無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【インド12日目②】インドの国内線   

1月17日 コーチン→ムンバイ→アウランガーバード


さて。
いよいよムンバイ経由でアウランガーバードまで一気に飛行機で移動する。
コーチンの空港はとても小さく、たったひとつの待合室に搭乗口がふたつしかない。一応アナウンスがあるものの、内容は必要最低限であまり親切ではない(案内があるだけインドではましかもしれない)。
この状況でとっても心強いのが航空会社のタグ。

e0224424_20381233.jpg

インドの国内線は、チェックインの際このタグを手荷物の数だけ渡される。そしてこれを必ずつけなくてはならない。まずセキュリティチェックでこれにハンコを押される。次に搭乗時にタグとハンコを確認される。失くすと面倒なことになる。
このタグは誰がどの飛行機に乗るか、便名まではわからずとも一目瞭然なので、搭乗を待つ間、それとなく周囲に目を光らせて同じタグのひとを確認し、そのひとたちが一斉に大移動すればついていけばよい。

数あるインドの国内線で、スケジュールが合い、かつ空席があったのが『indi GO』という航空会社。
ムンバイまでは約2時間。機体は新しく、シートもとてもきれい。飲食物はすべて有料。
予定より30分遅れの16:30頃ムンバイに到着。
荷物は無事に出てきたけれど、おばあちゃんからもらったお守りがなくなっていた。これでもかというくらい固くしばっていたのに。あまりにもきつく結び過ぎてもはや解(ほど)きたくても解けなくなってしまったゆえに、そのままぶら下げて預けたというのに。まさか珍しいからといって切られて盗られたのでは!! ……インドでは無駄に疑心暗鬼になる。



ムンバイはインドの西側に位置する、インド最大の都市だ。
時間があれば(コーチンで無駄な足止めがなければ)ここにも寄りたかったのに。「インドの都会」を見るために。

次の飛行機は『KING FISHER Airlines』。あの有名なビールの会社だ。ビール会社が航空会社をつくった? 世の中のしくみはよくわからない。
チェックインで重量オーバーだと言われる。電子計を見ると8Kgを超えている。1Kg強のオーバー。安い航空会社は重量制限が低めに設定されているのを忘れていた。
というわけで、人生で初めてチェックインカウンターの前で荷物解体。
預け荷物から手荷物へ移動させる。公衆の面前でもたもたと! ときどきこういうひとを見かける。そしてその度に「ああ、鈍くさい」と思っていたけれど、今まさにじぶんがそのような醜態をさらし、じぶんでじぶんに「ああ、鈍くさい」とぶつぶつ。
安心できるまで軽くした結果、バックパックの中身は4Kgちょっとになってしまった。

おかげで4Kg増えてパンパンになった手荷物を抱えてセキュリティチェックを受ける。

インドのセキュリティチェックはやたら厳しい。そして怖い。アメリカも厳しいけれど、負けず劣らず厳しい。男女で列がきっちり分かれているので、女性は専用の列に並び、布などでつくられた目隠しの中に入って女性警備員からチェックを受ける。
日本人の防犯グッズとして有名な、腰巻タイプの貴重品入れ。うっかりあれを巻いたままにしておくと、恥ずかしいことになる。上から触って不信に思われたが最後、容赦なく「出しなさい。見せなさい」と言われるので、その場でパンツやスカートのチャックを開けて中身を見せる羽目に。
なけなしの自尊心を守るために、セキュリティチェックの直前にトイレで外して手荷物に入れておくことをおすすめします。



ムンバイの空港はさすがに大きい。
搭乗口の2階に大きなフードコートがあり、ファストフードのお店が並んでいる。
勇気を出して、ケンタッキー。

チキンバーガーに、ポテトではなくチキンがもうひとつついている。e0224424_21122048.jpg

まともなお肉を食べたのは久しぶり。
e0224424_21131367.jpg

軽いきもちでチーズを追加したら、すでにクリームチーズが入っていた。鶏肉はとてもやわらかくて味付けも日本のそれとそっくり。マサラ味じゃない! 

飛行機は、予約した時点では19:00発のはずが、チェックインで受け取ったチケットでは19:45に変わっており、さらに遅れて20:30前にやっと搭乗。離陸したのは21:00だった。
この日の宿は、夜到着だったのであらかじめ送迎付きで予約していた。2時間以上の遅れが生じたため、迎えが帰ってしまわないか心配したけれど、幸い待っていてくれた。

飛行機を使ったおかげで、たった半日でアウランガーバードに着いてしまった。
たった半日とはいえ、ひどく疲れた。ある旅行記では「ひとは移動時間ではなく移動距離で疲れる」と書かれていた。そうかもしれない。
ふらふらでホテルに到着。

その後、本日最後の闘いが待ち受けていた。


e0224424_23221293.gifにほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村
[PR]

by paquila | 2011-03-10 22:06 | 【インド-2011】西インド | Comments(0)

<< 旅ルート、訂正 【インド12日目①】チップ、1... >>