無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 タコスあれこれ:Maizal   

無料新聞「metro」にちょっと前に紹介されていたMain@12th のメキシコ料理店「Maizal」。
オンラインでも記事が読めるみたいですよ)
この春にオープンしたばかり。早速大人気なようで、はるばる足を伸ばしてみた。

すごく小さなお店で、カウンターで注文して番号札で待つ。水やソースの類は自分で。さっと食べてさっと出て行く、といったタイプのお店。記事にある通り、内装は清潔だけどとっても……簡易。壁は真っ白で絵も何もないし、お店の奥は倉庫、というか従業員通路、というかが丸見え(綺麗にしてあるけど)。


タコはお肉系だと、ひとつ$3.75。

e0224424_07383090.jpg


手前はCARNITAS(豚のタコ)で、奥がPESCADO(魚のタコ)。

e0224424_07383340.jpg


魚は揚げたてさくさく。マヨベースのソースもおいしかった。
野菜はシンプルにトマトのみ(pico de galloとあるので、サルサ??)。
豚(braised pork。オーブンで煮込んだ豚)と豚皮の揚げたもの(pork rinds)+ワカモレ。
こちらは……、まあまあ。
豚にあまり味がないし、豚皮の食感も期待していたほどカリカリサクサクでもない。というか、大ボリュームの豚とアボガドに負けてしまい存在感がゼロに近い。


e0224424_07383239.jpg


手前がSTEAK。
牛のタコで、お豆とごはん、ワカモレがのっている。
奥はPASTOR。
オーブン焼きの豚と、こちらもトマト(サルサ? pico de gallo)、パイナップル。
味見しなかったので、お味は不明。


このお店のウリは自家製トルティーヤ、らしく皆そのことを話している。
レジの隣でせっせと作っているところが見られる。
ソフトタコだからこういうものかもしれないけど、個人的にはもう少し炙った方が好み。ナマとは言わないけれど、生焼けの一歩手前、くらいまでしか焼かないのがここのやり方みたい。好みの問題だと思う。

QUESADILLA(ケーサディア)

e0224424_07383358.jpg


中身はピリ辛のほぐした鶏肉とチーズ。
結構チーズがもったりどっしりしている。


HORCHATA(お米の飲み物)

e0224424_07382952.jpg


見た目はカルピス! 飲みたいなー。
どこかで覚えのある風味……、と思ったら、甘酒だ。
濃さがあれに似ている。
これはとってもシナモンがきいていて、ものすごーく甘くて、一杯飲み干すことはできないけど甘酒よりおいしい。


全体的に何もかもシンプル、な印象。
色々のせないし、色々かけない。
だからというわけではないけれど、大絶賛、というほどでもないなあ。
1回試したら満足。

e0224424_07383123.jpg


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2017-08-16 08:04 | 【Van】Main St. | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ほろほろ羊。Burnabyで35年続くギリシャ料理店にて:Cristos Greek Taverna   

Willingdon Ave.から1ブロック東、Hastings@Alphaにあるギリシャ料理のお店「Cristos Greek Taverna」に初めて行ってみた。なんと今年で35周年。
失礼ながら、いつもあまり人が入っていなさそうだし、中がよく見えないし、ずっと敬遠していたのだ。

e0224424_06380990.jpg



写真は撮っていないけれど、中は典型的なギリシャ料理店らしく、天井から壁からいたるところに置物や色あせたギリシャの写真や植物がごちゃごちゃと。
カラマリと串焼きとデザートがついて35ドル、という35周年特別メニューは頼まずに……、Kleftiko Chops(骨つき羊を焼いたやつ)

e0224424_06381074.jpg



ギリシャ料理のお肉って、時々パサパサなことがあるのだけど、これは全然そんなことはなく。

Arni Psito(羊の肩肉を煮込んだやつ)

e0224424_06381196.jpg



こんなほろほろの羊、食べたことない……!!
メニューには「cooked over many hours in herb sauce(香草のソースで何時間も煮込みました)」とある。トマトソースでもカレーでもシチューでもなく、ハーブのソース! 何を食べるにしてもどばどばソースがないと気がすまないカナダ食と違い、だからこれといったグレービー的なソースがどろっとかかっているとか、ソースにお肉が浸かっているとかではなく、つるつるてかてかのお肉。一部骨つきがごろごろっと。
うふふふふって笑いたくなるほど、ほろほろーー。

おいもとごはん、サラダはどのお店も似たようなもの。
ところで、どこのお店に行ってもこの4点セット(おいも、ごはん、ピタパンとtzatziki←カタカナにできない……。ヨーグルトのディップ)なので、これがギリシャの定番なのだと思っていたけれど、ギリシャではごはんは食べないそうで。びっくりした。さらに、「代わりに何を食べると思う? フレンチフライだよ!!」と笑うサーバーのお兄ちゃん。ほんとかな。

デザートは、世界一甘いお菓子のひとつ、Baklava(バクラヴァ)。

e0224424_06380802.jpg


トルコでよく食べたなー。
覚えているのは、フォークで少し押しただけでじゅわっと後から後からシロップが染み出してくる(恐ろしい)光景。
これはそこまでシロップまみれではなく。
もちろん甘い。甘いんだけど、くるみたっぷりでちょっとグラノーラバーっぽい。
デザートは全部お店で手作りしているのだそう。
でも3口くらいでいいよね。

愛想がよくプロフェッショナルなサーバーのお兄ちゃん、ごはんはおいしいし、お値段も平均的だし、テーブルクロスはべたべたで触りたくないけど、往々にして来てみて良かった。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村


追記:ただしワインはもう頼みません
[PR]

# by paquila | 2017-07-22 06:57 | 【Van】Burnaby | Comments(0)

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【番外編】Steveston Salmon Festival 2017   

7月1日カナダデーのお話。
今年は建国150周年。
ダウンタウンの人ごみは避けて、はるばるスティーブストンまで出かけてみた。
初めてサーモンフェスティバルを見に。

ダウンタウンに比べると人出もそこまで多くなく、公園で遊んでいたり、芝生に寝転がっていたり、全体的にのんびり、まったりした感じがいい。
肝心のサーモンは、噂どおり長蛇の列。100人以上並んでいたのでは。カナダでここまで長い列を見ることも珍しい。パンとサラダと鮭で16ドル。焼いているところを見て満足したので、お昼は別のところで。

豪快に焼かれる鮭。
e0224424_06163001.jpg


まったく下調べをせずに行ったので、とりあえずそこにあったフードトラックでギリシャのDoner Chicken Sandwich。ピタパンでレタスとお肉をぐるっと巻いたあれ。

ところが、海の側まで行くと素敵なシーフードレストランが軒を連ねているではありませんか!
ちょっと我慢してここで食べればよかった。
サンドイッチなんか食べるんじゃなかった。←もうこの時点でお祭りはどうでもよく、スティーブストンの魅力に浮き浮き。

【写真右下】これまで見たどの支店よりダントツで外装が素敵なWaves。
e0224424_06162484.jpg
e0224424_06162601.jpg
e0224424_06162540.jpg
うにに群がる人々。
e0224424_06414982.jpg
e0224424_06162636.jpg

カラフルで可愛らしい建物が多く、どこを切り取っても絵になるこじんまりとした街。
前々から1度来たかったのだ。
テレビドラマ「Once Upon a Time」のロケ地めぐりに!
でも今日はお祭りなのでそれはまた別の機会に。

e0224424_06162842.jpg
e0224424_06162794.jpg

めちゃくちゃ日差しがきつくて、そのわりにちっとも汗をかかないというカナダの夏に油断していたら、首の後ろが真っ赤になって変な湿疹だらけになってしまった。カナダの日焼け止め、効かないじゃないか。
ここで日傘を差すのはアジア人くらいだけど、ダウンタウンのビーチに比べると日傘率がさらに下がり、私ともうひとりかふたりくらい。すれ違った白人女性に「アジア人! 傘さすなんて信じられない。どうかしてる」と呟かれ。聞こえてますよー。

ふたつで$12もしたのみもの。暑いので果物ジュース。
e0224424_06162997.jpg

Happy 150th Canada Dayでした。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

# by paquila | 2017-07-07 07:16 | 【Van】地域いろいろ | Comments(0)