無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【山陰・山陽②】JRで(無理やり)ぐるっと中国地方の旅 2017   

山口の秋芳洞は、山口駅からJRバスで。

ところで、JRの路線バスはジャパンレールパスが使えるけれど、「山陽・山陰エリアパス」だと適用外とのこと。もう、JRパスの規定、もう少し統一してほしい。ただでさえ「あれは使えてこれは駄目」というルールがややこしいというのに。


秋芳洞。天地逆さまのようにも見えるけれど、下の青い光のもとに立つ「点」のような黒影がひとだ。
e0224424_08311252.jpg


路線バスの道中には湯田温泉。
ここを拠点にしても良かったな。
やはり旅の調べ物は本に限る、と思う。ネットは本と比べると深く突っ込んで調べることはできるけれど(たとえば地方の時刻表やレビューなど)、まったく知らないことに対し、受動的にかまえて入ってくるものは少ない。

関門海峡は人道トンネルを歩いて九州まで。
和布刈(めかり)神社をお参りして引き返す。
e0224424_08322232.jpg


下関も駆け足でちょこっと。
ここでは「ふぐ」を「ふく」と言うみたい。
「ふく」って、かわいくてへいわな響き。

e0224424_08314807.jpg


最後に山口の東の端、岩国にも寄って、旅は終わる。
これが見たかったのだ。
鏡帯橋(きんたいきょう)。

e0224424_08325463.jpg


春はまだ先だし、梅にも早過ぎる。完全に冬、ということでひとはまばら。
おまけに、岩国城へのぼるロープウエーは訪れたその日から冬の運休期間突入。
えーーー、そんな……。

まあ、しょうがない。

とりあえず、100種類のアイスクリームで有名な「むさし」にて、真冬にソフトクリームを外で食べる。

無難に、いちごチョコレート。
e0224424_08333665.jpg


バンクーバーには400種類のアイスクリームのお店があるけど、結局選ぶのは「お金出して食べたい味」。
すなわち、「絶対おいしいに決まってる味」。
冒険心ゼロ。




今回は7日で計6ケ所。ちょっと駆け足過ぎた。

それにしても、と改めて思う。
こんな小さな島国に、「ほかと違う」見所がてんこ盛り。
ご当地キャラだの、名物料理だの。
若干、無理くり作り出した感が否めないものも中にはあるけれど、ひとを呼び込もうとがんばってるなあと、しみじみ思う。

時々、カナダの人から「前に日本に行ったことあるよ」とか「今度日本に行こうと思ってるんだ」とか聞くことがある。
その度に「え、なんでまた、よりにもよってあんな小さな島国に。お隣は? 中国は? 広いよ? 歴史長いよ? 食べ物おいしいよ?」と言ってしまうわたくし。
わたしが外国人ならあんなちっちゃい国、選ばないけどな。

で・も。
海外に住み、生まれて初めて愛国心が芽生えてしまったので、もういまから次の旅のことを考えていたりする。
東北周遊かなあ。
北海道。沖縄は車がないと無理かしら。
あ、そろそろ関東の友人たちにも会いに行かねば……。


誰もいないのをいいことに、宍道湖のほとりでひとり「命」(ゴルゴ)をやるわたくし。
ウソです。
e0224424_09323506.jpg



いつもありがとうございます。カナダ情報じゃないですが……。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

[PR]

by paquila | 2017-02-16 09:42 | ★国内旅行もきらいでした | Comments(0)

<< マボロシの定食 in 島根と、... 【山陰・山陽①】JRで(無理や... >>