜんぜん辛くないじゃないか。平気平気。
……と思ったのも最初の3口くらいまでで、そのあとは、舌が、舌が燃えます。
不思議なことに、口のなかが燃えることはなく。舌だけ感じる。辛さを。

とはいえ、おいしくいただいた。





しかし、このお店はあまりお客が入っていないのに対して、隣のジャパニーズレストランには次から次へとひとが出入りしている。どんなお店かと思ったら「Volcano Sushi & Grill」だった。Hastings st.にあるお店。支店があるなんて知らなかった。
おいしいのかな。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2014-02-25 07:40 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 バーガー&ミルクシェイク:The Cannibal Cafe   

Commercial Dr.に新しくできた「The Cannibal Cafe」。
新しいお店だけれど、壁一面に、チラシ。
いつも思うのだけれど、これ、どんどん上から貼っていくのだろうか。はがすの?

e0224424_272277.jpg

Commercial Drive’s Best Burgers and Milkshakes!  という謳い文句に素直にしたがって、バーガーとミルクシェイクを注文(脱・バーガーが最近また崩れつつある)。
ミルクシェイクって、縁遠い存在。かといって馴染みがまったくないわけではなく、どこで飲んだっけ? と考える。
―ああ、マクドナルド!

e0224424_291348.jpg

バーガーは、同じ肉の量で、分厚い1枚か、2枚に分けるかを選べる。
2枚と注文……、したはずが、写真を見てびっくり。どう見ても1枚じゃないか。「2枚」と注文したことははっきり覚えているというのに、食べてるときは気づかなかった、というより気にもしていなかった。あらら。

e0224424_210478.jpg

ウエイトレスが「うちはミディアムレアにもできるのよ。おすすめよ」と言うので、そのように頼んでみたけれど、うーーん……。ちょっとパサパサ。
分厚くてパサパサじゃあ、救いようがない。
こう言っては元も子もないけれど、ファーストフードのそれを彷彿とさせるような。

フレンチフライはハーブソルトか何かで味付けされていて、ほくほくカリカリ。
これはとってもおいしかった。

e0224424_291988.jpg

ついでに言うと、ピクルスも酸味が抑え目でわたし好み。
この、デカいきゅうりのピクルスを指でつまんでがりがり食べているとき、「外国にいるんだなあ」と実感する。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2012-12-20 18:00 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 コマーシャルドライブでちらし寿司:Kojima Sushi   

そろそろ「酢飯」が恋しくなってきた。春に帰国して以来の日本食。
Commercial Dr. の「小島寿司」。
近所に「岸本」という有名な日本食レストランもあるけれど、この日は休み。

よく晴れた休日。お昼をまわるとお客さんが続々と入ってきて、ほぼ満席。
9割がアジア人以外で、皆和食を食べに来るものなんだなあと、素直に感心。

酢飯もさることながら、うなぎも恋しく「よし、うなぎだ」と思って席についたものの、壁には料理の写真が名前とともにずらりと貼られてあり、とんかつ定食もおいしそう。
そこら中に日本食レストランがあふれているバンクーバーに住んでいるものの、実際そこに足を運ぶことは滅多になく、とっても貴重な機会なのでとにかく迷う。
迷って迷って、ちらし寿司。

e0224424_5303490.jpg

お刺身がてんこ盛り。
サーモン、まぐろ、えび、たこ、ほっき貝、たまご、はまちもあったかな?
海苔も錦糸卵もなく、ごはんも具がないただの「酢飯」で、ちらしというか、海鮮丼。
(我が家ではずっと「五目寿司=ちらし寿司」だったので、こう感じてしまうのかも)

こっちのお刺身は本当に身が厚い。日本の薄さに慣れているので、2倍3倍の厚みのぶりぶり感は、ちょっと気持ち悪くなるくらい。

日本の春巻き。
おなじみの、筒を平たくしたような形。外はぱりぱり、中はあつあつの餡。

e0224424_5332987.jpg

から揚げ。
竜田揚げのような、味つきの鶏肉。揚げたて。

e0224424_5344638.jpg

これは「Bento BoxB」。
まぐろ、サーモン、海老のにぎりと、サラダにてんぷら、鶏の照り焼き。これで$6.95。

e0224424_5354148.jpg

あまった分はお持ち帰りにして、家でサーモンは薄くきってマリネに。まぐろは細かく叩いて「づけ」にして食べた。こちらの方が、感動ひとしお!!


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2012-08-16 06:02 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 おいしいシナモンバン、発見:Uprising Breads   

おいしいベーカリーカフェがあるというので、出かけてみた。
Commercial Dr. から1本入ったところにある「Uprising Breads」。

店内の食べる場所は狭く、机も椅子もあまり数はない。おいしそうなクッキーやケーキ、パンは、地元の食料品店にもおろしているらしい。ショーケースのなかにはサンドイッチやペーストリー。

e0224424_215355.jpg

ショーケースはたった2列。ペーストリーの種類はそこまで多くない。それでも、「お先にどうぞ」と後からきたひとを促しながら、うーんうーんと迷っていると、お客のおじさんから「ウインドウショッピングだね」と茶目っ気たっぷりに笑われる。
常連さんは、じぶんがなにを買うかはじめからわかっているようで、皆次々に列の後尾につき、さっさと買い物を済ませては去っていく。

サンドイッチとスープのセットも捨てがたい……、はたまたサンドイッチとクッキーにするか……。
結局、おすすめというブルーベリーシナモンバンと、ブルーベリースコーンに決める。

ふつうシナモンバンはくるくると巻かれた形で、たっぷりのアイシングがべったりくっついている。ここのものは見るからにふわふわの四角いパン。アイシングもこうみえて控えめ(厚みが……)。

e0224424_223656.jpg

おいしーーーー。
べったべたに甘い欧米のシナモンバン。いつも敬遠していたけれど、ここのは甘いけど、激・激甘ではなく、べったべたでもない。
ブルーベリースコーンも、ほんのり塩味。さくさく。とってもおいしい。

e0224424_225648.jpg

値段もダウンダウンとちがって、それほど高くない。というか、はっきり安い。スコーン、$1.75。シナモンバン、$2.6。オートミールクッキー(下の写真、奥)。1枚$0.65。


なにをするでもなく、ぼんやり外を見ながらむしゃむしゃ食べてゆっくりお茶をのむ。
ダウンタウンの高くておしゃれでこぎれいなカフェとは違い、コマーシャルドライブらしい、
くだけた雰囲気(と客層)も、かえって居心地がいい。


e0224424_2320100.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
 
[PR]

by paquila | 2012-03-15 02:23 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 魅惑の?カリブ料理:the reef   

期間限定イベント、『Dine Out Vancouver 2012』。
街中の参加レストランが、$18 / $28 / $38 で設定された3コースメニューを提供する。どのお店も3つの価格設定があるわけではなく、お店によって設定価格は異なる。とはいえ、通常そのお店で食べた場合に比べると、やっぱりちょっとお得になるよう考えられているみたい。これを機会に、うちのお店を試してね、という主旨か。

リストには、行ってみたかったレストランがずらりと名を連ねている。
選んだのは、「the reef」。カリビアンフードで有名なお店。

e0224424_8294943.jpg

とくに注文したわけではないのに、バケツに入ったドーナツが出てきた。
見ると、どのテーブルにも置かれているので、突き出しのようなものみたい。
沖縄のサータアンダギーを髣髴とさせる。

写真右は、ラム酒ベースのカクテル、モヒート。キューバ生まれ。
e0224424_8223816.jpg

ここのお店では、前菜、メイン、デザートの3品で$18。

前菜。Plantain Chips with jerk mayo。
プランテイン、とはバナナの一種。味付けされたバナナをカリカリに揚げたもの。

e0224424_8252361.jpg

これはおいしい!! どこか馴染みのある味だと思ったら、カルビーのポテトチップス、コンソメ味に似ているんだった。それにチリパウダーをくわえて、さらになんやかんや足して……。
これだけでも十分おいしいのだけど、ジャークマヨがまたおいしい。ピーナッツソースのような、こっくりしたマヨ。

前菜。Curry lime wings with chayote apple slaw。
しっかり味付けされた手羽先。

e0224424_8264150.jpg

これもおいしい。
普段、前菜にお肉は選ばないのだけれど、選択肢が「スープ」「チップス」「チキンウイング」の3つで、今回はイベントを利用してこのお店の味を試しに来たのだからと、チキンウイングに。熱々のうちに頬張るのがいい。

主菜の選択肢は、「ジャークチキン」「ジャークトウフ(豆腐)」「Escovitched snapper
(魚料理)」。
魚かー、鶏かー……。「カリブ料理」と聞いて、有名なのはやっぱり「ジャークチキン」でしょう、ということで王道??の、Jerk Chicken with rice and peas and slaw。
豆ごはんと、コールスロー付き。

たっぷりかかったジャークソースで、鶏肉が見えず、真っ黒。
e0224424_8275679.jpg

お店の「ジャークとはなにか?」の説明には、次のように書かれてある。

『当店のジャークは、オールスパイス、大豆、トマト、にんにく、しょうが、スコッチボネットペッパー*を使用した、ジャマイカ北部のピリ辛の付けダレです。ほとんどの肉を、そこで24時間漬け込んだ後、時間をかけてじっくり調理します。その後あれを足したりこれを足したりして、当店独自のジャークソースを完成させるのです。』
*カリブの赤唐辛子の類

鶏はやわらかく、このどろっと濃いピリ辛ジャークソースは最後まで飽きない。
余ったソースをごはんにも混ぜて食べてみたり。
こんなに濃いソースをこんなにたくさん~~……と、カラダに対してちょっぴり罪悪感。

デザートは、Fried bananas。

e0224424_8284417.jpg

タイのデザートにも揚げバナナがある。あちらは衣がしっかりついている。
この揚げバナナは、衣はなく、素揚げ?したものにたっぷりソースがかかっている。
アイスクリームと一緒に口に入れると、しあわせ。

もう一品。Coconut lime tarts with mango coulis。
甘ーい、甘ーい、ココナッツクリームのタルト。
e0224424_8291027.jpg

まだ早い18時過ぎに行ったので、予約無しでも席を確保することができた。
19時を過ぎるとどんどんお客がやってきて、満席。

赤子連れが一組いて、10分に1回大泣き、さらにものでテーブルをガンガンガンガン叩く、その騒音を聞かされ続けたことは残念だった。お店の非ではないし、こればっかりは運が悪かったとしかいいようがない。
そこを除けば、陽気な音楽と、適度ににぎやか。おいしいごはん。居心地のよい雰囲気。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2012-02-01 08:58 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 雪の日に、バーガー:zawa   

3年前にロサンゼルスに行ったときに、1日1食ハンバーガー(かサンドイッチ)を食べて、3日で飽きた。
バンクーバーにきて半年とちょっと。
最初はもの珍しく?好んで食べていたハンバーガー。そろそろ飽きてきた。
だからといって、毎週食べているわけでもなく、月1回食べるか食べないかという程度なのだけれど。

Commercial Dr.にある、「zawa」。
メニューをみると、典型的な北米レストランの内容。バーガー、サンドイッチ、パスタ……。
何種類かケサディアがあったので、よし、これにしようと心に決めてお店に入った。
ケサディアは、薄い小麦粉の生地に野菜やチーズをはさんで(くるんで)食べる、メキシコ料理だ。

ところが、どういうわけかメニューとにらめっこしているうちに、行き着いた先は、Mexi burger。牛肉のパテ、チーズ、トマト、辛いソース(この辺がメキシコ)。
せめてサンドイッチにすればよかったと、注文したそばから後悔。
e0224424_7164863.jpg

これは、Santa Fe chicken burger。
e0224424_71717100.jpg

アボガド、ベーコン、チキン……。
こっちの方がなんとなくメキシコっぽいような。
ニューメキシコ(アメリカ)とメキシコ、食文化は似たようなものなのかも。

供されたものを、供されたままに食べることに慣れている日本人としては、味見をする前からこうして、「塩こしょうやケチャップをどうぞかけてください」というスタイルは困惑。
結局、なにもかけずにぱかっと蓋をする。
案の定、ちょっと味が薄かったりするのだけれど、1度閉じてしまったので、トマトやらチーズやらがくちゃっとなっているわけで、それをまたこじ開けて調味料をかけるのもどうかと思い、ほんのちょっとだけ妥協して食べ続けることになるのだ。
好きなように食べればいいだけのことなのだけれど。

e0224424_717449.jpg

ところで、この大きなバーガーを皆、一体どうやって食べるのだろうといつも疑問に思う。
カナダ人は両手でぎゅっと押さえつけて食べているひとが多い。
でも、できるだけきれいに食べたいし、パンを力任せに潰すというのも抵抗がある。
それに、潰したところでどうせ口には入りきらない。

ふと見ると、フォークとナイフが出されている。

左手で押さえて、ナイフで切ってみた。
思いのほか、きれいに切れて、なるほどこうやって食べればいいんだと、ひとり満足。

ナイフを入れると、ふわっとにんにくの香りがたった。
お味は、可もなく不可もなく。

この日は雪で、底冷えするなか、ハンバーガー。
うどんかお蕎麦が食べたい今日この頃。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2012-01-21 07:00 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 窓際の席がおすすめ。インド料理店:PALKI   

Commercial Dr. のインド料理屋さん、「PALKI」に行ってみた。
とてもきれいな内装で、高級インド料理店に来たみたい。でも海外のインド料理店ってこういうものなのかも。

e0224424_238497.jpg

どうも、インドでの印象が強過ぎていけない。
「小汚い、入り口のドアがないようなインドの食堂。ウエイターはよれよれの私服。メニューもぺらぺらのがあればラッキー」=「インド料理屋」と思ってしまう。

ところで、lunch buffet目当てに入ったはいいけれど、残念ながら平日のみだった。お店のチラシには lunch buffet / 7days a week と書いてあるのに。
というわけで、週末ランチメニューから、ベジタリアンタリーと、ラムカレーを注文。

「buffetより美味しいよ」と、ハンサムなウエイターさん。

実際とってもおいしかった。

e0224424_2385925.jpge0224424_252120.jpg

野菜のマサラ(左写真・手前)、アルゴビ(カリフラワーとじゃがいものカレー/右写真・手前)、とダル(右写真・奥)、パコラ(マサラで味付けされた野菜の天ぷらのような)にごはんとナンがつく。

ベジタリアンなにがし、と聞くと、ヘルシーで軽めの食事を想像してしまうのだけれど、インドの菜食メニューはクリームをたっぷり使っていたりするので、こくがあって、しっかり重い。
タリーで用意されるひとつひとつの食器はお茶碗より小さいし、一見少なそうに見える。でもどんどんおなかが満たされて、完食ならず。食べ物を残すのは本意ではない。

e0224424_3102573.jpg

味見させてもらったラムカレーも、臭みのないやわらかいお肉でおいしかった。

いつも思うのだけれど、インドからきたひとたちは、海外のインド料理店をどう思っているんだろう。とりわけ、値段について。本国の10倍の値段。それから、きれいなきれいな内装。食器類。


きれいで、きたない、混沌としたあの国が恋しい。
はやくまた、インドに行きたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2011-11-24 03:14 | 【Van】Commercial Dr. | Comments(0)